スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

存在自体が憲法違反 の 民主党

>民主党は、その存在自体が憲法違反

>政府答弁書 民主党代表選の在日外国人投票は
「お答えする立場にない」
2011.6.24 11:51 msn
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110624/plc110624115500
13-n1.htm
 政府は24日の閣議で、民主党代表選に在日外国人が党員・
サポーターとして参加できることについて「政党内の手続きに関す
るものであり、政府としてお答えする立場にない」とする答弁書
を決定した。
 自民党の熊谷大参院議員の質問主意書に答えた。
 民主党は党員・サポーターの資格要件として「18歳以上の個人
(在外邦人および在日の外国人を含む)」と定めている。しかし、
国政選挙の参政権が認められていない在日外国人が、事実上、
首相を選ぶ同党代表選に参加するのは憲法違反との指摘がある。

>オイオイ答えなきゃならない立場だろ。
行政府は、国民が主権を行使した上で成り立ってる。
国民主権は憲法に明記されている。
そして政府は憲法を遵守する義務を負っている。
どう考えたって「外国人は日本国の首相を選べない」と
答えなきゃだめだろうが!
(以上、コメントと共に引用)

民主党は、憲法違反を何度繰り返すのだろうか。
小沢氏の憲法解釈も、詐欺師菅の憲法解釈も、庶民には馴染まない。
世間一般でも曲学阿世の論と看做されるだろう。
政府の立場とは、何か、是非聞きたいものと思う。
まさか、韓国政府とは答えないだろうとは、思うが。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
649位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
293位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。