防衛大学校卒業式 野田首相、訓示で北朝鮮情勢などに触れ「国を守る責任の重さ」強調

桜の花


防衛大学校卒業式 野田首相、訓示で北朝鮮情勢などに触れ「国を守る責任の重さ」強調
フジテレビ系(FNN) 3月18日(日)12時38分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20120318-00000430-fnn-pol
神奈川・横須賀市にある防衛大学校で18日、卒業式が行われ、野田首相は訓示で、北朝鮮の動向など厳しい安全保障環境での「国を守る責任の重さ」を強調した。
野田首相は「わが国の周辺における安全保障環境は、厳しさを増してまいりました。国防の任をしっかりと全うしていただきたいと思います」と述べた。
野田首相は、「核・ミサイル問題を抱える北朝鮮」、「軍事力を増強し、周辺海域における活動を活発化している中国の動向」を挙げ、「自衛隊の役割がますます大きくなっている」と訓示した。
2012年は384人が卒業し、民間企業への就職などを理由に任官を辞退したのは、例年より大幅に少ない、4人にとどまった。
卒業生のうち、女子学生は32人、留学生は12人だった。
最終更新:3月18日(日)13時22分


北朝鮮、中国の動向「不透明」=首相、防大卒業式で訓示
時事通信 3月18日(日)13時9分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20120318-00000032-jij-pol&s=lost_points&o=desc

(コメント紹介。)

防衛大学なんだからそんなことはみんなわかってる。重要なのは実戦的装備拡充と実戦ができる法整備をやるかどうかなのに一言もないってのは精神力でアメリカに勝てといってた時代から進歩してないだろが。


東日本大震災では自衛隊員の救助活動に頭が下がる思いです。
もう一つは、米軍支援活動「トモダチ作戦」が大きな成果を上げたが、その先駆けは被災地医薬品の輸送だったことは知られていない。
東京本駒込の日本医師会(日医)に医薬品が集まるメドが立ったが、輸送手段が壊滅していた。厳しい局面、機転の知恵を出し、米軍に直接交渉したのは、米ハーバード大学国際救急の人道支援組織の一員に派遣されていた有井麻矢医師(31)が多くの被災者を救った。
女子サッカー以上にDr有井は国民名誉賞である。
ノダ・オカダは彼女の爪の垢でも煎じて飲んではどうか。国民を救うどころか、震災のドサクサに紛れ、国民のお金を搾り取る行動である。「非礼」態度に目を 覆う。挙句の果てに説得政治がままならず、議員生活生き残りを掛け「トモダチ作戦」の大連合党利党略に変貌、民主政権になってから、さらに悪くなり、国難 を大連発し、人罪・断罪である。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 政治
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
519位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
233位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR