国家観の激突 オバマVSロムニー 米国の本質問う戦い

【米大統領選】
国家観の激突 オバマVSロムニー 米国の本質問う戦い
2012.4.27 13:28 [米国] 産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120427/amr12042713290003-n1.htm
 【ワシントン=佐々木類】格差是正のための政府介入か、徹底した自由競争の追及か-。11月6日の米大統領選は、亀裂を深める米国社会を反映し、 経済活動と政府のあり方という「米国の本質」を問う戦いとなった。国家観が大きく異なる2候補、民主党のオバマ大統領(50)と共和党の候補指名を確実に したロムニー前マサチューセッツ州知事(65)は世論調査ではほぼ互角だが、大統領としての資質以上に鍵を握るのは景気の動向だ。
 24日にニューヨーク州やペンシルベニア州など5州で行われた共和党予備選は、米メディアによると、ロムニー氏が5州とも圧勝の勢い。ロムニー氏はすでオバマ氏との直接対決に焦点を移している。
 米キニピアック大(コネティカット州)が発表した最新の世論調査結果によると、オバマ氏の支持率46%に対し、ロムニー氏は42%となった。
 だが、足踏み感がみられる米景気を反映し、景気回復への期待ではロムニー氏47%、オバマ氏43%、雇用創出への期待はそれぞれ45%、42%といずれもロムニー氏が上回った。
 選挙戦の行方を左右する無党派層だと、ロムニー氏が46%で、オバマ氏は39%に止まった。
 同氏が「オバマ大統領に勝てる候補」とされた大きな理由は、もともと穏健派で無党派層を取り込むことができるとみられていたためで、無党派層での支持率の差は、その効果がジワリと数字に表れた形だ。
 ロムニー氏は24日夜、本選での激戦が予想されるニューハンプシャー州マンチェスターで、「より良い米国が今夜始まる」と気勢を挙げた。
 ロムニー氏は、徹底した規制緩和と富裕層を含む減税、自由競争が持論。「民間主導によるチャンスに満ちた米国社会をつくる」と訴えている。
 「一定の公的ルールに基づく公正な社会」を主張するオバマ氏が、「共和党は教育や医療という基本的な必要経費まで削って富裕層減税を行おうとしている」と批判していることを念頭に置いた反論であることは明らかだ。
 景気対策という表向きの争点の背景にあるのは、自由な経済活動を優先させるロムニー氏と中間層の保護を掲げ、格差是正を積極的にはかるオバマ氏という、広い意味での国家観の決定的な違いだ。
 オバマ氏は年収100万ドル(約8000万円)を超える富裕層を対象に増税する「バフェット・ルール」の正当性を強調。「(過去の大統領選に比べ)将来像の違いがこれほど鮮明になった選挙戦はない。中間層の将来を決する選択選挙だ」と支持を訴える。
 対するロムニー氏は「経済活動の自由という米国の本質が問われている」とし、「オバマ氏への不信任投票」を呼びかけている。
 ただ、9%以上だった失業率が8・2%と改善傾向にあり、オバマ氏の経済失政を批判するロムニー氏の“口撃”も湿りがちだ。
 一方のオバマ氏も経済情勢の指標となるガソリン価格の上昇に悩まされている。価格は政権発足時に比べて約2倍の1ガロン3・9ドルに達した。
 ABCテレビの世論調査では、オバマ氏のガソリン高対策への不支持率は62%に上っており、「本選前の夏場の景気状況が勝者を決める」(ウォールストリート・ジャーナル紙)ことになりそうだ。


オバマがアフガン電撃訪問、戦略協定に署名
2012.5.2 06:46 [米国] 産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120502/amr12050206570003-n1.htm

2日、アフガニスタンのバグラム米空軍基地で演説するオバマ米大統領(ロイター=共同)
 【ワシントン=柿内公輔】オバマ米大統領は1日深夜(日本時間2日未明)、アフガニスタンの首都カブールを事前の予告なしに訪問し、翌2日にカルザイ大統領と長期的な両国関係に関する戦略協力協定に署名した。
 オバマ大統領がアフガン入りするのは、2010年12月以来で大統領に就任してから3度目。ホワイトハウスによると、オバマ大統領は2日未明、カブール北方のバグラム空軍基地から米国民に向け演説する。
 国際テロ組織アルカーイダの指導者、ウサマ・ ビンラーディン容疑者殺害から1年を迎えたのを機に、テロ封じ込め作戦の成果を強調する狙いもあるとみられ、11月の大統領選もにらみ、大規模テロの可能性が低下したことを内外にアピールしたい考えだ。
 アフガンなどで潜伏していたビンラーディン容疑者は11年5月2日、パキスタンの首都イスラマバード郊外で米特殊部隊に殺害された。

「新たな一章」の幕開け強調 駐留規模には踏み込まず オバマ氏、アフガン電撃訪問
2012.5.2 14:19 [米国] 産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120502/amr12050214200007-n1.htm

2日、アフガニスタンのバグラム米空軍基地で兵士を激励するオバマ米大統領(AP=共同)
 【ワシントン=犬塚陽介】オバマ米大統領は1日のアフガニスタン電撃訪問で、10年以上に及ぶアフガンでの戦争の終結に向けた「新たな一章」が幕 を開けたと強調した。国際テロ組織アルカーイダの指導者ウサマ・ビンラーディン容疑者殺害から1年に絡め、厭戦気運の広がる米国民に理解と協力を求めた形 だが、今後の米軍の駐留規模など出口戦略の具体策には踏み込んでおらず、大統領選をにらんだ成果のアピールとの思惑も透けてみえる。
 オバマ大統領は演説で、今夏までに予定通り米兵2万3千人を撤退させることを強調し、アフガンでの戦争を「責任を持って終わらせる」と述べた。
 一方で、「アフガンに安定化のための機会を与える必要がある」と述べ、非戦闘任務での駐留継続の必要性を強調し、今夏以降も駐留する米兵約6万人の具体的な撤退計画には言及しなかった。
 米政府高官によると、今回の電撃訪問は戦略協力協定の交渉日程に加え、ビンラーディン容疑者殺害から1年にも合わせて事前に計画されていた。現地時間の深夜に行われた異例の調印式も、オバマ大統領が米国民向けに実施した現地からのテレビ演説に合わせて設定されたという。
 米国民に向けた演説も現地時間の午前4時に実施し、「ここアフガニスタンは夜明け前だが、新たな1日の光が地平線に見える」と新たなスタートを演出してみせた。
 今秋の大統領選を前にアフガン情勢をクローズアップする手法には「安全保障問題の政治利用」との批判もくすぶる。
 共和党のマケオン下院軍事委員長は声明で、大統領は「ほぼ1年も(アフガンでの)戦争を語らず、17カ月も戦争地域を訪れなかった。今回の訪問と演説は、あまりにも遅すぎる」と批判している。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
627位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
281位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR