国会延長で近づく8月解散、9月総選挙

国会延長で近づく8月解散、9月総選挙
2012.06.27
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20120627/plt1206270733002-n1.htm




国会が9月8日まで79日間延長されることとなった。本会議で会期延長を議決する時、面白いことが起こった。自・公が反対に回ったのだ。社・共も反対だったので、民主の造反組も合わせて延長を否決したら消費税増税はボツになっていた。

 自民は民主の分裂を誘うのが当面の目的なので反対に回るという政治戦術はありえるが、民主で造反するにはそれなりの準備、部内拘束が必要なので、それができなかったのだろう。

 ただ、これから見えてくるのは、民主の造反も本格的でないということだ。小沢グループは50人程度とされ、新党結成かといわれているが混沌としている。

 9月8日まで会期を延長する政府の狙いははっきりしている。野田佳彦首相の民主党代表としての任期は9月末。代表選は9月中に実施するが、その直前まで国会会期を延長するというのは、野田首相がぎりぎりまで解散権を握るということだ。

  もっとも、今国会で審議が遅れていた重要法案も7月末くらいまでで審議が終わる。8月に国会審議するのはあまり考えられない。特に中旬のお盆は、国会議員 はみんな選挙区に帰って地元の祭り、会合に出席するのが通例だ。ということは、放っておいても、8月中旬からは自然休会になるだろう。

 ここで思い出されるのが、2005年の郵政解散・総選挙だ。8月8日に解散し、9月11日に投票となった。これにならうと、一応9月8日まで国会を延長するが、8月上旬に国会を解散し、9月上旬に総選挙という政治日程が、政治家の間で自然と連想されるだろう。

 次期衆院選では、反増税や暫定原発再稼働という政策的な対立軸をもつ大阪維新の会やみんなの党が「第2極」になりうるが、この日程であれば選挙準備の時間を与えられない。そのため、民・自は議席を減らしてもどちらかが「第1極」の立場を維持できる。

  民主、自民両党では、野田首相が消費税増税を求め、谷垣禎一総裁が解散を求めて話し合ってきた。消費税増税が確実になったので、今度は解散ということだ。 ただ、解散権は野田首相にあるために、おいそれと渡すことはできない。一応解散権を民主党代表選の直前まで握り続けるという建前で、野田・谷垣はあうんの 呼吸で解散時期のイメージが合っていると噂されている。

 自民党が政権を追い詰める手段は、国会で未審議の公債特例法などまだある。特に、民主党が事実上分裂状態だと、自・公に政権運営を大きく依存せざるを得ない。ということは、自民の求める早期解散、つまり8月解散、9月総選挙に一歩近づいたのだろう。

  9月総選挙の場合、野田・谷垣という古い顔でやると、「第2極」の攻勢にさらされる。合理的に考えると、古い顔よりも、民・自ともに新しい顔で選挙という 方向だが、この国の政治は合理的とはいえないのではたしてどうなるだろうか。それでも総選挙は国民のために早くやったほうがいい。(元内閣参事官・嘉悦大 教授、高橋洋一)
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【国会延長で近づく8月解散、9月総選挙】

国会延長で近づく8月解散、9月総選挙2012.06.27http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20120627/plt1206270733002-n1.htm国会が9月8日まで79日間延長されることとなった。本会議で会期延長を議決

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
469位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
220位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR