FC2ブログ

立民・枝野…逃げた!? 皇室廃止論者、立憲民主党


女性宮家創設は、小泉政権、悪夢党野田佳彦が推進した。

立憲民主党は、その出自に明らかに、皇室廃止を宣言したも同様であり、
共産党、国民民主党は、少しずつ論点を変えながら、究極的には、
皇室廃止を目論む格好である。

親和性の高い友党、共産党志位氏は、
「天皇の地位を、男性に限定する合理的な理由はない」
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/190607/pol1906070007-n1.html?ownedref=not%20set_not%20set_newsRelated
と言うが、皇室典範には男子が後継と記述している。

すると、志位氏は「伝統と、日本国憲法の規定が矛盾したら、憲法を優先するのが当然だ」と驚くべき発言をした。
今年は、皇紀2679年である。精々、70年程度の憲法の尺度で、伝統を測る痴れ者である。

また、「世襲により象徴が決まるのは、人間の平等、民主主義に両立しない」とも言う。
家も国家も、世襲が当然である。世襲が認められない論拠を述べてみよ。
何処の馬の骨が、日本国民の敬愛など受けれる筈が無かろう。(しいのように)



「女系天皇」「皇統の終わり」容認は事実か 本紙記者が会見で立民・枝野氏を直撃も…逃げた!?「党の結論出さない」
2019.6.12
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/190612/pol1906120005-n1.html?ownedref=not%20set_not%20set_ranking

 立憲民主党の枝野幸男代表は11日、東京・内幸町の日本記者クラブで記者会見した。この直前、共同通信が「立憲民主 女系天皇を容認」という記事を配信した。事実なら、同党は共産党と同じく、皇位継承の「男系継承」という伝統を無にして、「皇統の終わり」を容認する政党になるのではないか。夏の参院選で有権者が1票を投じる際の、重大な判断基準にもなり得る。枝野氏を直撃した。(報道部・村上智博)
立憲民主党

 共同通信によると、立憲民主党は11日、安定的な皇位継承を確保するための論点整理を発表したという。「女系天皇」や「女性天皇」「女性宮家創設」のいずれも容認するというが、「女系天皇容認」は、日本や皇室の伝統を破壊しかねない大問題だ。
 皇室制度に詳しい麗澤大学の八木秀次教授は「万世一系とされる皇統は一貫して男系継承で、天皇の正統性の根拠といえる。126代の天皇はこの原理を外れたことはない」といい、以下のように指摘している。
 「過去の女性天皇は『男系の女子』」「女性天皇のお子さま(女系)が天皇になったケースはない」「皇位は直系継承ではなく、あくまで男系継承である」
 つまり、「女系天皇」が誕生すれば、その時点で126代続いた皇位継承の「男系継承」という基本を外れ、「皇統の終わり」を意味するのだ。
 日本記者クラブの会見ではこうした点を指摘したうえで、枝野氏に党の見解をただした。
 枝野氏は「(共同通信の)報道はミスリードだ。象徴天皇制をめぐって党内で論点整理はしたが、結論は出していない(=決めていない)。『わが党はこうだ』『あの党はこうだ』となると、幅広い『国民合意』にはならず、象徴天皇制の不安定化を招く」と返答した。
 これは妙な理屈だ。
 立憲民主党が、いわゆる「象徴天皇制」を壊しかねない「皇位継承の変更」を容認したと報じられている。記者は食い下がった。
 すると、枝野氏は「各党の考えはそれぞれあっても、静かな環境下で議論するのが大事だ。党としての結論は出さない。どの党も出すべきではない」といい、回答を拒否したのだ。
 これでは、有権者は「立憲民主党の皇室観」を判断できない。立憲民主党には、政府・与党の答弁逃れを批判する資格はない。
 ちなみに、共産党は「女系・女性天皇を容認」と打ち出し、国民民主党は「女系天皇には反対、女性天皇は賛成」と公表している。共産党は2004年に改定するまで、党綱領に「君主制の廃止」を掲げてきた。
 前出の八木氏は「枝野氏は『逃げた』と言われても仕方ないのではないか。共同通信の報道通りなら、立憲民主党は、共産党と同じ方針(=女系天皇容認)を固めたことになる。衣の下に鎧(よろい)を隠したままで、(女系天皇に)賛成、反対の両方から支持を得る狙いなのか。将来の皇室のあり方は参院選の争点にはなじまないが、各党がどんなイデオロギーを持つかを知るリトマス試験紙になる。各党とも、皇室観を明確に打ち出すべきだ」と指摘した。


(1) 「日本国憲法には日本国民統合の象徴と位置付ける天皇の地位を、
 男性に限定する合理的な理由はない」

(2) 「伝統と、日本国憲法の規定が矛盾したら、憲法を優先するのが当然だ」

(3-1) 「将来の存廃は、国民の総意で解決されるべきだ」

(3-2) 「世襲により象徴が決まるのは、人間の平等、民主主義に両立しない」

(3-3) 「国民の総意が変われば、天皇の地位も変わる。当然だ」

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
489位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
230位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR