【政治】 野田首相 「崖っぷちは民主党ではなく日本と国民」

野田首相は 「崖っぷちは民主党ではなく日本と国民」と述べた。
崖っぷちにした元凶は民主党政治の2年間だろう。
それをさし置いて、国民を恫喝するとは飽きれた信条である。
混迷の政局は菅の時代からで、野田は継承者に過ぎない。
社会保障一体改革などと言い換えても、増税は増税に過ぎない。
開き直る道理が有るとも見えない。政治主導は当の昔に放棄して
官僚主導の軍門に下るのは敗軍の弁である。
しかも、消費税増税となれば、解散は自明の理である。
衆院解散に踏み切れば、困るのは民主党の有象無象である。
恫喝の対象を間違えるものではない。

fugafugaプラス
>【政治】 野田首相 「崖っぷちは民主党ではなく日本と国民」
>「野党が消費増税つぶすなら解散も」→自民・大島氏「野党や国民を恫喝」★2

2012/01/17(火) 14:34:22.70
http://fugafugaplus.ldblog.jp/archives/5094563.html
・自民党の大島理森副総裁は17日午前、野田佳彦首相が16日の民主党大会で、
 消費税増税関連法案の審議次第では衆院解散に踏み切る考えをにじませて野党を
 牽(けん)制(せい)したことについて「法案もまだ提出していない段階で、他の政党や
 国民に向かって恫(どう)喝(かつ)する発言は許せない」と強く批判した。

 その上で大島氏は「国会の議論はいらない、なんでも私の話を聞けと言うのは、
 憲政の大道でもなければ常道でもない。さもなくば解散だというなら、堂々とその
 解散をおやりになったらいい。(首相の)底が見えた感じだ」と述べた。党本部で
 記者団に語った。
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120117/stt12011711380002-n1.htm

※元ニュース
・野田佳彦首相は16日、東京都内であった民主党大会で、消費増税法案の成立後に
 衆院の解散・総選挙を実施する意向を重ねて示した。そのうえで「野党に法案を
 つぶしたらどうなるのかを考えていただく」と述べ、与野党協議に否定的な自民、
 公明両党を強く牽制(けんせい)した。野党多数の参院で法案が否決されれば、衆院解散に
 踏み切る覚悟で臨む姿勢を強調したものだ。

 首相は消費増税と社会保障一体改革などを改造内閣の課題に挙げ、自公両党が
 与野党協議に応じない場合の国会運営について「どうしても理解いただけない場合は
 参院に送って考えていただく手法も採用する」と主張。衆院で強行採決を辞さずに可決した
 うえで、参院に法案を送って野党の抵抗を国民に見せる戦略をとる考えを明言した。
 また「不毛な政局談議はやめ大局に立って奉仕することが求められている。崖っぷちにいるのは
 民主党ではない、日本と国民だ」とも強調した。これらの発言は、衆院解散をちらつかせることで
 野党を協議に引き込む狙いがある。
 http://www.asahi.com/politics/update/0117/TKY201201160675.html

※前:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1326768550/
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
383位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
170位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR