スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国家公務員採用、7割以上削減を…岡田副総理

国家公務員採用、7割以上削減を…岡田副総理
読売新聞 3月9日(金)15時34分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120309-00000732-yom-pol
 2013年度の国家公務員新規採用について、岡田副総理が09年度の上限(8511人)比で各府省全体で7割以上削減するよう指示していたことが9日、分かった。

 実現すれば上限は2500人程度となる。
 政府は6日の行政改革実行本部(本部長・野田首相)で、09年度比で4割超、12年度比で2割超の新規採用削減を目指す方針を決めているが、消費税率引き上げを柱とする社会保障・税一体改革に国民の理解を得るため、削減率の上積みを図ることにした。
 府省ごとの削減率は業務内容に応じて違いを設ける方針で、定員管理を担当する総務省が各府省と調整している。ただ、政府内では「業務遂行に支障が出る」との指摘も出ており、岡田氏の指示通りに削減が実現できるかどうかは見通せない状況だ。
最終更新:3月9日(金)16時4分


橋下市長の政策が人気のあるワケ(民主党の人件費削減と比較して) - 凜
2012年03月10日13時14分提供:BLOGOS
http://blogos.com/article/33736/
1 『読売新聞』の記事
 (略)
2 新規採用削減
 この公務員の削減自体が、民主党の苦肉の策である。
 新規採用の削減は結果として、組織に若い人を減らし、将来の組織構成をアンバランスにする
最悪の政策である。
3 政策の実現可能性
 問題のある新規採用の削減ですが、実現不可能です。
 明らかに人気取りの目的で7割に増やした。
4 橋下市長の事例
 政治家は始めに実現可能性と、自分の政策が与える影響について徹底的に考えてから行うべきです。その1つの例として、橋下大阪市長の戦略があります。
 (『産経新聞』「『大阪市職員数、4年で半減』 戦略会議で方針確認」)。
 記事によると「市営地下鉄・バスの職員や市立病院、水道局、ごみ収集担当職員など約1万6400人については、橋下市長が市長選公約などで掲げた民営化や独法化など経営形態の見直しで、非公務員化を図る」とのことです。 
(抜粋引用終わり)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
431位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
195位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。