FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

希望の党 御輿なき祭りに終わるか



衆議院が解散して、メデイアには大儀なしという論説があがった。
解散から1週間は民進党の解党、希望の党への合流で賑わったが、
旧民主党の堕落から始まる害悪は、日本国民の安全までも、脅かし始めた。
民進党の分裂で、右派は希望の党へ(これがまた、信じられない有様)
左派は、立憲詐欺党へ新党立ち上げを果たした。此処に極左、ごみだめが
統一した、後は、共産党の始末に成った訳である。

小池都知事は、どうやら、国政選挙には出られない理由があるらしい。
おと喜多都議ら2名の離党騒ぎは、都議会都民ファーストの事情を示している。
今は、小池氏の挙げるアドバルーンを待っている。劇場型政治の小泉政治は
限界を露呈した。小沢氏の発案とも今期の状態が示している。

何はともあれ、重要なのは、北朝鮮核ミサイルから日本国民を守る論議である。

数合わせの政局から、メデイアは政策論争に進む時期が来た。




2017.10.5 05:03更新
【主張】
希望の党 御輿なき祭りに終わるか

http://www.sankei.com/column/news/171005/clm1710050002-n1.html

唐突な政党結成の発表に始まり、民進党からの合流者を厳しく選別するかと思えば、一挙に200人近くの候補者を擁立する。
 希望の党の小池百合子代表(東京都知事)の手法はそのつど、話題を集めている。
 だが、この政党は日本の将来をどう描いているのか、という肝心のことがどれだけ見えてきただろう。
 小池氏は、今度の衆院選を政権選択と位置づけながら、誰を首相候補にするのかをはっきりさせていない。それが最大の理由ではないか。
 しかも、小池氏は自らの出馬を否定している。いわば、真に国政に責任を負うという意味での「御輿(みこし)」を持たないまま、祭りを始めている。有権者は戸惑わざるを得ない。
 首相指名選挙は衆院選後の特別国会で行われる。新議員らの最初の仕事だ。憲法67条の規定で、国会議員しか首相になれない。衆院選に不出馬なら、小池氏は首相を目指さないということだ。
 小池氏や側近とされる若狭勝前衆院議員は、首相指名選挙の対応を問われても、衆院選の結果を見て判断すると繰り返している。
すでに第1次公認で192人を立て、最終的には衆院定数の過半数(233)を擁立する方針だ。民進党が瓦解(がかい)したあとの政界で、政権の受け皿になると宣言しているのに、戦う前から日和見の姿勢を取るのはどうしてなのか。
 衆院選後に選ばれる首相は、来日するトランプ米大統領と同盟国同士の話し合いを行う。北朝鮮危機など多くの難局に当たる。
 その担い手は安倍晋三首相なのか、それとも別の政治家であるべきか。有権者が選択を行ううえで大きな判断材料となる。
 小池氏は、産経新聞のインタビューで「国会議員の一人になっても意味がない。東京都が(改革の)範を示し、日本全体に広げていく」と語った。
 国政の改革が遅いと強調する趣旨だが、都政と国政の機能や役割は基本的に異なる。両者を並列で語るのはわかりにくい。
 与野党の党首が、国の進路を競い合う党首討論を国会で行うのも、無意味だと言いたいのか。
 国のかじ取りをし、法律や予算を議決するのは国会議員の仕事である。それを軽視することはできない。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
430位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
194位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。