【主張・慰安婦財団】 慰安婦問題蒸し返さぬ合意、朴政権は確実に履行せよ


2016.6.1 05:02更新
【主張・慰安婦財団】
慰安婦問題蒸し返さぬ合意、朴政権は確実に履行せよ

http://www.sankei.com/world/news/160601/wor1606010003-n1.html

 韓国政府が元慰安婦の支援を目的とした財団設立に向け準備委員会を発足させた。昨年末の日韓合意に基づくものだ。
 慰安婦問題を蒸し返さないための合意を朴槿恵大統領が確実に履行するのかを注視したい。
 日韓合意は両国外相がそろって記者会見し、慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を表明した。日韓関係の重要さを踏まえ、国際社会に向けた約束である。しかし、これまでの韓国側の姿勢は合意を守る気があるのか疑わせる。
 それを象徴するのが在韓日本大使館前の公道に設置された慰安婦像が、いまだ撤去されていないことである。合意では財団に日本政府が10億円程度を拠出するほか、韓国は慰安婦像撤去に努力することがあげられていたはずだ。
  韓国政府は民間が設置したことを逃げ口上に、対応を取っていない。準備委員会の委員長で財団理事長に就く見通しの金兌玄(キム・テヒョン)誠信女子大名誉 教授も民間設置を理由に、10億円拠出と慰安婦像は「関係ない」と述べた。見識を疑う。日本をおとしめる慰安婦像の放置は明らかに合意を損なう。
 慰安婦像のまわりでは反日集会などが繰り返されてきた。合意以前に、無許可で設置され違法だ。公館の安寧、尊厳の維持などの観点からも問題であり、韓国政府が即刻対処するのが、国際常識ではないのか。
本来、慰安婦問題を含め戦後補償問題は昭和40年の日韓請求権協定で解決済みである。国際法を順守しない韓国政府が問題を蒸し返してきた。
  4月の韓国総選挙で与党セヌリ党が敗北するなど朴大統領は厳しい政権運営が続く。元慰安婦支援団体や野党には合意に反発する動きもある。韓国側は過去に日 本側の謝罪を受け慰安婦問題の決着を表明しながら、政権が代わり態度を変えた経緯がある。また合意を反故(ほご)にすれば、韓国の国際的信用は失墜しよ う。
 財団では、慰安婦問題の「記念館」設立も考えられているというが、事業内容が反日的なものであってはならない。
 慰安婦問題で看過できないのは、「日本軍が強制連行した」「性奴隷」などとする事実のねじ曲げで日本の名誉が傷つけられていることだ。事実を歪(ゆが)める行為には日本の名誉を守る主張を躊躇(ちゅうちょ)せず行うべきだ。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
549位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
261位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR