スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改造しようと何しようと、民主党政権の存在意義はもう終わっている

内閣改造について、議論を深めたい。

>永田町幹竹割り   杉浦正章 さん
◎「岡田副総理」でも政権浮揚はあるまい
http://thenagatachou.blog.so-net.ne.jp/

杉浦氏は岡田副総理の政治的見解を説いている。
参照に値する意見である。

blogos
>改造しようと何しようと、民主党政権の存在意義はもう終わっている
2012年01月13日 17:14  yas
http://blogos.com/article/29336/

似非保守の松原仁が唯一好人事と評価している。

その一方、法相は扱き下ろしている。

小川敏夫の名前は安倍内閣での国会質問で高名である。
当時は従軍慰安婦問題と言ったが、現在は売春婦と言うのが正しい。
>アメリカ合衆国下院121号決議に異議を唱える安倍晋三首相に対して、
「謝らなければいけない立場なのに 『(慰安婦の)証言は事実無根』と言っても国際世論は賛同しない」 と批判をしている。
>この批判を受けて、安倍が「戦後六十年、日本は自由と民主主義、基本的な人権を守って歩んでまいりました。そのことは国際社会から高く私は評価されている ところであろうと、このように思います」
>「(小川は)殊更そういう日本の歩みをおとしめようとしているんではないか」と述べたことに対し「大変な暴言」 「今度は下院、院全体で決議が出るかもしれないと。そのことによって生ずる我が国のこの国際的な評価、これが低下することを憂えて言っているんですよ」と 反論した。


これまでの政治活動で明らかなように、反日の特アになびき、亡国の外国人参政権を推進しょうとする危険な議員。自虐史観の信奉者であり、でっち上げられた従軍慰安婦の問題も一方的に韓国側の応援団として日本を煽ってる。
「在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟」に参加

売国者が法相という伝統も守られたわけである。


筆者は続いて興味深いことを言っている。
是非、参照されたい。

まとめとして
>わたしはこのことだけを取っても、民主党は下野すべきだと思う。
>政治主導の旗を降ろした段階で、民主党政権の意義も存在価値も終わった。
>解散総選挙を声高に叫ぶことに、何ら躊躇はない。

賛成である。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
431位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
195位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。