FC2ブログ

長谷川幸洋: 左派野党やマスコミの「中東派遣反対論」から見えた本音 民間のタンカーはOKで自衛隊はNOという本末転倒


国会審議で、桜,IR、今回のやじを含めて安倍内閣追求3点セットと言うらしい。
その影で、中国発祥の新型コロナウイルスは猛威を振るっている。

>新型肺炎、死者56人に 患者1975人、疑い例も2684人 中国
1/26(日) 10:02配信 時事通信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200126-00000019-jij-cn

日本国内でのウイルス感染者も4人を数えている。
その中で、日本政府は、武漢在住の日本人を救出しようと中国政府と
交渉している。

2020年01月27日00:49
>日本政府、武漢の邦人救出に向けこっそり準備を進めていた 1/26
http://www.kokunanmonomousu.com/archives/81195434.html


ニュースサイトを見ると、日本政府の対応が遅れていると言う批判が多いが、
実態の全ては、中国政府の情報開示に頼っている。
中でも、捏造や風説の流布に惑わされないような心がけが必要だと思う。
感染源の特定、封じ込め、感染経路の遮断、個人の自己防御を高めるなど
先ずは,自分を守る事を心がけるべきである。

中東への自衛隊護衛艦派遣は、いまの所、小康状態を保っているが、
世界の火薬庫といわれる事態には警戒が必要である。
半島情勢もネットで人気の文在寅大統領の執政下では、いつ、急変するか
実に心許無い。



【ニュースの核心】左派野党やマスコミの「中東派遣反対論」から見えた本音 民間のタンカーはOKで自衛隊はNOという本末転倒
2020.1.25
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/200125/pol2001250002-n1.html

 米軍がイランの革命防衛隊司令官を殺害し、緊張が高まるなか、海上自衛隊のP3C哨戒機2機が中東に向け出発した。来月2日には護衛艦1隻も派遣される予定だ。
 これに対し、左派の野党やマスコミは「派遣の前提が変わった。中止を含めて議論せよ」などと訴えている。緊張が激化しているからこそ、自衛隊の出番ではないか。現実から目を背ける左派のトンデモ思考は相変わらずだ。
 例えば、毎日新聞は11日付社説で「中東情勢は大きく変化している。それを踏まえた再検討が必要なはずだ」としたうえで、「派遣の見直しを含めた対応を検討する必要があろう」と唱えた。他の左派野党やマスコミも、似たりよったりだ。
 そもそも、なぜ自衛隊を中東に派遣する必要があったのか。
 言うまでもなく、日本に来る原油タンカーの8割以上がホルムズ海峡を通過しており、安全航行の確保が絶対的に求められたからだ。
 昨年、日本国籍のタンカーが何者かに襲撃されるなど、情勢は不安定さを増していた。米国中心の有志連合が軍艦を派遣するなか、もっとも原油を中東に頼っている日本が動かないわけにはいかない。
 一方で、あからさまなイランとの敵対も避けるために、日本は「調査研究」の名目で独自派遣を選択した。幸い、この立場はイランを含めて周辺国に理解されている。
 左派は「司令官殺害で情勢が変わった」と言うが、では、日本のタンカーは中東に行かなくなったのか。国民の生命と安全を守るのが自衛隊の使命である。左派は「民間のタンカーが行くのは勝手だが、自衛隊は行ってはならない」と唱えているかのようだ。完全に本末転倒である。
 緊張が増しているからこそ、現地の情勢をしっかり見極めて、対応を検討する必要がある。そんな仕事を自衛隊がしないで、誰がするのか。
 それとも、左派は「民間のタンカーが危険な目に遭うのは仕方がない」とでも思っているのだろうか。まったく無責任な連中である。
 今回の出来事で、私は「左派の本音は自衛隊反対なのだ」と改めて確認できた。彼らは「自衛隊を認める」と言いながら、実は活動してほしくない。思考回路が途中で焼け切れているのである。
 ただ、今回の自衛隊派遣には問題がなくもない。
 まず、日本のタンカーが攻撃された場合は、どうするか。「調査研究」のままでは、指をくわえて眺めるほかない。それでは、自衛隊本来の使命を果たせなくなってしまう。
 現場が他国の領海内かどうかにもよるが、公海上での攻撃であれば、速やかに海上警備行動を発令し、船と船員の安全を確保すべきである。
 米軍との連携確保も重要だ。日本は独自派遣を選んだが、それで十分な活動ができるとも思えない。米国とは同盟関係にあるのだから、緊急時はもちろん、平時であっても、米軍と十分な連携を図って対応すべきだ。
 「有志連合」のヘルメットがなくても、「日米同盟」の旗は有効である。
 ■長谷川幸洋(はせがわ・ゆきひろ) ジャーナリスト。1953年、千葉県生まれ。慶大経済卒、ジョンズホプキンス大学大学院(SAIS)修了。政治や経済、外交・安全保障の問題について、独自情報に基づく解説に定評がある。政府の規制改革会議委員などの公職も務める。著書『日本国の正体 政治家・官僚・メディア-本当の権力者は誰か』(講談社)で山本七平賞受賞。最新刊に『明日の日本を予測する技術』(講談社+α新書)がある。


スポンサーサイト



米韓交渉、米軍撤退、韓国民の呆れた意見。


やはり、現実からの遊離を感じる。

ひるがえって、日本国民にも現実を離れた意見は多いと思う。

先ず、自国民の安全を保障するのが、一番の先決事項だが、
日本特定野党は、桜の問題が優先する??!!

半島の安定、不安定化は、日本の安全保障にどの程度、かかわりを持つか?
徳川家康が叡智を傾けて作り上げた江戸防衛政策は、
米国海軍軍艦の寄港で、解けた。その当時の日本人は、自国の船で
太平洋を渡って、進んだ西欧諸国の知識を取り入れた。
支那は外国人の勢力下にあり、韓国はその属国であった。

米国の指導者、英国の指導者、ロシアの指導者は、日本が世界支配を
目論んでいると断罪した、その結実が、日本国憲法となっている。
日本の隅々まで、1950年体制が行き渡っていたが、東西冷戦の終結は、
日本には有利には働かなかった、と言う感慨を持っている。
日本は、多く、米国の世界政策に揺られ続けた。

中東、南シナ海、東シナ海に第三次世界大戦の火種が燻っている。

少なくとも、自国の安全を図る事は、正義の筈だが、
良識ある日本の知識人には、憲法9条を守る事が正義の一丁目一番地であろうか。
少子高齢化に日本政府の政策は、逆行しているとの意見も目にする。
日本国民が滅亡する政策とは、問題が大き過ぎはしないか。




アメリカ政府「在韓米軍は撤退できる」⇒ 韓国「嘘だ!韓国は戦略的要衝地だってアメリカも理解してる!」などと発狂wwwww
http://toua2chdqn.livedoor.blog/archives/56156977.html
1: 2019/12/04(水) 02:02:19.59 ID:Aaw/OQOv0 BE:416336462-PLT(12000).net
ドナルド・トランプ米国大統領が3日(現地時間)、「駐韓米軍の駐留・撤収いずれにもすることが出来る」とし「韓国は防衛費分担をより公正にしなければならない」と述べた。
韓米防衛費分担(SMA)4回目の交渉がワシントンで開かれる当日、駐韓米軍撤収カードを初めて取り出し、分担金引き上げを圧迫したものである。

トランプ大統領はこの日、英国ロンドンでイェンス・ストルテンベルグNATO事務総長と両者で会見を開き、韓半島に米軍を継続駐留するのが、
米国の国家安全保障の利益に合致するかという質問に「その問題は議論になる可能性がある」とし「私はいずれかに進むことが可能だ(I can go either way)」とした。
また「私は(駐留でも撤退も)両方とも主張することができる」とし「私たちがそうであれば、彼ら(韓国)は、防衛費分担をより公正にしなければならない」と述べた。
記者の質問に答える形式ではあるが、在韓米軍続けて駐留するかどうかが掛かっていたので、防衛費をより出せと遠慮なく露骨に要求したわけだ。
トランプ大統領が昨年6・12、シンガポール1次米朝首脳会談の記者会見で、「いつか兵士たちが戻ってくることを願う」と駐韓米軍撤収の可能性に言及したことはあるが、防衛費分担交渉カードとして使用したことは今回が初めてだ。

彼はこの日、50億ドルを言及はしなかったが、 SMA交渉過程について言及しながら、「韓国の防衛に数十億ドルがかかるために、5億ドルしか出さないのは不公正である」とし
「今、韓国が分担金をもっと出すように再度交渉中であり、彼らは豊かな国である」と重ねて圧迫した。

また、トランプ大統領は「韓国以外の5つの豊かな国と同じ議論をしている」とし「サウジアラビアに兵力を追加派兵するために、彼らは私たちに数十億ドルを出している」と紹介した。
また安倍晋三首相も「私の友人(米国)が、あなた方(韓国)は豊かな国であるため、より多くのお金を支払って私たちが助けなければならないと話していた」と付け加えた。

https://toku-log.com/2019/12/04/post-3586/

2: 2019/12/04(水) 02:02:47.07 ID:Aaw/OQOv0.net
>>1韓国さんの反応
・嘘だね。韓国が戦略的要衝地であることは米国が最も理解していることだ。
 このように脅しをかけるのがいつものチンピラ共のやり方である。韓国政府はこのような米国のやり方に対して、絶対に屈服してはならない。
・そのお金を使って職業軍人を自国で養成した方がいいんじゃないかな。少なくとも、北朝鮮が攻めてきたら逃げ出しそうな米軍よりも、愛国心のある職業軍人の方が信用できる。
・ムン・ジェインを含めて主体思想派の人間はトランプのこの発言を聞いて内心笑っているかもしれない。
・米軍が駐屯している以上、自衛隊が韓国に派兵されるきっかけも与えてしまっている。有事の際になれば確実にそれを口実に日本が侵略を開始する。
 危ないのは確実に北朝鮮ではなく日本。
・はいどうぞとしか・・・
・米軍が駐屯している限り、ずっと韓国のやること全てに介在してくるだろう。そして、米軍が駐屯しているから北朝鮮や中国、ロシアが韓国を敵視する。
 周辺国にいらない警戒心を持たせるためにお金を支払っている状態だし、米軍などいらない。米軍撤退が答えである。
・撤退したきゃ勝手に撤退しろ!というのが私たちの声です。来年になって大統領が変わればどうせ米軍は戻ってくるんだからね。
・米国のために土地を貸し与えているというのに、どのようにしたらこんなに傲慢な態度を取れるのだろうね。
 自尊心が無く、お金のためだけに動いている商人の考えは本当に理解出来ない。
・Yankee Go Home!
・このまま米軍を追い出してしまうか逆利用すればいい。
 米軍を一時的に追い出し、米軍が国防のために韓国の土地を利用してきたいと申し出てきたら、次はやつらに防衛費を支払わせる。
・トランプは真の米国の愛国者ではない。ただ米国大統領という立場を利用してお金稼ぎをしている商人に過ぎない。
 来年には弾劾されるか選挙によって滅ぼされているだろうし、こいつの発言は無視でいい。
・撤退しろ。ついでにあの不快な日系アメリカ人大使館も連れていけ。
・そんなお金を使うぐらいだったら自主国防するよ。我々は既に米国や周辺国家が思っているような弱小国家ではない。
 米国の属国ではないということを世界的にアピールし、国家としての自尊心を保たなければならない。

4: 2019/12/04(水) 02:03:14.43 ID:Aaw/OQOv0.net
>>1韓国さんの反応
・韓国は日本のような犬とは違う。主権国家として権利を主張し、戦い続ける。
 私たちは常に自尊心を持って戦うことによって、日本に対して勝利を重ねてきた。米国にだって負けない。
・一年だけ契約を延長してもらうのもいいかもしれない。そして、彼らを雇っている間に核兵器を完成させて、満を持して来年以降に韓国から追い出そう。
・結局は強者が弱者をいじめているというね。
 米軍を使ってお金が稼げるとわかった瞬間に、強い立場を利用し強引に防衛費負担を引き上げて、弱者をいじめようとする。
・トランプもムン・ジェインと同じでこのようなパフォーマンスが好きだよね。どうせ口だけで実行しないところまでムン・ジェインと一緒だ。
 無能な指導者が大統領になると本当に国が苦労する。
・考えて見ろ。台湾は昔アメリカから放棄されてしまった国だ。それでも滅びずに自らを守っている。
 米軍撤収がこの国の敗北につながるというのは、弱い発想にとらわれているから。
 トランプのようなやつは強引に交渉のテーブルにつかせようとこんな発言をしているのだから、こっちもいっそのこと強くいく必要がある。
 強くいってこそ交渉のテーブルで勝つことができる。
・核兵器を作るとか言っているやつは頭大丈夫か?そんなことをして国連や中国、北朝鮮が黙っていると思うか?
周辺国の警戒心を高めて、様々な国から経済制裁を受けて、やがて国が完全に北朝鮮化してしまうよ。
・ありがとう~~~~!!!具体的に撤退の日程が決まったら改めて連絡してください!^^
・韓国を守る?私達を盾として使っておいてそれは知らないふりか?
 それではなぜサードを配備しようとする?自分達の国にミサイルが撃たれるのを監視するためじゃないのか?
・米軍撤退とか言っている連中。米軍が撤収した瞬間に株価は暴落し、外国資金は流出して経済が崩壊するから注意しておいてね。
・6倍よこせ、さもなくば撤退する、何このいじめ。
・トランプが過激な発言を繰り返すたびに韓国が反米に傾いていく。そして、ムン・ジェインが発言をするたびに反日が加速していく。
 なぜ我々は同盟国である米国、日本を目の敵にして、本来は主敵である北朝鮮や中国にすり寄っているんだ?
 矛盾しすぎてて意味がわからない。
・さようなら


5: 2019/12/04(水) 02:04:23.44 ID:tPuCW6ox0.net
トランプはずっと撤退させたがってたろ

16: 2019/12/04(水) 02:11:11.42 ID:ep+E5YrS0.net
>>5
無駄な陸軍だけな
駐留費払わないならTHAAD追加配備だけで良い

6: 2019/12/04(水) 02:05:59.52 ID:1TLsRjEH0.net
残念ながらトランプは軍事に関してはブラフ的なものじゃなくマジで無駄だと考えているのでシリアから撤退してアフガンは大幅縮小してる

11: 2019/12/04(水) 02:08:14.36 ID:uqVHTy5R0.net
つーか地図みてソウルの位置確認して絶望を感じないなら
軍事的センスはゼロと考えたほうがよい

どんな名将も防衛できない

12: 2019/12/04(水) 02:09:47.27 ID:Y/cRnvlu0.net
>・米軍が駐屯している以上、自衛隊が韓国に派兵されるきっかけも与えてしまっている。
>有事の際になれば確実にそれを口実に日本が侵略を開始する。

パラレルワールドに生きてるの?

14: 2019/12/04(水) 02:10:30.79 ID:P3Yul9d00.net
>>12
わろ

85: 2019/12/04(水) 05:29:29.95 ID:d5+ju0fW0.net
>>12
これ、集団的自衛権の審議の時に
ぱくしんくんくんくんが、
「半島有事の際には自衛隊は韓国支援に動くって事だよな?」
って、何度も確認して、
総理が「半島有事は日本の存立危機じゃないから、絶対に助けない!」って断言してて、
しんくんくんくんjが火病起こしてた内容だよなw

24: 2019/12/04(水) 02:18:51.68 ID:vpL1ClEgO.net
韓国なんて米軍居なかったらとっくの昔に無くなってた国じゃん
あと戦略的要所ってよりは緩衝地帯で要所は日本~台湾~フィリピン

28: 2019/12/04(水) 02:20:54.71 ID:wGhPCLv20.net
アメリカが日本と戦って勝ったから韓国が出来た
その韓国がアメリカと対立するという意味不明な状況w

35: 2019/12/04(水) 02:25:27.72 ID:8XR/tpHkO.net
>>28
正確には韓国が出来たのは朝鮮戦争がきっかけだな
無論アメリカのおかげ

37: 2019/12/04(水) 02:34:02.27 ID:sW6ectlU0.net
在韓米軍が去って中国北朝鮮に取り込まれたら日本がやばいだんだけどな
このスレには頭がお花畑な奴が多すぎる

46: 2019/12/04(水) 02:49:38.78 ID:K5f7OKYl0.net
>>37
全くヤバくないし頭お花畑なのはお前
背後から刺すような奴らを抱えて戦う方がはるかに危険

47: 2019/12/04(水) 02:50:57.55 ID:/vrrJBFa0.net
なんで朝鮮人ってこんなに自己評価高いの

50: 2019/12/04(水) 02:55:19.53 ID:c1tisdAh0.net
>>47
自分たちよりも国力が大きい日本に常に折れさせたせいで
勘違いしちゃってる状態
めんどくさいからとアメリカが日本に全部押し付けてきたツケが回ってきた

64: 2019/12/04(水) 04:07:16.57 ID:4RXRn61L0.net
利用価値の無いコウモリ国家は捨てられて当然



13.名前: 名無しのAsian
:2019/12/04 08:50 ID:3FJQ.OeF0
▼このコメントにレス
>日本は侵略してくる
過去2回の特殊な例外除き歴史上全ての戦闘が半島からの侵略なのが、事実なのに誤認甚だしい。
例外が難民支援の白村江と明へ向け通り抜け宣言してたのに半島全域で焦土戦術とられたヒデヨシ。
刀伊の外冦、元寇、応永の外冦全て半島からの侵略戦争。

19.名前: 名無しのAsian
:2019/12/04 09:05 ID:kCypoTUJ0
▼このコメントにレス
>>1
もはや、かの愚国の防波堤は無きものと考え、日本は最前線に立っていると対峙し早急に防衛策をとらなければならない。これまでの他力本願的な甘さは通用しない現実現状。スパイ防止法なきザルな日本の体制が弱体化してしまった訳なのだから…
自衛隊がいまだ軍となれない我国をも難題解決して行かねば防衛は、安心安全なる神話は崩壊する。祈

22.名前: 名無しのAsian
:2019/12/04 09:12 ID:TGoKJWMg0
▼このコメントにレス
韓国人は自国価値を買いかぶりすぎている。アメ軍駐留は半島の「戦略価値」が高いだとか、日本が戻ってくるのは半島の経済価値を搾取するためだとか、こんな話は妄想だ。アメ軍が居続けるのは戦争が終わっていないからだ。ここで撤退すれば朝鮮戦争は北の勝ち!となってしまうから、仕方なく駐留している。
日本は朝鮮に経済価値を認めていない。今だってヒサンがわけのわからない1000億円を恵んでくれ~と騒いでいる。こんな半日照ろの度民に何の価値があるんだ。

42.名前: 名無しのAsian
:2019/12/04 10:27 ID:Fguzhav.0
▼このコメントにレス
> なぜ我々は同盟国である米国、日本を目の敵にして、本来は主敵である北朝鮮や中国にすり寄っているんだ?
矛盾しすぎてて意味がわからない。
李氏朝鮮時代は農民反乱に外国軍を引き込んで、国家主権を外国に丸投げした。 朝鮮戦争では、宣戦布告もなく突然侵攻してきた北に対して「元は同じ民族だから手荒なことはしないだろう」と逃げなかった奴らはみなXXされた。同じ歴史を何度も繰り返すのがおまエラだよ。
52.名前: 名無しのAsian
:2019/12/04 10:50 ID:5taQuUKP0
▼このコメントにレス
どこかできちんと特集組んでくれないかな。

日本が韓国を侵略することはない。
パ・ヨクは当然しないし、一般人も右翼もやらない。

理由は正義感からではなく、朝鮮人の生物としての
質が激しく悪いから。
狂犬病患っている犬しかいない場所に住みたいやつなんて
いないだろ。

アオリじゃなくて本気で言ってる。
一般の人も「韓国人に関わるのは嫌だ」というのが本音だぞ。
嫌われていると言うより、刃物持って街を歩いている
頭のおかしいのに近づきたくないということだ。



秘書に赤ちゃんプレイ強要の立憲民主党・青山雅幸



ネット空間をぶらぶらしていると、拾い物があった。

青山まさゆきの今を考える  から。
>問題なのは憲法9条改正ではない。日本の安全保障の在り方である。<

文章の内容は、一見して、共産党かと思ったが、
サイトに何処にも所属政党が無い????

安倍晋三首相が憲法9条改正を提案する意味は、安全保障の観点である。
>「自衛隊員がかわいそうだ」と情緒的な側面のみ強調している。<

これは、国会議員を念頭に置いているのではなく、国民投票にかける
一般国民に呼び掛けているのである。野党国会議員には今後政治的立場が
変わる可能性は低い。
幾度もの語り掛けに応える野党議員の志は低いと言わざるを得ない。
自衛隊員が可哀想だとは、言い換えれば、日本国民は不当に扱われている。
これを、正直に言えば、特定もりかけ野党がうるさいから、自衛隊に擬しただけである。

イージス・アショア やいずもに反対とは、今般の世界情勢から遅れていると感じる。

まったく、青山まさゆきは、適当な理屈を見繕う。

>ただし,その選択は,真の独立国としての主権を放棄している体制が今後も続くということを意味する。<

軍事力の強化は、米軍への従属を意味するなど、偏向も著しい。
安全保障の弱点が日本存立への一番の弱点である。


>日本の安全保障の観点-今後も戦争のない平和な時代を続けていこうと思えば,
 近隣諸国との友好関係を発展させることも日米関係と同様にとても大事な条件となってくる。<

友好関係を持続すべき近隣諸国とは?
一体何処か?

日本が一番友好的な国家群は西欧諸国,NATOとか、EUです。
これ等諸国は、近隣諸国から外れるのですか?

だから、日本が独立を維持するのに、何故、反対するのか?



秘書に赤ちゃんプレイ強要の立憲民主党・青山雅幸、党員資格停止 悪意に満ちたツイートの前科も
立憲民主党・青山雅幸議員の“セクハラ”

2017年10月26日
https://togetter.com/li/1165035


青山まさゆきの今を考える
衆議院議員 。
https://aoyama-masayuki.com/blog/%e5%95%8f%e9%a1%8c%e3%81%aa%e3%81%ae%e3%81%af%e6%86%b2%e6%b3%95%ef%bc%99%e6%9d%a1%e6%94%b9%e6%ad%a3%e3%81%a7%e3%81%af%e3%81%aa%e3%81%84%e3%80%82%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%ae%e5%ae%89%e5%85%a8%e4%bf%9d/
問題なのは憲法9条改正ではない。日本の安全保障の在り方である。
2019年11月1日新着情報

ここ1,2年における主要な政治課題の一つは、間違いなく安倍首相の掲げる憲法9条改正問題となるだろう。
安倍首相は,9条改正が必要な理由について「自衛隊員がかわいそうだ」と情緒的な側面のみ強調している。自民党のHPに置かれている憲法改正を解説する漫画でも,同じことが家族の会話という形式で説かれている。

しかし、その表向きの理由を本気で信じている方がどのくらいいるのだろうか?
今回の9条改正は、アメリカとの共同軍事力行使を可能にするための一連の法整備の総仕上げであることは明らか。
平成24年から平成27年にかけて行われた安保法制(平和安全法制)整備については激しい議論や反対運動を呼んだが,法的にみて極めて重要なトピックスというかマイルストーンであったのが,平成26年7月1日の閣議決定。安倍内閣がそれまでの政府の憲法解釈を変更し,個別的自衛権だけでなく集団的自衛権における武力行使を容認すると共に,国連による集団安全保障においても,自衛隊の果たせる役割を一歩進めたものであった。

これらの一連の法整備の背後にあるのは,よく言われるようにアメリカの世界戦略プログラムであろう。数次にわたるアーミテージ・ナイ報告書において,自衛隊のあるべき姿や日米軍事協力が段階的に「進化」させられている。そこから読み取れるアメリカの意思というか思惑は,自衛隊と米軍の連携・強力関係を更に押し進め,他国からみれば軍事的に一体であると見做されるようなレベルにまで日米(軍事)同盟を進めていくというものだ。

イージスアショアが秋田県や山口県に配備されたのは何のためか?いずもの空母化は何を目的としたものか?既にその路線に沿った既成事実が着々と作られているのだ。

さて,話を元に戻そう。私は憲法改正絶対反対論者ではない。いかに硬性憲法の色彩の強い日本国憲法であっても,不磨の大典ではない。

時代というか立法事実が変化すればそれに対するルールが変化するのはいわば当たり前。

しかし,ルール変更,しかも国の行く末を大きく左右する基本ルールの変更にあたっては,その必要性や狙いをルールの適用を受ける当事者(すなわち国民)にハッキリと説明し,理解を得て取り組むべきものである。肝心なのは「ルール改正」ではない。ルール改正を必要とする理由や,ルール改正によって見込まれる効果をきちんと説明し,ゲームに参加するプレーヤーの理解や賛同を得ることなのだ。

しかし,まさにその点が欠けているため,今の与野党の憲法9条を巡る議論にはまったく賛同できない。

入管法改正案の審議のときもそうだった。入管法改正は,外国人労働者の5年を超える日本在住を可能にするものであり,10年の居住を要件とする永住権の取得に道を開いたもの。すなわち,これまで鎖国状態にあった日本に移民を解禁するという,極めて大きな政策変更をその実質とした法案であった。人口減少だけでなく若年世代の減少により,労働力が極端に不足しつつあり,経済発展どころか現状維持もおぼつかない今の日本社会に,欧米諸国と同じように規模的に大きく移民を受け入れて国力維持を図る狙いがあったことは否定し難い事実であろう。10年経てば自然にそうなるからだ。

だが,政府はその点(永住権付与の基礎的条件となるのか)を聞かれても曖昧な答弁を繰り返すだけであったし,野党側も過去の外国人労働者に対する不当な扱い事例を批判するだけで,人口政策・労働政策あるいは移民に関するビジョンを明確に示すには至らなかった。

憲法9条改正についても同じだ。今の安倍政権の憲法9条改正の国民への提示の仕方はまさに子ども騙し。先に述べたとおり,今,憲法9条を行おうとする自民党・安倍政権の本当の狙いは日米同盟というか日米共同軍事体制の一層の進化を可能にするため。

誤解されないよう言葉を足せば,その背景にある目的自体を悪として一方的に否定するつもりはない。

だが,少なくとも民主主義国家であるなら,正当な民主主義の手法として,その目的を正々堂々と国民に提示して,理解と選択を仰ぐべきであろう。

立法事実として,少なくともアメリカ側からの日米共同軍的な運用への要請が強まっているのは事実であるし,対米折衝にあたっている政権与党として,日本にとって主要な同盟国というか現状唯一の存在であるようなアメリカの要請に対応するため憲法9条改正が必要である,と国民に提起することはある意味当然の選択肢。そして,戦後75年に渡って維持されてきた日米同盟を堅持し,さらにそれを強化していくというのも,一つの有効な政策ではあろう。


ただし,その選択は,真の独立国としての主権を放棄している体制が今後も続くということを意味する。沖縄の米軍基地問題はいつまで経っても解決しないであろうし,首都圏上空の管制圏がほとんどアメリカに握られたまま,という異常な事態が続いていくということを意味する。さらに今後懸念されるのは,アメリカが過去定期的に行ってきた必ずしも正当性があるとは限らない戦争に日本がより深く関与し,いつの日にかは自衛隊員の人的犠牲が出ることも覚悟しなければならない,ということである。


一方で,別の立法事実もある。

トランプ政権が激しく対中貿易戦争を仕掛けているのは,中国がアメリカに対向しうるもう一つのスーパーパワーとしての地位を確立しつつあるからだ。

日本の安全保障の観点-今後も戦争のない平和な時代を続けていこうと思えば,近隣諸国との友好関係を発展させることも日米関係と同様にとても大事な条件となってくる。アメリカにおいて,カナダやメキシコとの間で武力紛争など考えられないのと同じように,日本が安定的な平和(それこそが安全保障の究極の目的)を維持しようと思えば,中国,韓国,北朝鮮並びにこれから世界の主要な経済大国にのし上がってくることがほぼ確実な東南アジア諸国との友好関係は欠かせない。

そうであるならば,アメリカとの片面的かつ一極的な友好関係のみをどこまでも追求するだけではなく,そういった真の安全保障の達成から逆算するような現在の安全保障のあり方を検討する必要がある。

その役割を果たし,もう一つの選択肢を国民に提示すべきは,安全保障についての対案を示すべき野党の側にある。

そういった,日本の将来の安全保障の立て方の議論の果てにあるべきが9条改正問題なのだ。
だが,今のところ与野党においてあるのはその他の政策や法律議論と同じ,皮相的な議論のやり取り。
自民党は衣の下に鎧を隠し,耳障りの良い建前だけを国民に提示する。
野党の側にも,問題の本質的な部分をえぐり出すような議論はみられない。従来の支持層であるリベラル・左派の現実を無視しているかのような9条擁護論から脱却しているようには見えない。

憲法9条改正を議論する前に,日本の安全保障ー平和の維持のために,現実や近未来のパワーバランスに関する予測を踏まえ,どのような戦略を立てているのか,まずは各党はその点を国民に提示すべきだ。

その上で,その戦略実行のために憲法9条を変える必要があるのか,変えるとしたらどう変える必要があるのか,それを提示するのが筋であり,それが民主主義国家の正当なあり方であろう。




日本に石炭火力廃止促す 国連報告書 温暖化「破壊的」警告



国連が報告書を挙げたそうである。
石炭火力廃止促すとある。脱原発で、原発ゼロを目指してどうするんだろう。
ここいら辺は、脱原発の総本山である立憲民主党枝野幸男代表の意見が聞きたい。

日本に石炭火力廃止促す 国連報告書 温暖化「破壊的」警告

http://exawarosu.net/archives/20933795.html
世界の温室効果ガス排出が今のペースで続けば、今世紀末の気温が産業革命前と比べ最大3.9度上がり「破壊的な影響」が生じるとの報告書を国連環境計画(UNEP)が26日、公表した。パリ協定が努力目標に掲げる1.5度の上昇幅に抑えるには「今は年に1.5%ほど増えている排出量を年7.6%ずつ減らす必要がある」と指摘し、社会や経済の在り方の転換を求めた。

主な国ごとに有効な対策を示し、日本には二酸化炭素(CO2)排出が多い石炭火力発電所の新設をやめ、既存のものは段階的に廃止する計画の策定を促した。企業などのCO2排出量に応じて課金する制度の強化も必要だとした。

来年に本格始動するパリ協定は、温暖化の深刻な被害を避けるため産業革命前からの気温上昇を2度未満、できれば1.5度に抑えることを目指す。気温は既に1度程度上がったとみられる。

報告書は、人の活動による2018年の世界の排出量は553億トン(CO2換算)で過去最高だったと推定。このままでは今世紀末に気温が3.4~3.9度上がり、パリ協定に基づく各国の削減目標を達成しても3.2度の上昇になるとした。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201911/CK2019112702000150.html

「もう元には戻らない」日韓の深くて長い傷


日韓の不可逆的進行に各人も思考せざるを得ない状態に至っている。
原因や、今後の動向を言う前に、現状認識を新たにする必要性がある。

見た所、韓国文在寅大統領の指向したとおりに進行している訳だが、
大成功とは言い難い。むしろ、日本政府の方針が強く韓国の可能行動を
限定しているように見える。


「もう元には戻らない」日韓の深くて長い傷
9/16(月) 10:00配信

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190916-00000004-mai-pol
韓国の文在寅大統領
 8月下旬にソウルで開かれた「日韓フォーラム」に参加しました。両国の政治家や研究者、ジャーナリストら計50人ほどが顔を合わせる年に1度の会議です。最近の政治状況を考えると不思議なのですが、コーヒータイムの会話では「政治家を含めて、日韓双方とも自制した発言が多いね」という声が出ました。【外信部長・澤田克己】

 ここ数年は互いに「相手側に物申す」的な発言が目立ったという記憶があるのですが、現実があまりに悪いので慎重な発言が増えたのだろうかと考えてしまうほどでした。その中で印象に残った言葉に「以前の関係を回復させることはできない」というものがありました。その背景を考えてみたいと思います。

 ◇「関係が良くなったり、悪くなったり」ではない

 あるセッションの基調発表で語られたのは、次のような内容でした。

 「最近の日韓関係において、韓国は日本が重視する信頼を失い、日本は韓国が重視する礼儀を失った。その結果、今回の対立は深くて長い後遺症を残すだろう。対立を取り繕うことができても、以前のような関係を回復させることはできない。新たな関係を再構築しなければならない」

 この発言はインパクトが大きかったようで、多くの出席者が肯定的に引用しながら発言しました。私は、元徴用工訴訟と輸出規制による対立を起点だとした点には異論を持つものの、方向性としては共感します。他の参加者からも「日韓関係は転換点に立っている」と指摘されていました。

 会議では、日韓が基本条約や請求権協定を結んで国交正常化した1965年と現在では情勢が全く違うという指摘も少なくありませんでした。当時は貧しい小国だった韓国が力を付け、日本と対等なパートナーとなっているのに、そうした構造的変化に双方の意識が追いつけていないのです。特に冷戦が終わってからの30年間に起きた変化は大きいのですが、そうした変化は一気に表面化するわけではありません。ここ数年の対立激化は、そうした大きな変化を反映したものでしょう。今までのように「関係が良くなったり、悪くなったり」という循環では捉えきれない理由がここにあります。

 ◇頭を冷やし、冷静な見極めが必要に

 1人当たり国民所得を世界銀行のデータ(今年7月時点)で比較してみると、65年時点では日本890ドル、韓国130ドル。かつては、日韓の格差が7倍弱あったということです。30年前となる89年にも5倍強の格差が残っていましたが、その後は、韓国の経済成長と日本のバブル崩壊を受けて急速に格差が縮小します。20年前の99年には3倍強、10年前の2009年には2倍弱となりました。昨年は日本4万1340ドル、韓国3万600ドルで、格差は1.35倍でした。

 冷戦終結が韓国に及ぼした政治的な影響も無視できません。冷戦の最前線に置かれていた65年当時の韓国は日米に頼らないと生きていけなかったし、そもそも中国やソ連などとは国交すら持てませんでした。韓国と北朝鮮が国連に同時加盟したのも91年です。韓国はその後、経済力の伸長もあって国際社会での地歩を固めていきました。

 87年の韓国民主化も無視できません。65年当時の韓国はクーデターで権力を握った朴正熙(パク・チョンヒ)政権で、国民の間に不満があっても力で押しつぶしました。民主化闘争出身者が中核を占める文在寅(ムン・ジェイン)政権は当然ですが、現在の保守野党が政権を握ったとしても朴氏のように世論を無視することはできません。

 そして、戦後70年以上もたったことで植民地時代から続いてきた両国間の人脈は失われました。かつては政治的緊張があっても日本語世代の韓国人政治家や経済人を中心としたパイプが関係修復のために機能しましたが、次世代のパイプは見当たらないのが寂しい実情です。

 こうした状況が重なったことで、日韓関係は完全に展望を見通せない状況に陥りました。そもそも状況が昔とは違うのだから「以前のような関係を回復させることはできない」のです。元徴用工訴訟での韓国最高裁の判決が請求権協定と矛盾しているのは明白ですが、それとは別の問題として、現実の変化を冷静に見極めたうえで新たな日韓関係を考えなければなりません。まずは感情的な対応にならないよう、頭を冷やすところからでしょう。

kar*****
| 20時間前
国のトップが一回の合意では全てが解決した訳ではないと平気で発言する様な国とは、信頼関係が得られる筈はないのだから、今後は韓国とは一定の距離を置くべきである。

文政権が真摯に姿勢を改めない限り改善の余地は何処にも見出だせないし、日本が本気で経済制裁を課しても何ら問題はない状況にまで来ている事を文政権は理解すべきである。

白蓮
| 20時間前
確かに65年当時と日韓の力関係が変わったことは事実でしょうが、そうなった最大の動力は日本が供与した請求権資金です。そのおかげで漢江の奇跡を成し遂げたのです。その貢献を韓国は無視してはいけません。それに力関係が変わったことが国家間の条約を守らない理由にはなりません。毎日新聞は反日ですから、こういう場合にはГどっちもどっち式」論評をしますが、日本側が間違ったことはありません。全て韓国側の責任なのです。

utt*****
| 20時間前
過去に関係が良好な時期なんて一度でもありましたっけ。向こうの言う日韓友好はイコール用日だから、常に日本国民が我慢を強いられていました。今後はお互い距離を置き、関わらない状況が最も友好的な関係だと思います。

mor*****
| 20時間前
元々、信頼関係など無い。完全に国交を断絶すればいい

rai*****
| 18時間前
やはりこの記者の記事には違和感がある。
経済格差が縮まったというのは事実だろうが、それで過去の約束を違えて良いということにはならない。
環境が代われば相互関係も変わるのは当然だけど、それを基に過去の約束を軽んじたり、約束を守らないことを開き直るような相手とは、冷静に現実を見据えても距離を取るようにするのが良いとしか思えない。
この記者も「韓国最高裁の判決が請求権協定と矛盾している」と認めているのですから、それを指摘するのは感情的な対応でも何でもありません。。
「もう元には戻らない」し、戻す必要もありませんが、新たな関係は経済格差が縮まったという事実に基づくのではなく、かの国が契約を守らないことを正当化して主張するという事実に基づいて構築されるべきと思います。冷静に考えてそれが最も妥当だと思うのですが、この記者は理解しないかもしれなせんね。

y_b*****
| 19時間前
この記事も不思議な記事だね。1965年の頃と現在ではあらゆることが変わってきている。そんなの当たり前だ。特によく言われるのは日本と韓国の一人当たりのGDPや所得がほぼ同じようになったと言う。だから国と国の関係も見直さないといけないと言う。何故?? 不思議だね。
例えば、日本とアメリカは戦後まもなくは所得の格差は100倍くらいあったと思うが、30年後はほとんど同じになった。大戦で何十万人もの国民が虐殺された。だからと言って国際条約を、国と国の条約を一方的に破棄したか?国の関係を見直したか? そんなことはないだろう。
世界では隣国同士は戦争の連続の歴史だ。
でも日本と朝鮮の歴史をよく見てごらん。いがみ合いはあったがほとんど戦争はやっていない。元寇も文禄・慶長の役も朝鮮併合も戦争はしなかった。そういう意味で江戸時代の互いに距離を取る、ていねいな無視をする、これが一番良い事ではないのか。

ネコまたぎ(レスは読まないw)
| 18時間前
「もう元には戻らない」と言っても以前の関係性が最良で良好な状態であったとは到底思えない。
 独立国同士が締結合意した約束事や国際条約を一方的に破棄してしまうような信頼性が低い国とは日本は本気で交流してはならない。
 「どこかで裏切り行為をする国」だと言う想定範囲内で事にあたらなければならない。今後は少しづつ韓国から距離を置き企業も撤退し日本側の保有財産を韓国外に移動して行くべきだ。
 個人的に韓国人は好き嫌いの対象ではないが韓国政府は大嫌いである、韓国と中国は国際的にまだ発展途上国扱いで資金援助を受け続けているらしいが、現在の国力では不要だと思う、自分の税金が韓国に投入されていると思うと良い気分にはならない。

hsh*****
| 18時間前
最近の韓国が「感情的になったから」、「冷静になれば」というこれまで通りの言い回しを繰り返しているようでは、外信部記者としていかがなものか。「新たな関係」といいつつ、従来の主張を繰り返す自己矛盾にも疑問符が付く。

文政権は、姿勢を発足当時から今の見せていた。国民の反応も伝統の反日教育に加え、同調圧力に流されるという国民性が表れている。歴史認識も双方は平行線。歴史的な証言や客観的事実を示しても感情論で封じ、国際裁判所への提訴も受け入れない。あちらにしても経済破綻が近いが、経済的な理由で日本に折れたとしても禍根が残るだけ。
一方、日本人も今回のことをきっかけに「戦後の終わり」を意識し、従来の関係の弊害を強く感じている。

地理的距離や物理的距離は変えることはできないが、情報やビジネスではそれらを超越する時代。「隣だから仲良く」という時代ではない。すべてを白紙にして考え直す必要がある。

jus*****
| 18時間前
「もう元には戻らない」と言いますが、以前は良かったのですか? 文政権よりは良かったかも知れませんが、根っこには反日思想があふれていました。安倍政権の初期の頃までは丸く収まるように日本がかなり譲ってきましたが、今や正論を言い合えばいい時期に来ていると思います。韓国からは「安倍政権の強硬な態度」と言う言葉出ていますが、こういうはずじゃなかったとタカをくくっていたのだと思います。
無理に関係修復を急ぐのでなく自然の流れに任せましょう。


sm3939
| 17時間前
まず記者のあなたが過去の考え方を見直す必要があります。韓国はもはや日本の親友でありません。日本の行為を汚い胆唾を吐きつけ皇室まで侮った存在です。韓国が日本と決別したとみなしてよいのではありませんか?
でもあなたの「もう元には戻らない」は正解です。よく思い切りましたね。韓国のシンパで何とかしたいと思っていたでしょうから、日本の声が非常に厳しいとやっとわかり、今後の回復を考えたいのでしょうね。
今後も方向性は変わりません。この対立の結果何年か経って各種の状況が動き民意も変わった段階で答えがやっと見えてくるのではないでしょうか。その間日本はオリンピック、万博等の行事があり何事もなく過ぎて行くと予想されます。
なおマスコミは一方通行の記事伝達から双方向の公開コミュニケーションの場と変わって行くでしょうね。ますます記者さんの実力が試されます。頑張ってください。



最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
306位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
138位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR