シリアは内戦状態と国連高官=監視団の活動、一層困難に

シリアは内戦状態と国連高官=監視団の活動、一層困難に
時事通信 6月13日(水)6時11分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120613-00000014-jij-int
 【ニューヨーク時事】アサド政権と反体制派の衝突が続くシリア情勢について、国連平和維持活動(PKO)担当のラドスース国連事務次長は12日、記者団に対し、現状は内戦状態だとの認識を明らかにした。
 国連の潘基文事務総長は7日、「内戦の危険が差し迫っている」と語っていたが、ラドスース氏の発言は最近の情勢悪化を受け、国連が事態をより深刻視するに至ったことを示した形だ。
 ラドスース氏は「シリア政府は多くの領土と複数の都市を反体制派に取られ、奪還を試みている」と分析。アサド政権側の武力行使について「われわれは戦車や迫撃砲だけでなく、攻撃ヘリコプターの使用も確認した」と述べ、戦闘は激化していると説明した。
 現地に展開する国連停戦監視団は12日、北西部の村ハッファに入ろうとしたところ、激高した住民とみられる人々から車両に石や鉄の棒を投げ付けられ、後退を余儀なくされた。この後、北部イドリブに向かった車両3台が銃撃を受けた。
 国連外交筋によると、車両を取り囲んだ人々はアサド政権支持派とみられる。銃撃した勢力の正体は分かっていないが、監視団員は非武装。安全上の懸念が一層高まっている。 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
363位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
165位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR