スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日本人だけは必ず絶滅させなければならぬ」と書いた韓国人記者 怠惰な国民性も「日本統治のせい」だと…

(1)序に変えて

時事解説ならば、時事通信の記事を上げなければならない。

抑揚の無い節度と言っては大げさな記事が慰安婦解決、参議院選挙の記事である。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160104-00000075-jij-pol
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160104-00000020-jij-pol

今年最大の関心事を、時事通信は心無しよな。

さて、ponkoさんのブログで絶賛の記事が野口裕之氏の記事である。
http://www.sankei.com/premium/news/160104/prm1601040008-n1.html

「日本人だけは必ず絶滅させなければならぬ」
これが朝鮮人の述懐ならば、何おか況(いわん)や。

世にヘイトスピーチ規正法を推進する人士や政党があるやに聞き及ぶが、
野党第一党の民主党からヘイトスピーチ規正法推進者がいるのは事実である。
日本人の口をふたぎ、日本人人種差別を推進する輩は、まさしく民主党国会議員のそれである。

(2)安倍晋三首相の外交報告
昨年12月28日の岸田外相訪韓から引き続く日韓の最大懸案である従軍慰安婦問題の最終解決協議である。
当初、日本人の多くは余りの卑屈な妥協案に、安倍も岸田も売国奴であるとののしった。

合意案の中身はアメリカの喜びそうなものであった。
東シナ海、南シナ海で軍事攻勢をとる中国との摩擦にアメリカがじれてきたと見るべきであろう。
それとも、合意案自体が西欧諸国、アングロサクソンのひなま狡さを象徴しているのだろうか?

合意案から数日と立たないうちに韓国国内世論は反対の姿勢をとった。
日本にたかり足りないと本音を暴露した訳である。少女像の撤去は合意案では努力目標に過ぎず、
合意案は口約束になってしまった。ただ、従来と違って合意協議内容は次第に漏れてメデイアの良い金づるになった。

「最終的かつ不可逆的に解決されることになった」
これが、日韓合意の最終の内容である。韓国政府が明文化を拒む筈である。
これに対して停滞凶などが反対している。その弁は、被害者が納得するまで謝るべきだと言うが、
実体は朝日新聞誤報によって日本人に加えられた残酷極まる冤罪である。
この朝日新聞集団訴訟は2万5千人にも及ぶ世紀の集団訴訟となっている。冤罪は晴らすべしである。

従がって、米国演出の日韓合意は心ある日本人には最終宣告とも見えたし、失望するものが多出した。

(3)参議院選挙について

この選挙の帰趨が憲法改正に結びつくか、関心の度は高まる。
(2)安倍晋三首相の外交報告と(3)参議院選挙についてそっけないのは、関心をもたれては困るとした時事通信の気持ちが
如実に表明されて、可笑しい限りである。そうして、衆参ダブル選挙の可能性も述べるべきである。

国会議員の多くは常在戦場と辻立ちの励む向きも見える。

安倍政権の可能性を増すには、野党の動向よりも与党の動向が日本の立場を強化する。
そうだろう。志位氏には日本の未来を作る力はあるまい。岡田氏の政治観もそうとうに怪しいものだと見ている。



2016.1.4 14:00更新
【野口裕之の軍事情勢】
「日本人だけは必ず絶滅させなければならぬ」と書いた韓国人記者 怠惰な国民性も「日本統治のせい」だと…

http://www.sankei.com/premium/news/160104/prm1601040008-n1.html

昨年9月3日、首都北京市で行われた抗日戦勝70年を記念する行事に出席した韓国の朴槿恵大統領(左端)と中国の習近平国家主席(左から3人目)。中韓両国は日本にとって厄介な隣国である(共同)
 近所に「すぐ激高し、何でも他人のせいにする、プライドだけは異様に高い」一家と、「バレるウソをついても顔色一つ変えず、自らが町内一偉いと信 じて疑わず、他家の敷地にわがもの顔で家を建てる」一家の、二家族が住んでいたなら、一刻も早く引っ越したいと願うはず。しかし、国家は引っ越せない。

「怠惰な国民にさせた」

 《…地球上で必ず絶滅させなければならぬ唯一の民族だと再確認している》
  最初は斜め読みしたので、ドイツ総統アドルフ・ヒトラー(1889~1945年)のユダヤ人絶滅宣言だと思ったら、冒頭に《日本人だけは…》とあった。マ トモではないと感じたら、韓国のニュースサイト《デイリー・ジャーナル》の編集委員だった。《倹約の美風を奪い、怠惰な国民にさせた》のも、日本統治の結 果、だとか。真に誇り高い民族は、自らを卑しめるこの種の言葉は決して口にしない。皇室への暴言も平気で、島根県・竹島を《日本領と主張するのは帝国主義 を放棄していないためで、日本はサルのように卑怯な国家だ。東日本大震災に続き、富士山を中心にもう一度天罰が下る》と書ける、常人とは異なる神経を持 つ。ジャーナリスト?にしては表現力も乏しい。
 直情径行で品性を欠く姿は、キレて暴走する不良少年のようだが、落ち着き払って壮大なウソをつく、老獪な長者気取りの方が格段に警戒が必要だ。例えば、2015年12月開催の《世界インターネット大会》での演説。
 「サイバー攻撃やネットを悪用したテロ活動は全世界の害悪に成っている/各国とネット犯罪を取り締まる司法協力メカニズムを整え、ネット空間の平和と安全を守る」
  声の主はまさしく「被害者」に違いない。サイバー攻撃対策で「世界の守護神」を宣言してもいる。2016年に伊勢志摩サミット(主要国首脳会議)、20年 に東京五輪パラリンピックを控えるわが国としては大歓迎すべき、実に頼もしい発言だ。が、声の主は「加害者」にして「世界の疫病神」。そう、中国の習近 平・国家主席(62)である。米連邦職員&元職員2150万人の個人情報と数千億円分の米企業秘密をハッキングした、史上最大の巨大窃盗事件の主犯が「ど の口」で? もはや「この口」が発する言葉は真偽の判定が不可能だ。

中国もウソまみれが伝統

 15年11月には西アフリカ・マリで起きた襲 撃で中国人3人が殺されたテロに「残虐行為を強烈に非難する/罪のない命を奪うテロ活動を断固として打ち砕き、世界の平和と安寧を守る」だって。新疆ウイ グルやチベットの少数民族虐殺は「残虐」ではないのか? 民主主義者や法輪功・キリスト教などの宗教信者への弾圧・拷問で「罪のない命」を奪ってはいない のか? 東シナ海や南シナ海での侵略行為は「世界の平和と安寧」を乱しているのではないのか? 
 ウソまみれは伝統文化。新興一族が王朝を武力で倒す《易性革命》の繰り返しをたどれば明らかだ。新興王朝の最初の大仕事は歴史の改竄で、自分の王朝の正当性を羅列し悪政を隠すべく、前王朝の歴史を徹底的に悪者として書き残し、都合の悪い歴史は《稗史》として葬るのだ。
  もっとも、ウソまみれを説明するため王朝時代に遡る必要もなく、中国建国以降で十分ではないか。支那事変初期の1937年、大日本帝國陸軍が中国人30万 人を殺したと“南京大虐殺”をでっち上げた。南京の人口は当時20万人程度。中国人は「緻密なウソ」が苦手なようだ。1989年の《天安門事件》も然り。

2015年11月20日は胡耀邦・総書記生誕100周年だった。経済・政治改革を目指し、民主化運動にも理解が有った胡は失脚させられ、共産党の腐 敗に抗議し1989年、憤死を遂げた。胡を悼み天安門広場に献花に訪れた学生・人民を、党指導部は「動乱」と決めつけ、人民解放軍の発砲などで殺戮する。 米政府は死者1万454人を含む死傷者4万人との情報を入手したが、共産党の発表は死者319人。少なく粉飾したつもりだろうが、民主主義国家で319人 を殺せば政権崩壊につながる。《反腐敗運動》の美名の下、反対派を粛清している習氏にしても、一族・一派は汚れ、腐り果てている。中国社会で真実を見付け る努力はかくも難しい。

空しく響く憲法前文

 ここで日本国憲法前文の一部をお復習(さら)いしたい。
  《日本国民は、恒久の平和を念願し》ても、中国は望まない。従って《平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意》 しても、「南京大虐殺」や「帝國陸軍による慰安婦の強制連行=性奴隷」などを捏造され裏切られ続ける。《専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しよ うと努めてゐる国際社会》に、中国や北朝鮮、ロシアなどは到底含まれぬ。中朝露《国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有す る》可能性もゼロ。
ところで2015年9月、中国共産党が演出する「ウソのオンパレード」を、目に見える形で堪能できたのは僥倖だった。北京で「挙行」された“抗日戦 争勝利70周年”を祝う軍事「パレード」は、露骨な「虚構」であった。大東亜戦争(1941~45年)において、わが国が負けたのは米国の軍事力である。 それ以前の支那事変(37~41年)を入れても、帝國陸海軍は国民党軍と戈を交えたのであり、しかも連戦連勝で、敗戦の年でも中国大陸では優勢だった。そ の間、共産党軍は「遊撃戦」と称して引きこもり、主要な対日戦闘より逃げまくる。
 朴槿恵・大統領(63)が天安門城楼にすまし顔で立ち、 軍事パレードを観兵した韓国の場合、中国共産党と比べさらに連合国資格がない。日本に併合された朝鮮は枢軸国として戦った。国際法上も実態上も連合国詐称 は無理スジだ。狂ったように工作したが、サンフランシスコ講和会議(51年)へのオブザーバー参加すら拒絶された。
 朴氏は、韓国軍が朝鮮戦争(1950~53年休戦)で死闘を繰り広げた人民解放軍を、どんな思いで観兵したのだろうか。あるいは、長いモノに巻かれる事大主義なる遺伝子上の病が再発し…(政治部専門委員 野口裕之/SANKEI EXPRESS)





慰安婦「解決」を強調=安倍首相が外交報告
時事通信 1月4日(月)16時4分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160104-00000075-jij-pol
 安倍晋三首相は4日、衆参両院本会議で外交報告を行った。
 慰安婦問題をめぐる昨年末の日韓合意について、「最終的かつ不可逆的に解決されることになった」と強調。「これをもって日韓関係が未来志向の新時代に入ることを(韓国側と)確認している」と述べ、成果を訴えた。
 中国が進出を強める南シナ海問題に関しては「力による現状変更は行ってはならない、平和的に国際法にのっとって解決すべきだ、などの原則を提唱したが、着実に国際社会に浸透しつつある」との認識を示した。



参院選、自公過半数目指す=憲法改正も議論―安倍首相年頭会見
時事通信 1月4日(月)10時13分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160104-00000020-jij-pol
 安倍晋三首相は4日午前、首相官邸で年頭の記者会見を行った。
 夏の参院選について、自民、公明両党で過半数を目指す意向を表明。憲法改正に関しては「参院選でしっかり訴え、その中で国民的議論を深めていきたい」と語った。衆院解散による同日選の可能性は「全く考えていない」と述べた。
 首相は参院選の争点について、「3年間の安倍政権に対する評価と、1億総活躍社会について、国民の審判をいただきたい」と指摘。これまでのアベノミクスの成果を「もはやデフレではないという状況をつくり出した」と訴えた。
 2016年を「未来へ果敢に挑戦する1年」と位置付けた首相は、自らが掲げた希望出生率1.8や国内総生産(GDP)600兆円などの目標達成に全力を 挙げる意向を表明。4日召集された通常国会に関し、「歳出規模3.5兆円の補正予算によってロケットスタートを切る」と語り、15年度補正予算案の成立を 急ぐ考えを示した。
 日本が議長国を務める5月の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)の課題については「世界経済、テロとの戦い、貧困や開発、アジア太平洋情勢を議論した い」と強調。北方領土問題では「首脳間のやりとりなしに解決できない」と指摘し、プーチン・ロシア大統領の訪日に関し「引き続き適切な時期を探っていきた い」と述べた。 


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
495位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
223位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。