スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改造内閣、あちこちに“時限爆弾”!真紀子“夫”実は防衛素人

改造内閣が始動して何かと話題になっている。

>「ベストの布陣」 首相が改造人事を自賛 
2012.1.15 22:27 [野田首相] 産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120115/plc12011522280006-n1.htm

首相の言う事は一番信用のならない物だろう。年明け早々に
問責閣僚を擁護したのは記憶に新しい。今回は5閣僚を切った
という事で安心感も一塩と予測する。ただし、チビと小宮山を
残したのは逸機だった。


>改造内閣、あちこちに“時限爆弾”!真紀子“夫”実は防衛素人
2012.01.14 zakzak
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20120114/plt1201141517007-n1.htm

記事によると、またも国防軽視で素人を採用したつけが
回って来そうだ。野田内閣だけに留まらずに、国民に直に
回りそうで、たたりが怖い。

>田中防衛相、いきなり迷走 
1.15 22:22 [自衛隊]産経新聞(半沢尚久記者)
http://sankei.jp.msn.com/politics/topics/politics-14750-t1.htm
>田中直紀防衛相は15日のNHK番組で、自衛隊の海外での武器使用基準緩和と「武器輸出三原則」緩和を混同するなど安全保障に関する「素人」ぶりを 露呈した。>米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題でも、日米協議の内容を暴露しただけでなく、代替施設を年内に着工したいとの考えを表明。政府高官 が着工時期に言及したのは初めてだが、番組後「そこまでは難しい」と直ちに軌道修正した。
>国連平和維持活動(PKO)の基礎知識欠落も目を覆うばかりだ。「『3条件』があり適合して要請があれば派遣する」と述べたが、PKO協力法に基づく自衛隊の参加条件は5原則であって3条件ではない。
> 5原則のひとつである武器使用基準について問われると「PKOで使った橋や道路を建設する機械は(その)国に置いてこられるように検討している」と得意げ に答えた。だが、これは昨年末に決定した「武器輸出三原則」緩和のことで、武器使用基準について4度問い直されても三原則の緩和内容を繰り返した。
>15日には南スーダンPKOに参加する陸上自衛隊の先遣隊が同国に到着した。自衛隊では武器使用基準緩和を求める声が強かったが検討を停滞させたのは国会で質問されるのを恐れた一川保夫前防衛相だった。
>「安全保障は素人」と自認した一川氏の後任として、質問の意図すら理解できない田中氏を「適材」として投入した首相の任命責任は今度こそ免れない。
(抜粋引用終わり)

改造後もどこから破綻するか知れない様相で目の離せない政局が
続きそうである。人を得ない国の迷走は国民を苦しみの淵に追いやる。
為政者はその事を思うべきである。
既に民意は政権を離れ、総選挙後に夢を追っている。
それに答えるのが、思いやりと民主主義の当然の姿だろう。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
431位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
195位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。