女性宮家創設「早期に結論を」…首相  読売新聞

>首相、女性宮家創設は「早期に結論」 
産経新聞?1月17日(火)16時50分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120117-00000578-san-pol
 野田佳彦首相は17日、「女性宮家」創設をめぐる皇室典範改正について、「早く結論を出すべき緊急性のテーマだ。女性宮家創設に限って議論する」と述べた。産経新聞社などのインタビューに対し答えた。



>女性宮家創設「早期に結論を」…首相
読売新聞?1月17日(火)18時55分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120117-00000912-yom-pol
 野田首相は17日、首相官邸で内閣記者会のインタビューに対し、皇族女子が結婚後も皇室にとどまることを可能にする「女性宮家」創設について、「放置す ると、おそらく悠仁親王(のご成人)の頃には、皇室の方があまりいらっしゃらなくなる。問題点を絞り、早く結論を出すことも大事だ」と述べた。

 政府として皇室典範改正の素案を早期にまとめる考えを示したものだ。
最終更新:1月17日(火)20時55分


>消費税解散 首相、改めて覚悟 大連立「状況にない」
産経新聞?1月18日(水)7時55分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120118-00000087-san-pol

>野田佳彦首相は17日、産経新聞などのインタビューに応じ、消費税増税を柱とする社会保障と税の一体改革に関し、「物事が進まない場合にどうしたらいい かということを昨日、示唆した」と述べた。首相は16日の党大会で、消費税増税関連法案の成立に向けて「野党がつぶしたらどうなるか」と述べて、衆院解 散・総選挙も辞さない考えを示しており、この日も「消費税解散」への覚悟を改めて示した形だ。
>一方、皇室典範改正について「天皇、皇后両陛下のご公務の負担を減らすため、緊急性 がある。『女性宮家』創設に限って議論する」と述べた。

(抜粋引用終わり)


首相が女性宮家創設に邁進する意図は皇統の断絶である。

読売新聞が書くように、政府として皇室典範改正の素案を早期にまとめる考えを示した。
と言うのは、反対の声が高まらないうちに既成事実を積み上げておこうと言う意図である。


野田首相が朝敵ともみなすべき執念で「女性宮家」創設に突き進む姿勢は猪突猛進と言えよう。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
615位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
286位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR