安倍元首相「河野談話など見直す必要ある」

安倍元首相「河野談話など見直す必要ある」
2012年08月28日19時45分
[ⓒ聯合ニュース]
http://japanese.joins.com/article/397/158397.html?servcode=A00§code=A10

 【東京聯合ニュース】自民党総裁選への出馬が取りざたされている安倍晋三元首相は産経新聞とのインタビューで、「宮澤喜一談話、河野洋平談話、村山富市談話、すべての談話の見直しをする必要がある」との認識を示した。

    宮沢談話は1982年、教科書の記述をめぐり周辺国への配慮を約束したもので、検定基準を改め、「近隣諸国(配慮)条項」が追加されることになった。河 野談話は1993年に旧日本軍による従軍慰安婦の強制連行を認め、「おわびと反省」を表明したもの。戦後50年を迎えた1995年、植民地支配と侵略につ いて謝罪したのが村山談話だ。

   安倍元首相は談話見直しの理由として、「周辺国への過度な配慮は結局、真の友好にはつながらなかっ た」と説明した。また、「戦後体制から脱却するために何をすべきかずっと考えてきた」と述べた。安倍元首相らの自民党の強硬派が主張する「戦後脱却」は戦 争や軍隊保有禁止などを定めた憲法9条の廃止を意味する。 

   安倍元首相は橋下徹・大阪市長が率いる「大阪維新の会」と連携し、憲法改正、慰安婦問題など歴史認識の見直しを検討する考えも明らかにした。

   橋下市長が慰安婦問題に対し、「慰安婦が軍に暴行、脅迫を受けて連れてこられたという証拠はない」と発言したことについては、「大変勇気ある発言だった」と評価した。

スポンサーサイト

〈論説〉「女性宮家」創設 今後の論点整理を注視


〈論説〉「女性宮家」創設 今後の論点整理を注視
平成24年08月27日付 2面
http://www.jinja.co.jp/news/news_006107.html
 我々が重大関心をもって見守ってきた野田内閣のもとでの「皇室制度に関する有識者ヒアリング」が、七月五日の第六回会合をもって打ち切られることとなった。
  これまでに学者やジャーナリストなど十二人の識者が呼ばれ、いはゆる「女性宮家」の創設問題を中心に意見聴取がおこなはれた。その結果、論点や方策につい てはおほむね見解が出揃ったとして、これから論点整理を進め、取り纏めができれば今秋までにそれを公表する予定だといふ。
 ただ政府は、有識者の他にも皇室側の要望を考慮して、当事者である内親王や女王ら皇族方に対しても、結婚後の皇室活動に関する意向を確認する方針であるとも伝へられてをり、今後の政府と宮内庁の動向、議論の行方が注目されるところだ。


  そもそも宮家といふのは、皇位の安定的継承のため、天皇から有資格者の男子が宮号をいただくことで存在するもので、歴史上これまで女性宮家が立てられたこ とはなかった。それゆゑ、女性宮家を創設する場合、その制度設計と法律条文と運用方法の三つの側面からの充分な検討が必要となってくる。
 しか し、十二人の識者のうち、制度としての女性宮家創設に賛意を表した者が八人ほどゐたが、法律や運用の面でどれほど考慮したのか、疑はしいものであった。そ の点で、明確に反対の意を示した百地章、櫻井よしこ、島善高、八木秀次の四氏は、小泉内閣時から皇室問題に深く関はりをもって歴史的にも法的にも広く深く 研究検討を重ねてきてゐるだけに、その見解もひじょうに周到で説得力をもったものであった。
 最大の問題点は、女性宮家の当主となる女性皇族の配 偶者やその子の身分をどうするか、また、それを一代限りとするか世襲宮家とするか、といったところにあるのだが、賛成者の意見がさまざまで纏まりがないの に対し、四人の反対者は、それが二千年以上に亙る万世一系の皇位継承の根本原則の破壊につながる危険性を指摘して、旧宮家の男系男子の皇籍取得による宮家 新設や、現宮家との養子制度を設けることなどを一致して表明してゐる。


 かうした見地に立って、四 人の反対者のなかからは、皇室の御活動維持のために、女性宮家創設案に代はる、他に採り得る方策として、女性皇族が結婚して皇室を離れた後も、引き続き内 親王・女王の称号を尊称として保持していただく制度をつくることが提案された。これは、それまでの議論においてはまったく新しい案で、関係者の間でもひ じょうに注目され、反対の多い女性宮家創設に対する代替案としてマスコミでも取り上げられてゐる。
 その根拠となるものは、旧皇室典範第四十四条 の、「皇族女子ノ臣籍ニ嫁シタル者ハ皇族ノ列ニ在ラス但シ特旨ニ依リ仍内親王女王ノ称ヲ有セシムルコトアルヘシ」といふ規定である。これは、身分が一般国 民となっても准皇族的な立場で、なほ前皇族として称号を用ゐて皇室活動をおこなっていただければよいといふ提案だ。つまり、この規定を現皇室典範に条文化 すれば実現可能であり、あとは品位保持のための予算を支出すればよいのである。あくまで、皇室活動の維持を目的とするのであれば、この尊称案でも事足りる といふことだ。


 野田首相は、「女性宮家」創設の検討にあたり「皇室活動の安定的維持」が目的で、 「皇位継承問題とは切り離す」と表明した。しかし、それは無理で、今回のやり方はいはば搦手から女性・女系天皇容認への道を開くものといはざるを得ない。 それはヒアリングのなかで百地氏や八木氏が指摘したやうに、内閣参与の園部逸夫氏のコメント(『週刊朝日』平成二十三年十二月三十日号)に明白である。
  すなはち、園部氏は女性宮家の創設に関して、「夫、子が民間にとどまるというわけにはいかないから、歴史上初めて皇統に属さない男子が皇族になる。問題は どういう男性が入ってくるか。また、その子が天皇になるとしたら男系皇統は終わる。女性宮家は将来の女系天皇につながる可能性があるのは明らか」と、いみ じくも吐露してゐるのである。
 万世一系による皇位継承といふ大原則が損なはれることのないやう、これからどのやうな論点整理がなされるのか、さらに注視していきたい。
オピニオン 一覧
>>> カテゴリー記事一覧
平成24年08月27日  〈論説〉「女性宮家」創設 今後の論点整理を注視
平成24年08月27日  〈杜に想ふ〉かっこよさ 須浪伴人
平成24年08月20日  〈論説〉教学研究大会 慎みを以て歴史を顧みること
平成24年08月20日  〈杜に想ふ〉チームのために 神崎宣武
平成24年08月13日  〈論説〉夏の祭礼行事 祈りの心を共有すること
平成24年08月13日  〈杜に想ふ〉本来の生き方 山谷えり子
平成24年08月06日  〈杜に想ふ〉十七年の歳月 坂上也寸志
平成24年08月06日  〈論説〉教化の夏 鎮守の杜の活用を通じて

民主党代表選 再選を目指し出馬する考え示唆


夕刻のひと時が台無しである。
すこぶる気分が悪い。野豚と国谷との最悪の取り合わせは気分を害する。
代表選に向けて、出演である事は直ぐに知れる。
代表選の出馬も問題だが、争点も問題が有る。
野田豚彦の命脈は尽きた、と見る。


<野田首相>民主党代表選 再選を目指し出馬する考え示唆
毎日新聞 8月27日(月)21時11分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120827-00000087-mai-pol


NHKの番組に出演した野田佳彦首相=東京都渋谷区の
NHK放送センターで2012年8月27日午後7時25分、代表撮影

 野田佳彦首相は27日夜、NHKの番組で、9月の民主党代表選への対応について「想像がつくでしょう」と述べ、再選を目指し出馬する考えを示唆した。ま た2030年の原発比率をめぐる意見聴取会などで「原発0%」の支持が多数を占めていることに関し、「どういう課題があるか、よく議論せずに結論は出せな い。最初から決め打ちはしない」と述べ、今後慎重に検討する意向を示した。

 首相は「(次期衆院選で争う民主、自民、公明の)党首、政策は9月に明らかになる。マニフェスト(政権公約)を準備して競い合う」と強調。代表再選後に衆院解散を行う考えをにじませた。解散時期は明言を避けた。

 一方、「原発ゼロ」への対応について「意見聴取会や討論型世論調査、パブリックコメントは積極的に関心を持つ方の傾向だ。メディアの世論調査などとは違 う傾向がある」と指摘。報道各社の世論調査では脱原発への賛否が割れていることも踏まえ、再生可能エネルギー普及の見通しなどの課題を精査する方針を示し た。

 また、年内の交渉開始で合意している日中韓自由貿易協定(FTA)については「それぞれの国にプラスになる経済関係の深化はきちんとやっていく」と述べ、領土問題などとは切り離して協議を進める考えを明言した。【阿部亮介、飼手勇介】

野田首相、代表選出馬を示唆=国民会議「解散前に設置」
時事通信 8月27日(月)21時6分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120827-00000116-jij-pol
 野田佳彦首相は27日夜、NHKの番組に出演し、9月10日告示、21日投開票の民主党代表選への対応について「終盤国会でやらなければいけないことを 抱えているときに、私が言えることではない」と明言は避けながらも、「まあ想像はつくでしょうから」と述べ、立候補を示唆した。
 首相が代表選出馬の可能性に触れたのは初めて。正式な出馬表明は9月8日の国会閉幕後になる見通しだ。
 一方、首相は番組で、社会保障と税の一体改革関連法に盛り込まれた「社会保障制度改革国民会議」について「舞台すらつくらないで政局というのは無責任だ。なぜ(衆院)解散・総選挙が先と言うのか」と述べ、解散前の設置を目指す意向を示した。
 ただ、自民党は衆院選後の設置を主張。国民会議は民主、自民、公明の3党合意で設置が決まった経緯があるだけに、解散前に設置できるかは不透明だ。国民 会議設置を明記した社会保障制度改革推進法は今月22日に施行され、有識者らをメンバーに、1年以内に年金や医療改革案を策定することになっている。
 原子力政策に関し、首相は「(脱原発依存の)行き着く先が(依存度を)ゼロにするのかしないのかは、どういう課題があるか議論しないで結論は出せない」と語った。 

竹島問題で「韓国許せない」 韓流ファンの半数近くが女性誌に回答


竹島問題で「韓国許せない」 韓流ファンの半数近くが女性誌に回答

J-CASTニュース 8月26日(日)18時42分配信

 韓国の李明博大統領の竹島上陸や天皇陛下への謝罪要求発言などから、日本の韓流ファンのあいだでも「反韓感情」がジワジワ高まっているようだ。

 女性セブン(2012年9月6日号)は、韓流ファンの20~60歳代の女性100人に緊急アンケートを実施。いまどんな気持ちで竹島問題を見つめているのか、聞いた。

■20~30歳代中心に「ファンやめる」

 「竹島問題のニュースを見てどう感じましたか」の問いには、韓流ファンでも半数近くの47%が「韓国のことを許せない」と回答した。年齢別では50歳代以上がやや多かった。また、「興味がない」と答えた女性も20~30歳代を中心に20%いた。

 一方で、韓国側の行動が「理解はできる」と答えた人は12%、「韓国を応援したい」は3%だった。

 「これまで竹島問題に関心がありましたか」の問いには、「興味深くニュースを見てきた」が53%。「あまり関心はなかった」は43%。「知らなかった」人は2%だった。なかには、韓流ファンになったことをきっかけに関心をもった女性もいたという。

 20歳代、30歳代を中心に、10%が「もう韓流ファンをやめようと思う」とも回答した。

 ただ、「日本でも反韓感情が高まりつつありますが、韓流ファンであることについてどう感じますか」との問いには、「政治と芸能は別だと思うのでファンはやめない」が71%を占め、「むしろ架け橋となるため一層応援していきたい」との答えも12%あった。

 韓流ファンに対し、J-CASTニュースが独自取材すると、女性セブンのアンケートでわかったような意識が垣間見られた。

■韓流めぐって、夫婦間にも溝が…

 娘とともに東方神起のファンというある主婦は、「気持ちは複雑」と明かす。

 竹島問題が起こっても、東方神起は好きな気持ちは変わらない、とこの主婦は言う。8月25日には、エイベックスグループが開催した野外ライブ「a-nation」を、娘と2人で楽しんできた。

 とはいえ、李明博大統領が天皇陛下への謝罪要求をしたことや野田首相の親書を受け取らなかったことについて、「一国の大統領とは思えないし、あんなことがあったら、少なくとも(韓国へ出かけて)おカネを落とそうとは思わなくなった」と話す。

 また、今回の竹島問題をきっかけに、夫が韓流に苦言を漏らすようになったという別の40歳代の主婦もいた。

 近所の主婦仲間とK‐POPミュージシャンのライブを見に出かけたり、2~3回は韓国に行ってエステにはまったりしていたが、これまで黙認していた夫が急に口うるさくなったという。

 国内でも、韓国料理や韓流グッズの店が立ち並ぶ新大久保界隈で「反韓デモ」が起こるような事態になった。こうしたことを受けて、夫から「どういう状況かわかっているんだろうな。いい加減にしておけ」とクギを刺されたというのだ。

 この主婦は、「いままで黙認してくれていただけなのはわかっていましたし、心配してくれて言っているのはわかりますが…」と悩みを打ち明け、夫婦間にも溝が生じていると話した。

富士総合火力演習 「尖閣」強く意識



富士総合火力演習 「尖閣」強く意識
産経新聞 8月27日(月)7時55分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120827-00000071-san-pol
300px-JGSDF_Type10_tank_20120527-16.jpg

 26日に一般公開された富士総合火力演習では、敵部隊の島嶼部侵攻に対し、陸海空の3自衛隊を統合運用するシナリオを初めて導入した。防衛省は平成22 年に策定した「防衛計画の大綱」で南西諸島防衛の強化を掲げており、今回の演習は島嶼部有事に際して即時に戦力を投射する防衛省の「動的防衛力」構想を具 現化したものだ。陸自は特定の仮想敵国や侵攻地域の想定を否定するが、中国による沖縄県・尖閣諸島侵攻への対処を強く意識していることは明らかだ。

 昭和41年から一般公開されている同演習に、海上自衛隊のP3C哨戒機が参加したのも今回が初めてだ。昨年までは、敵部隊上陸後の地上戦のみを想定した 演習だったが、今年は艦艇で島嶼部に接近してきた部隊を洋上で迎撃するシナリオを初めて採用した。実際の島嶼部侵攻の対処には、陸海空3自衛隊の一体的な 統合運用が不可欠なためだ。

 演習ではP3Cが敵部隊の潜水艦、艦艇の動静を探り、航空自衛隊のF2戦闘機が対艦ミサイルで爆撃する役割を演じた。一部の敵部隊に上陸を許したと仮定し、陸自部隊が偵察から火砲射撃、突撃、敵部隊の制圧までの一連の作戦行動を披露した。

 今年は「10式戦車」の実弾射撃を初めて公開した。10式は旧式の90式に比べて機動性、火力、防護力が向上し、味方の部隊同士を結ぶ高度なネットワー クシステムが特徴だ。少ない戦力で効率的な攻撃を実現し、対戦車ミサイルを回避できる10式の高機動性が、敵部隊に与える脅威は小さくない。陸自幹部も 「世界でも10式を超える戦車はどこにもない」と胸を張る。

 また、衛星利用測位システム(GPS)を利用し、ヘリコプター型の無人偵察機(FFRS)も初めて公開された。

 演習は26日の一般公開を前に3日間の予行訓練を実施したが、その期間に17カ国の駐在武官が偵察に訪れた。その中には尖閣諸島や島根県の竹島をめぐり日本と対立する中国や韓国の武官の姿もあった。(峯匡孝)
最終更新:8月27日(月)7時55分

 

島嶼防衛を強化 陸自に水陸両用車両 導入へ
産経新聞 8月27日(月)7時55分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120827-00000072-san-pol
 防衛省が陸上自衛隊に水陸両用車両を導入するため、平成25年度予算案の概算要求に関連経費として約30億円を計上する方針を固めたことが26日、分かった。アジア太平洋地域で覇権主義的な動向を強める中国を念頭に、島嶼防衛を強化する狙いだ。

 政府高官によると、導入を検討している水陸両用車両は、米軍に配備されている「AAV7」。防衛省は数台を調達するとみられる。水陸両用車両は水上と陸上双方での走行が可能で、要員輸送の渡河や上陸に用いられる。

 政府は平成22年12月に閣議決定した「防衛計画の大綱」と「中期防衛力整備計画」で、中国の動向を見据え、南西諸島に沿岸監視隊を置くなど島嶼防衛の 強化を明確に打ち出した。だが、島嶼防衛任務を想定した装備は不十分で、現在、海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」型にエアクッション艇(LCAC)が配備さ れているぐらいだ。

 しかも、いったん敵部隊に侵攻された島嶼部の奪還を前提とすれば、島に上陸する際、現状では敵部隊の攻撃に無防備になることは避けられない。このため、自衛隊内部で装甲の水陸両用車両の導入の可否が検討されてきた。

 防衛省幹部は「専守防衛の自衛隊が持つ必要はないといわれてきたが、いったん奪われた離島への上陸を想定すれば水陸両用車両が不可欠だ」と指摘する。

 陸自は21日から、西部方面普通科連隊(長崎県佐世保市)が米グアム島やテニアン島などの離島を利用し、米海兵隊の第3海兵遠征軍(沖縄)と島嶼防衛の共同訓練に入っている。

 防衛省は、日米による共同訓練を充実させると同時に、装備面でも自衛隊独自の島嶼防衛能力を向上させ、急速な軍備増強と海洋進出を図る中国を牽制(けんせい)したい考えだ。
最終更新:8月27日(月)7時55分

 

【慰安婦】石原都知事「日本人が強制した証拠がどこにある。売春は非常に利益が出る商売で、慰安婦は嫌々じゃなくあの商売を選んだ」★4

【慰安婦】石原都知事「日本人が強制した証拠がどこにある。売春は非常に利益が出る商売で、慰安婦は嫌々じゃなくあの商売を選んだ」★4
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1345897364/-100

1 :再チャレンジホテルφ ★:2012/08/25(土) 21:22:44.17 ID:???0
東京都の石原慎太郎知事は24日の記者会見で、旧日本軍の従軍慰安婦問題について「日本人が強制した証拠がどこにある。
貧しい時代、売春は非常に利益が出る商売で、(慰安婦は)嫌々じゃなくあの商売を選んだ」と述べた。
 その上で、慰安婦問題を謝罪した1993年の河野洋平官房長官談話について
「訳も分からず(韓国の主張を)認め、ばかだった」と指摘した。

時事通信 8月24日(金)17時17分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120824-00000113-jij-pol

過去スレ ★1 : 2012/08/24(金) 17:30:56.65
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1345815887/

安倍氏、再登板に意欲…自民が総裁選へ始動


安倍氏、再登板に意欲…自民が総裁選へ始動

読売新聞 8月26日(日)3時4分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120825-00001247-yom-pol

 自民党内で9月下旬の総裁選に向けた動きが本格化してきた。

 国会が29日から事実上の休会状態となる見通しとなったことを受けたもので、同党の安倍元首相は25日、再登板に意欲を示した。民主党も9月下旬に代表選があり、そろって「党首選モード」に入る公算が大きい。

 29日の参院本会議では、自民、公明両党が提出する野田首相の問責決議案が可決される見込みだ。その後、両党は国会審議に応じず、国会は9月8日の会期末まで休会状態となりそうだ。

 首相の代表任期満了に伴う民主党代表選は9月10日告示、21日投開票の日程が決まった。谷垣総裁の任期満了に伴う自民党総裁選は9月14日告示、26日投開票が有力だ。

 自民党総裁選は、谷垣総裁、石原幹事長、安倍元首相、町村信孝元官房長官、石破茂前政調会長、林芳正政調会長代理らの出馬が取りざたされている。

 安倍氏は25日の読売テレビ番組で「憲法改正は大きく戦後体制を変えていく道だ。強い国を造るために頑張っていきたい」と述べ、総裁選出馬への意欲をにじませた。さらに、橋下徹大阪市長が代表の地域政党「大阪維新の会」について、憲法改正や教育改革などを挙げて「同じ方向に向かっている」と連携を目指す考えを表明した。民主党との連立には反対を明言した。

最終更新:8月26日(日)3時4分

読売新聞

韓国の非常任理事国、政府が不支持検討 今秋の国連総会

韓国の非常任理事国、政府が不支持検討 今秋の国連総会
2012.8.17 06:55 [韓国] 産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120817/plc12081707050006-n1.htm
 政府が今年秋の国連総会で行われる安全保障理事会の非常任理事国の改選で、立候補を表明している韓国を支持しない方向で検討に入ったことが16 日、分かった。李明博(イ・ミョンバク)大統領による島根県・竹島への不法上陸を受けた措置。また政府は、竹島の領有権をめぐる国際司法裁判所(ICJ) への提訴手続きについて、17日にも着手する方針だ。
 ICJでの裁判について、韓国は応じない意向を既に表明している。政府内では、「国際法に基づく紛争の平和的な解決」(玄葉光一郎外相)に後ろ向きな姿勢を示す韓国は、国連安保理の非常任理事国にはふさわしくないとの意見が強まっている。
  国連安保理の非常任理事国は10カ国で任期は2年。アジア枠は2カ国で、毎年1カ国ずつ改選される。韓国は2013~14年の非常任理事国に立候補する意 向を表明している。日本は15年(任期は16~17年)の改選に立候補を予定しており、韓国は日本に今年秋の改選で支持を求めてきた。
 韓 国が立候補する改選にはカンボジア、ブータンも出馬に意欲を示しており、日本は態度を明確にしていない。韓国は非常任理事国入りを「今年の韓国外交の最も 大きな成果となる」=金星煥(キム・ソンファン)外交通商相=と位置づけており、日本が韓国を支持せず、他国を支持すれば韓国にとっては大きな痛手とな る。
 李大統領の竹島上陸を受け、政府は非常任理事国改選への不支持のほか、9月以降の日韓首脳会談の見合わせや、通貨危機などの緊急時に外貨を融通し合う「日韓通貨スワップ協定」凍結も検討している。
  日韓首脳会談は9月8日からのロシア・ウラジオストクでのアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に合わせて調整してきた。政府内には「こちらに理 があり、向こうに非があるのであれば、きちんと会って正当性を主張すべきだ」(日韓外交筋)と会談見送りに対する慎重論も根強い。
 通貨スワップ凍結に関しても、経済関係への波及は日本国内の反発が懸念されている。


既に三党首合意でしっぺ返しを受けていますじゃ。
「しっぺ返し食う」 第三極の動きを谷垣氏が牽制
2012.8.19 00:08 産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120819/stt12081900100000-n1.htm


名古屋市内で講演する自民党の谷垣総裁=18日午後
 自民党の谷垣禎一総裁は18日、名古屋市内での講演で、大阪維新の会や減税日本といった第三極が衆院選に向け民主、自民両党などの国会議員の取り 込みを図っていることについて「選挙の直前に、にわかに人をかき集めるような政党に過度な期待をすれば(国民は)必ずしっぺ返しを食う」と述べた。
 国民の声を吸い上げる地方組織が未整備である点を挙げ「短兵急な期待をすると、日本の政治はかじを失った船のようになってしまう」として、第三極の台頭に懸念を示した。
 消費税の地方税化や地方交付税制度廃止など大阪維新の会が打ち出した政策に関し「生煮えのところが非常に多い。国家全体の経営という観点がまだ弱い」と指摘した。

証文の出し遅れではないか。

内閣不信任案提出を検討 今国会解散へ谷垣氏
2012.8.18 14:51 産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120818/stt12081814520003-n1.htm
 自民党の谷垣禎一総裁は18日、名古屋市内で講演し、今国会での衆院解散・総選挙に追い込むため、衆院での内閣不信任決議案、参院での野田佳彦首 相問責決議案の提出をそれぞれ検討する考えを示した。「9月8日までの会期で政権側の出方を見ながら、不信任案や問責決議案をどう使うかを念頭に考えてい く」と述べた。
 香港の活動家らによる沖縄県・尖閣諸島上陸事件や韓国の李明博大統領の島根県・竹島訪問などの政府対応に関しては「甘く見られているところがある。もはや民主党政権が外交を立て直すのは不可能だ」と批判した。

一体、何処の報道機関かまごつくような報道が政治を歪めて来た。

売国政権と売国メデイアの跳梁跋扈を許してきた過去に清算を告げなければいけない。
一体、何処の報道機関かまごつくような報道が政治を歪めて来た。
竹島を巡っては、日本側に証拠が有り、国際司法裁判所に過去2回、提訴しようと
して来た。今回は3回目である。韓国が正当な権利を有するなら、避ける事は有り得ず、
韓国の無体、言い掛かりを許してきた。
それでは、日本側が対立を避ける理由は存在しない。

今回、李明博大統領の「謝罪要求」と言う事実を目にしたなら、
譲歩は決して国益にはならず、結果は亡国への道程になろう。
韓国に手を差し伸べる中日新聞社は批判されるべき存在である。
日本人は、早期解決には何等の希望も持ってはいない。
韓国に対する、正当な制裁案を確行する事を求めているのである。
韓国通貨(スワップ)停止は元の状態に戻す事であり、制裁と呼ぶ事に躊躇を覚える。
(他にも、経済制裁案が求められる。


http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1345308173/-100
【中日新聞社説】「竹島」国際提訴 対立拡大避ける忍耐を★4
1 :春デブリφ ★:2012/08/19(日) 01:42:53.89 ID:???0
 政府は島根県・竹島(韓国名・独島)の領有権問題で、近く国際司法裁判所に提訴す
る。韓国が拒否して裁判は成立しない見通しだが、韓国による実効支配は不法だと訴え
るのが狙いだ。
 政府が竹島領有権を国際提訴するのは一九六五年の国交正常化以来初めて。李明博大
統領が竹島を訪問したことへの対抗措置だ。

 日本は一九〇五年に竹島を島根県に編入した。第二次大戦終結を確認した五二年発効
のサンフランシスコ講和条約では、日本が放棄すべき地域が明記されたが、竹島は含ま
れなかった。これらが日本が領有を主張する根拠である。
 これに対し、韓国は島根県への編入は日本の植民地支配の過程で行われたから無効だ
と反発する。警察の警備隊を常駐させ、埠頭(ふとう)やヘリポートなどを造って実効
支配を強めている。強硬姿勢の背景には、黄海の排他的経済水域(EEZ)での漁船操
業をめぐって中国と争うなど、海洋の権益では譲歩できないという事情もある。

 裁判が不成立になったとしても、日本側は自国領土だと裏付ける資料の収集と国際法
の分析に力を入れる必要がある。「韓国の外交権を奪ったのと同じ時期に、竹島を領土
にした」という韓国の主張に対抗するには、古地図や古文書の分析も含めて、なお相当
な作業を強いられよう。
 日韓はこの十年余、「未来志向の関係」を掲げて交流と協力を拡大してきたが、双方
にとって非常に難しい時代も予想される。
(続く)
2012年8月18日
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2012081802000088.html
※前(★1:8/18(土) 07:49:11):http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1345279184/
2 :春デブリφ ★:2012/08/19(日) 01:43:23.18 ID:???0
(>>1の続き)
 韓国は来月にも竹島で防衛訓練をする予定で、今回海兵隊が上陸訓練をするとの情報
がある。日本が「仮想敵国」だとの印象を世界に与えかねない。軍は参加しないよう自
制を求めたい。

 次の争点は韓国人の元従軍慰安婦問題になるとみられる。李大統領は独立記念日の演
説で、戦時の女性人権問題だと指摘し、「両国の次元を超え、人類の普遍的価値に反す
る行為」だと強調した。国連など国際会議で、主張をより強めるのではないか。

 竹島と戦後補償の問題は年末の大統領選でも争点になろう。候補者が競って強硬姿勢
を示せば、国民に反日感情が広がり、日本側もまた反発するという「負の連鎖」になり
かねない。これでは未来志向の関係は崩壊してしまう。

 互いの国益を主張しながらも、対立を拡大させず、関係をどう再構築するか。外交の
忍耐強さと知恵が今まで以上に求められる。
(以上)
最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
456位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
205位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR