中学校の教科書採択に向けて

2011/07/26 12:12
自民党衆議院議員のブログから、
>古屋圭司通信
中学校の教科書採択に向けて
2011年6月24日
http://www.furuya-keiji.jp/blog/
小田原市議会では、民団からの圧力で市議会が特定の教科書を除外することを記した決議がなされるという、主権侵害が堂々とまかり通る手段が強行された。それを容認した議会の見識を疑う。
一方、下関市議会では、「新・教育基本法の理念や、新学習指導要綱に則った教科書が公正に採択される」ことを決議、という極めて良識ある対応した市議会もある。
日教組が裏で支配する教科書採択現場にメスをいれる絶好のチャンスだ。市町村の教育委員も全く実態は知らされないまま公表もされない恣意的に選ばれ た選定委員により、最悪の教科書が採択されることを一つでも多くの市町村で阻止することだ。やはり、この政権は安倍氏が「陰湿な左翼政権だ」と言い放った がその典型的な例だ。全国の良識ある保守系議員の奮闘を期待する。
(引用終わり)

教科書採択に対する考えが表明され、興味深い。
栃木県下野市の急な採択変更に対して、当方の未熟さを
実感する。予定された戦闘地域に妥当な戦力を集中させたのに
対し、丸腰で参入した迂闊さを感じる。意外な人が、
教科書採択問題に意見を持っているのが分かる。
緊要な地点に戦力を集中するのは、兵站戦略の要点である。
反日組織の戦法、戦力が判明すれば、正兵の運用で良い。
情報の価値は、勝利した後に判明する。待ち受けの利が、
反日組織に有利な状況を現出した。知恵を絞り、汗を掻かねば
勝利の美酒は味わえないと痛感した次第である。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
519位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
233位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR