スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<伊吹自民元幹事長>特例公債法案巡り、野田首相を批判


それにしても図図しいものだ。談合三党 で消費税増税法案を通過させた塗炭に
今度は特例公債法案を成立させる事が前提とは、呆れ返る。
自民党、谷垣総裁の意中はどうであろうか、
三党合意については、様々な見方が飛び交って当事者もまごつく様子が見て取れる。
駆け引きは、習い事としても、マスコミの公正な報道が無い中では、
得失が中々、判明しない。
ただ、野田首相のふてぶてしい顔には驕りが見える。






<伊吹自民元幹事長>特例公債法案巡り、野田首相を批判
毎日新聞 7月12日(木)19時22分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120712-00000071-mai-pol

拡大写真
自民党の伊吹文明元幹事長=三浦博之撮影
 自民党の伊吹文明元幹事長は12日の伊吹派総会で、野田佳彦首相が衆院解散・総選挙の前提として消費増税法案以外に特例公債法案などを加えたことについ て「(増税法案で民主、自民、公明の)3党で合意すれば当たり前のように参院を通してもらえると誤解している。解散を延ばそうとするなら、参院の出口まで に重大な決意をしなければならない」と述べ、増税法案の反対に転じる可能性に言及した。


衆院解散は特例公債法案成立が前提 野田首相が改めて強調 
産経新聞 7月12日(木)15時37分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120712-00000569-san-pol


拡大写真
衆院予算委員会で自民党の茂木敏充議員の質問に答える野田佳彦首相 =12日午前、国会・衆院第1委員室(大里直也撮影)(写真:産経新聞)
 野田佳彦首相は12日午前の衆院予算委員会で、衆院解散・総選挙について、平成24年度予算の執行に必要な赤字国債発行を可能にする特例公債法案の成立が前提になるとの考えを重ねて強調した。自民党の茂木敏充政調会長への答弁。

 首相は「やるべきことをやり抜いた暁に、適切な時期に国民の信を問いたい」とした上で、同法案に関し「予算執行に影響してくるので、何としても早く成立 させなければいけない」と強調。さらに「(法案成立を)10月まで待てばいいというのは非常に危険な議論だ。法案がいつまでも通らないことを内外がどう見 るかも意識しないといけない」と訴えた。

 また、衆院解散の前提として、特例公債法案に加えマイナンバー法案、公務員制度改革法案、衆院選挙制度改革関連法案の成立を挙げた。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
649位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
293位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。