スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔物に魅入られた政治…「消費増税採決」はギリシャ化の始まりだ

魔物に魅入られた政治…「消費増税採決」はギリシャ化の始まりだ
2012.6.21 10:51 (1/2ページ)産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120621/fnc12062110560006-n1.htm
 民主、自民、公明が「社会保障と税の一体改革」と銘打ちながら、内実は消費増税率を10%まで引き上げる増税法案で合意し、21日に採決する情勢 だ。筆者はこれまで少数派ながら、多くの媒体で「デフレ下の消費増税は国を滅ぼす」と論じてきた。手応えは十分あり、各種世論調査も以前とは違って「今は 増税すべきではない」という声が多数を占めるようになった。が、政治のほうはまるで魔物に魅入られたようだ。(フジサンケイビジネスアイ)
  メディアの多数派もそうで、大手紙の論説委員の大半は消費増税すれば、日本はギリシャ化を免れると固く信じている。いわゆる社説というものは、いったん展 開してしまうと、その線上からブレてはいけない、というのが決まりになっている。企業の場合、主力製品の性能や評判が悪いとなると、さっさと取り下げる か、設計を変更しないと生き残れないのだが、新聞社というのは航路を間違えてもそのまま突き進む体質があると、認めざるを得ない。
 「3党合意」成立を受け、「首相は消費増税の実現へひるむな」と叱咤した日本経済新聞の6月16日付社説はその典型例である。
 日経に限らず、メディア界では何でも増税の路線がまかり通る。増税法案を成立させなかったら、日本国債は信用を失墜し、ギリシャのそれみたいに投げ売られるだろうという財務官僚の恫喝(どうかつ)に屈したからだ。
 もし、そう恐れるなら、国債の焦げ付きリスクを表すCDS(クレジット・デフォルト・スワップ)市場を見ればよい。増税法案が成立しようとしまい と、CDSは日本国債は財政優等国ドイツよりもリスクが少ないと判定している。米欧の投資家にとって日本の消費増税は円高デフレの持続に伴う日本国債の金 融資産価値上昇を確実にする意味がある。日本国債への人気はさらに上昇し、円高デフレが高進する。家計は疲弊し、企業は海外脱出の駒を進めるしかない。税 収はさらに激減し、財政収支悪化に歯止めがかからなくなる。
 ギリシャの財政破綻はばらまき政策が元凶だ。欧州連合(EU)の基準に沿って 付加価値税(消費税に相当)率を引き上げては、年金など社会保障支出を増やしてきた。足りないカネはユーロの信用をテコに海外から借り入れた。政府の対外 債務比率が7割に達したところでリーマン・ショックの余波を受け、海外の投資家が逃げ出した。
 上記の日経社説は興味深いことに、後半部分では社会保障制度の抜本改革の先送りを指摘し、「これでは穴の開いたバケツに水を注ぐようなものだ」「増税だけが際限なく膨らむ恐れがある」と吐露している。
 そう、増税主義の日経ですら、3党合意はギリシャ化の道になるのではないか、と頭の片隅では心配し始めている。なのに、早く増税せよと騒ぎ立てるのは、財務省による刷り込みのなせる技なのだろう。(産経新聞編集委員 田村秀男)

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
411位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
189位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。