消費増税賛同が公認条件=首相、反対派をけん制―衆院予算委


消費増税賛同が公認条件=首相、反対派をけん制―衆院予算委

時事通信 7月12日(木)11時5分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120712-00000044-jij-pol

 野田佳彦首相は12日午前の衆院予算委員会で、次期衆院選の民主党マニフェスト(政権公約)に消費税率引き上げ方針を明記する考えを示した上で、「賛同できないのであれば公認の基準から外れる」と述べた。消費増税関連法案の衆院採決で造反しながら、党に残った鳩山由紀夫元首相ら増税反対派の動きをけん制した発言だ。自民党の茂木敏充政調会長の質問に答えた。
 首相は、政権運営に関し「困難な課題を先送りしてきたからこそ、待ったなしの状況になっている。熟議を重ねながら与野党の合意を得て、国難を突破する。国難から逃げない政治をやりたい」と述べ、社会保障と税の一体改革など重要課題の実現に全力を挙げる決意を示した。 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
469位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
220位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR