FC2ブログ

「韓国は完全な素材の国産化は出来ない」 韓国の反応


日韓経済戦争ですか?

3品目で、韓国壊滅の夢??


【日本輸出規制】韓経研「資源不足の韓国は、素材·部品の完璧な国産化は夢に過ぎない」「韓国は完全な素材の国産化は出来ない」 韓国の反応
2019年08月13日
http://blog.livedoor.jp/sekaiminzoku/archives/53696552.html

 海外の反応 韓国

全国経済人連合会(全経連)傘下の韓国経済研究院が主催した日本輸出規制に関するセミナーで、日本従属論や大企業責任論を警戒すべきだという主張が提起された。

また素材·部品産業の韓日技術格差は、化学物質関連規制の強度でも始まったという理由で規制緩和要求も出た。

韓経研が12日、ソウル汝矣島(ヨイド)全経連会館で開催した「素材・部品産業、韓日の格差の原因と競争力強化案」セミナーで、最初の発題を受け持った李ドクファン西江大学教授は「素材部品競争力強化をめぐる議論は、グローバル貿易構造と科学技術に対する理解を基に開始されなければならない」と強調した。

李教授は「韓国の半導体と日本の素材産業はグローバル分業と協業の代表的な成功事例」とし、一部で提起された韓国半導体の日本素材産業従属論と、科学技術界の素材部品産業を無視する、大企業の中小企業育成回避主張に否定的な見解を示した。

特に李教授は韓国素材部品産業の競争力強化の必要性を強調しながらも「資源不足国家として必要素材を輸入しなければならないので完璧な国産化は夢にすぎない」と指摘した。

「日本輸出規制の対象である高純度フッ化水素の脱日本化は、中国産の低純度フッ化水素、または蛍石と硫酸輸入の増加を意味するだけ」と説明した。

同氏は「素材の輸入は拒否しながら、完製品は輸出するという発想は自由貿易の原則にも反するもの」とし「韓国は国家間の分業と協業を基盤とする自由貿易体系の先導国家としての原則を固守しなければならない」と主張した。

二番目の提案者として乗り出したイホンベの東義(トンウィ)大学教授は、韓国素材部品産業が1千億ドル以上の黒字を示したが、依然として生産技術の差異から、日本には大きな幅の赤字を見せたと明らかにした。

李教授は、対日素材部品の赤字が2000年103億ドルから2010年242億ドルで最高値を更新したが、昨年151億ドルに減少したのは、技術格差減少と双方向の分業構造の定着によるものと分析した。

しかし李教授は、日本素材部品産業は高度な技術力を土台に高付加価値を創出するのに比べ、韓国の素材部品産業は中技術開発に偏っていると指摘した。

彼は10年内に韓国の技術水準が日本の99.5%まで高くなっても、残った0.5%の差が日本の中核的な競争力と存在することができるとし、中間技術品目を中心の生産協力とともに、技術投資、官民協力、共同法人の設立などを解決方法として提示した。

最後の提案者として出た漢陽(ハンヤン)大学の郭魯成(クァク·ノソン)教授は、韓日格差の原因として化学物質評価と管理規制の違いを挙げた。

郭教授は「化学物質評価規制の強度は、日本、米国、欧州連合(EU)、韓国の順で、日本と韓国が鮮明に対比される」と述べた。

同氏は、「日本と米国は新規物質だけを申告するが、韓国の化学物質登録および評価に関する法律(化評法)は新規と既存物質をすべて申告しなければならない」という点を挙げた。

同氏は「既存の物質申告制を運用するEUと比較しても、専門人材の質的力量と量的差によってEU方式は韓国で混乱を招くだけで、実行不可能」と主張した。

郭教授はまた、化学物質管理関連法律面でも日本リース法は562種を管理するが、韓国リース法は1940種以上に管理対象が約3.5倍の差を見せているという点も指摘した。

これは、「有害性(毒性)だけを評価する韓国とは違って、日本は露出量を考慮した評価を通じて、危害性の高い物質管理に集中しているためだ」と説明した。

氏は、「韓国の化学物質安全規制は、化評法と化官法の他にも、産案法でも管理されているが、物質登録は法律ごとに別途、管理体系は重複しており、非効率性が高い」とし、関連法律の全面的財政費や化学物質規制を,日本レベルに緩和する案を提案した。

また、韓経研の権泰信(クォン·テシン)院長(全国経済人連合会副会長)は開会のあいさつで、「素材部品産業の活性化に向けた様々な対策が議論されているが、最も根本的な解決策は企業環境改善によるグローバル競争力の確保」とし、規制を緩和すべきだと主張した。


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
291位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
134位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR