スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5%強の節電で不足回避 西日本で融通、原発ゼロ/共同通信(薔薇、または陽だまりの猫)


如何に言説を弄しても足りないものは増える筈も無い。



5%強の節電で不足回避 西日本で融通、原発ゼロ/共同通信(薔薇、または陽だまりの猫)
http://www.asyura2.com/12/genpatu23/msg/789.html
投稿者 gataro 日時 2012 年 5 月 18 日 10:00:10: KbIx4LOvH6Ccw
http://blog.goo.ne.jp/harumi-s_2005/e/45699257ac3d96647565a9207f0ffe6c
5%強の節電で不足回避 西日本で融通、原発ゼロ/共同通信
2012-05-17 21:38:36 | 社会
今夏が2010年並みの猛暑でも、西日本の電力6社が5%強の節電をして余った電力を融通すれば、原発を再稼働しなくても西日本全体の電力を賄える。共同通信が16日までに政府の電力需給データを分析すると、こうした結果が出た。
 政府は6社で同じ日に需要がピークになると想定しているが、実績では異なり、西日本全体の最大需要は政府想定より少なかったのが原因。
 関西、九州両電力は需給が厳しく、政府は10%以上の節電要請を検討する一方、関電大飯原発3、4号機を再稼働すれば厳しい節電なしで電力が足りるとしている。
 周波数が同じ60ヘルツの西日本の電力6社(北陸、中部、関西、中国、四国、九州)について、政府が需給予測で使ったデータを分析した。
 政府は、今夏が過去約110年で最も平均気温が高かった10年並みの猛暑になると想定し、10年夏の各社のピーク需要を足した9925万キロワットを前 提に試算している。今夏の6社の供給力は計9301万キロワット。関電管内で15~20%、九電管内で10~12%、他の4社は5%の節電要請が必要とみ ている。
 だが現実には、10年も11年もピークが6社とも同じ日だったことはない。
(2012年5月16日)
http://www.kyodonews.jp/feature/news05/2012/05/post-5654.html
--------------
牛田等さんから(市民社会フォーラムML)
そもそも電力会社にとって、停電というのは一番最後の最後にとる手段なのです。海外の場合、いきなり停電などという事はしません。計画停電以前に、計画的 な電圧の削減(rolling brownout)などが実施されます。いきなり停電というのは、電気事業者としての社会的使命と責任の放棄に他なりません。停電を起こすような電力会社 に対して、私たち市民は抗議する権利があります。私たちはほかの電力会社を選べませんので。
関西は、大飯原発3・4号機の再稼働を強行しようする関西電力と政府の両者から、日々恫喝を受けてきました。「電力不足か再稼働か」と言わんばかりの、関 電管内の企業や住民に再稼動の受け入れを迫るキャンペーンです。関電管内の地域は今夏、約15%から20%の節電を要する深刻な電力不足に陥る、という政 府想定を根拠にした政府、電力総ぐるみの恫喝キャンペーンです。
政府は明日にでも今夏の節電対策をまとめる方針のようです。関電管内の場合は、15%以上の節電が求められるものです。電力の使用制限令は発しない方向の ようですが、明日まとめられる節電対策には計画停電が盛り込まれます。まさに「停電ありき」のエネルギー政策で、大飯原発の再稼働を受け入れようとしない ことへの、計画的報復停電に他なりません。
政府の想定では、今夏がおととし2010年並みの猛暑で大飯原発3・4号の再稼働がなければ関電管内は15~20%の節電をしないと電力が不足するとなっ ています。ところが共同通信によると、政府は2010年夏の猛暑の電力のピーク時が、西日本の電力6社とも全く同じ日になるという前提で想定を立てていま した。しかし共同通信が上記引用文のように政府の需給データを調べた結果、電力のピークが6社とも同じ日にはならず、実績に即して西日本の最大電力需要を 算出したところ、政府の想定よりも低く出た、というのである。
関西では、「大飯3・4号の再稼働がなければ、この夏は電力が15%不足する事態に陥るかも知れない」というイメージが独り歩きを始めています。これは一 昨年の夏並みの猛暑になればという前提付きですが、あたかも厳しい電力不足になるかのような関電と政府のキャンペーンを見極めようにも、大手メディアが伝 える情報では政府側の意のままになりかねません。関電管内の企業によっては「電力不足」キャンペーンが影響を及ぼし始めていて、「何でもいいから電力を確 保してくれ」と、政府/関電の恫喝に縮み上がっている声もあるようです。
その「電力不足」キャンペーンのウソを、共同通信が明らかにしたことに大きな宣伝効果があります。というのも、テレビや新聞の全国紙といった大手のメディ アは政府の発表を伝える以上のことをやらないからです。政府は電力関係の情報を総括原価方式のもとで事業を行う電力会社に依存しているので、政府・電力総 ぐるみの「電力不足」という偽装がまかり通るのです。
 
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【5%強の節電で不足回避 西日本で融通、原発ゼロ/共同通信(薔薇、または陽だまりの猫)】

如何に言説を弄しても足りないものは増える筈も無い。5%強の節電で不足回避 西日本で融通、原発ゼロ/共同通信(薔薇、または陽だまりの猫)http://www.asyura2.com/12/genpatu23/msg/789.html投

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
649位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
293位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。