スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

習志野自衛隊で「降下訓練始め」-1万5000人が来場 /千葉

空挺降下写真(無料倉庫から借用)
空挺降下写真(無料倉庫から借用)


習志野自衛隊で「降下訓練始め」-1万5000人が来場 /千葉
みんなの経済新聞ネットワーク 1月12日(木)20時34分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120111-00000064-minkei-l12
 自衛隊習志野駐屯地(船橋市薬円台3)の演習場で1月8日、自衛隊唯一の空挺(くうてい)部隊である「第一空挺団」の新年最初の訓練「降下訓練始め」が行われた。(船橋経済新聞)

 降下訓練始めは1969(昭和44)年から、一年間の降下訓練安全を祈る「開傘祈願祭り」として部内で行われてきたものを1974(昭和49)年に一般 公開したのが始まり。1976(昭和51)年には防衛庁(当時)長官の視察を受けるようになり、現在では年頭行事として防衛大臣を迎えている。

 今回の降下訓練始めには航空自衛隊航空支援集団、陸上自衛隊第一ヘリコプター団、東部方面航空隊、富士指導団、中央即応連隊、航空学校霞ヶ浦校の支援を受け、落下傘による降下とヘリコプターを使用した訓練戦闘を行った。

 訓練への総参加人数は約400人、支援航空機18機(C-1×2機、C-130×2機、CH-47J×5機、AH-1S×2機、UH-1H×4機、 OH-6×1機、OH-1×1機、AH-64×1機)、支援車両41両(74式戦車×2両、89式装甲戦闘車×2両、96式装輪装甲車×2両など)で行わ れた。

当日は約1万5000人が来場した。

陸自第1空挺団が降下訓練
1月8日 15時50分 NHKニュースWeb
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120108/t10015130221000.html
陸上自衛隊でただ一つのパラシュート降下部隊「第1空挺団」が、千葉県にある演習場でことし初めての降下訓練を行いました。
陸上自衛隊の第1空挺団は、パラシュートを使った機動力で上空から地上に展開する能力を持つ部隊 で、テロや海外派遣などに対応する「中央即応集団」の中核を担っています。千葉県船橋市の習志野演習場で行われた、ことし初めての降下訓練では、東京タ ワーとほぼ同じ高さの340メートルの上空を飛行する輸送機やヘリコプターから隊員が次々に飛び出し、パラシュートを巧みに操りながら地上に降り立ちまし た。そして、小銃など身に着けていた装備を手に素早く演習場内に展開し、上空のヘリコプターの支援を受けながら、奪われた陣地を取り戻すという想定で、訓 練を行いました。8日の訓練には、一川防衛大臣が視察に訪れ「第1空挺団は東日本大震災の過酷な状況の中でも災害派遣任務を完遂し、高い能力を証明した。 国民の信頼と期待に引き続き応えるためにも、隊員が一丸となってことし1年、訓練に励んでほしい」と訓示しました。



当日の写真は下記にあります。(御参照を。)
IMPC-JP ブログ
http://navy.ap.teacup.com/impc-jp/325.html
2012/1/12
「習志野 空挺降下初め 2012 その1」 




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
649位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
293位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。