マスコミが報じない「いじめ自殺問題」の伏魔殿 解決策なき世論の過熱は、なぜ繰り返されるのか?


【第385回】 2012年7月20日 小川たまか
マスコミが報じない「いじめ自殺問題」の伏魔殿
解決策なき世論の過熱は、なぜ繰り返されるのか?

http://diamond.jp/articles/print/21789
滋賀県大津市立中学校2年生の男子生徒が飛び降り自殺で死亡した「いじめ自殺問題」に ついて、報道が過熱している。学校側が行なったアンケートにいじめを指摘する内容があったにもかかわらず、徹底した調査が行なわれていなかったことなど、 学校や市教委の対応が問題視され、バッシングが強まっている。しかし、今の世論からどうしても見えてこないのは、いじめ問題の根源的な解決策である。一度 話題になるとその都度感情的な報道が過熱し、報道が収まれば世論も沈静化。それを繰り返している限り、いじめが原因と考えられる児童・生徒の自殺はいつま でもなくならない。マスコミは「いじめ自殺問題」の何を伝え、何を伝えていないのか。(取材・文/プレスラボ・小川たまか)
時ならぬ「いじめ自殺」の過熱報道
学校の爆破予告や犯人探しのデマも

 昨年10月、滋賀県大津市立中学校2年生の男子生徒が、いじめを苦に飛び降り自殺した事件が、ここにきて国民的な関心事に発展している。この「い じめ自殺問題」は、生徒の両親が総額7720万円の損害賠償を求めて地裁に提訴し、第1回口頭弁論が5月に行なわれたことをきっかけに、マスコミが報道合 戦を開始したものだ。
 自殺した生徒は、複数の生徒から暴行や暴言を受けていたほか、数十万円を脅し取られていたなど、金銭のトラブルがあった可能性も指摘されている。 生徒の自殺後、学校が行なったアンケートでいじめを指摘する内容があったにもかかわらず、徹底した調査が行なわれなかったことや、男子生徒の父親が昨年出 した被害届が警察に受理されなかったことなど、新事実が次々と明らかになるにつれ、市教委、学校、警察の対応に世間の非難が殺到した。
 今月に入り、中学校に爆破予告が入ったほか、滋賀県知事に脅迫状を送った男性が逮捕された。ネットではいじめを行なっていたとされる生徒3人の実 名が広まり、「加害生徒と関係がある」とデマを流された医療機関が「一切関係ない」という内容の文書を発表するなど、事件の余波はあらゆるところに伝播し ている。
 影響の大きさに、越直美・大津市長は7月6日、第三者による調査委員会を立ち上げることを表明。昨年被害届を受理しなかった警察も世論に押された のか、11日には中学校と市役所に対して、いじめ自殺問題では異例となる家宅捜索を行なった。また、18日に自殺した生徒の父親が、同級生を滋賀県警大津 署に告訴。捜査中の告訴は異例のことで、この理由は「処罰への強い要望を示すため」と報道されている。事態は収拾に向かう気配がない。
「いじめ自殺問題」は、これまで幾度となく繰り返されてきた。担任教師らが「葬式ごっこ」に荷担していたとされる1986年の中野富士見中学校での 事件、同級生ら4人が恐喝容疑で書類送検された1994年の愛知県西尾市中学校での事件、そして「学校裏サイト」の存在が指摘された2007年の滝川高校 での事件などが思い起こされる。
 一度話題になるとその都度報道が過熱。加害生徒や学校、教育委員会を糾弾する声が上がり、ニュース番組ではコメンテーターや芸能人らが「私も子どもの頃にいじめられていた」「子どもの声に耳を傾けるべき」「絆を大切にする教育を」などと口にする。
 だが、いったん報道が収まれば世論も沈静化。いじめが原因と考えられる児童・生徒の自殺はいつまでもなくならず、いじめ自殺に関する過熱報道は 「定期的に」起こるのが現実だ。これ以上問題が繰り返されないために、学校はどう変わるべきなのか。そしてメディアが本当に報じるべきこととは何か。足も とで「いじめ自殺問題」がクローズアップされるなか、改めて考えてみよう。
学校は「聖域」であるべきなのか?
異例の警察介入が問いかける意味

 今回のいじめ自殺問題への学校・教育委員会の対応や報道側の姿勢も、これまでと大きく違うところは感じられない。その中で、「これまでと違うとこ ろがあるとすれば、警察が介入したことと、世論がそれを支持していること」と指摘するのは、『いじめの構造 なぜ人が怪物になるのか』(講談社現代新書) の著者で、明治大学文学部の内藤朝雄・准教授である。
 内藤氏は、いじめ自殺の現場を取材し、その事例を踏まえていじめ発生のメカニズムを指摘。いじめを発生させない新たな教育制度を『いじめの構造』の中で論じている。
「これまで教育現場は『聖域』とされ、警察の介入があってはならないとされてきました。今回は警察の捜索が入り、世論も『徹底的に調べ、問題があったならば処罰を加えるべき』という論調。これは今までの雰囲気と少し違います」(内藤氏)
 実際に、度を超えた暴力行為があったとすれば、それは処罰されてしかるべきだが、教育現場ではこの当たり前のことが当たり前ではなかった実態があ るという。内藤氏は著書の中で、教師のみならず保護者や地域全体が学校への警察の介入に反対し、いじめを告発しようとする保護者や生徒に対する圧力があっ た例を指摘している。
 7月14日の中日新聞では、「以前は学校に警察が踏み込むのはいかがなものかという風潮があったが、今は学校だけで抱えきれない問題が増えている」という県教委職員の言葉が紹介されている。
 教育現場に携わる職員らに取材すると、確かに「学校で起こる問題について、できるだけ警察沙汰、裁判沙汰にはしたくない」という声が聞こえてくる。
 これは単に管理責任を問われたくないという利害意識だけではなく、「生徒との信頼関係を崩したくない」「未成年の生徒を警察に突き出したくない」 「いじめを含め学校で起こる多くの問題は、どちらか一方だけに過失があるわけではない」など、現場の教育者にしかわからない複雑な心境によるものでもあ る。
『金八先生』にも見られる学校の論理
神聖な共同体ほど隠蔽工作が容易に

 しかし、内藤氏は「教職員が『良識』から発する『神聖な共同体に法が入るべきではない』という理論を、利害優先で働く人間が利用する。『聖域』であればあるほど隠蔽工作が容易なんです」と言う。
 古いドラマだが、1980年~81年に放送された「3年B組金八先生」の第2シリーズでは、校内暴力の問題に介入する警察が、「教育現場を理解し ない権力の象徴」として描かれた。中島みゆきの「世情」がバックに流れる中、校内で連行される生徒たちをスローモーションで映し出す演出が印象的なエピ ソードで、「教師が生徒を信じなかったら、教師はいったい何のために存在しているのか」という金八先生の名台詞もある。非常に感動的だが、裏を返せば確か に学校は「聖域」として描かれている。
「聖域」でなくなれば、警察は今よりも学校の問題に介入する。
「いじめには暴力系のいじめと、(全員で1人を無視するなど)コミュニケーション操作系のいじめがあるが、暴力系のいじめは『暴力に対しては警察を呼ぶ』という認識があれば止まるはず」(内藤氏)
 加害側が面白半分に行なう一方的で長期的な暴力は、「やっても大丈夫」「やらないと自分がいじめらるかもしれない」という状況では増幅するが、「暴力を振るったら処罰される(自分が大きな損害を被る)」という状況では行なわれないと内藤氏は説く。
 同じ滋賀県では、昨年、排泄物を持たされたり、全裸を撮影されたりするなどのいじめを受けた男子中学生の両親が警察署に被害届を提出し、 14~15歳の同級生3人が逮捕された。学校や教育委員会の隠蔽体質を指摘する報道が続けば、今後も保護者が「聖域」を飛び越えて直接司法に訴えを起こす 事例が増えるのではないか。
見抜けないのは教師の怠慢だけか?
「いじめ」対策は想像以上に困難
 前段では、教職員の「良識」に基づく学校の「聖域化」が存在することについて触れたが、今回多くの報道から読み取れるように、学校・教育委員会の 隠蔽体質は、もちろん、管理責任を問われることに対する保身によるものもある。なぜ保身に走るのかと言えば、「学校でいじめは起こってはいけないもの」と いう前提があるからだ。
 学校でいじめは起こってはいけないもの。学級内でいじめが起こった場合は担任に責任がある。いじめを見抜けないのは教師の怠慢であり、教師が生徒1人1人と向き合っていないことが原因――。
 これが世論であり、教育現場の「常識」だ。起こってはいけないものだからこそ、実際にいじめが起こったときに隠蔽される。いじめを見抜けなかった教師はおらず、そもそもいじめが「なかった」ことにされる。
 しかし、それではどんな教育現場であればいじめが起こらないのか。いじめが見抜けないのは、本当に教師の怠慢なのか。
 今回の問題では、生徒がアンケートで「(教師らが)いじめを見て見ぬふりをしていた」と回答していたことが報道されている。実際に教職員らがいじめを黙殺していたとしたら、それは糾弾されるべきである。
 だが、多くの場合、いじめは教師の目を盗んで行なわれる。現場の教師に話を聞くと、いじめを見抜くことの難しさを感じさせられることも確かだ。
「誰から見ても弱い子がいじめられている場合、他の生徒が『先生、○○君がいじめられている』と教えてくれることが多かった。だが、もともとはクラ スで人気のあった子が何かのきっかけでいじめられたり、目立つグループの生徒たちが同じグループの1人を急にいじめ始めるというような場合、生徒たちは教 師に告げない。『もともとは強い子だから、すぐに終わるはず』『あの子にもプライドがあるから、先生に言うのは可哀想』という気持ちが働くのかもしれな い」(中学校で勤務経験を持つ女性)
「教師が『いじめられているの?』と聞いても、いじめられている子どもが認めないことがある。周囲も『チクった』と思われるのを恐れて言わない。子 どもが誰もいじめについて口にせず、いじめられている現場を実際に目にしていないのであれば、いじめている側を問い質すことはなかなか難しい」(小学校で 勤務経験を持つ男性)
「中学校は、教科担任制で複数の教師がクラスを見ているのに加え、今は学校ごとにカウンセラーを配置するなど、配慮している。複数の大人の目があっても、見抜けないいじめがあるのが現状です。教師の怠慢と言われればそれまでですが……」(中学校で勤務経験を持つ男性)
「一生懸命働く=いじめを見抜く」は
現場の良識ある教師を苦しめる図式

 大津市立中学校の対応だけを見て、いじめを見抜けないのは教師の嘘であり怠慢であると決めつけるべきではない。「教師が一生懸命働くこと」=「いじめを見抜く」という図式を描くことは、現場の良識ある教師を苦しめることになる。
 前出の内藤氏もこう言う。
「たとえば、思春期の女子同士の間で起きるコミュニケーション操作系のいじめを中年の男性教師が気づけるのかといえば、なかなか気づけないだろう。教師たちは、できもしないことができると思われている」
 さらに内藤氏は、そもそものいじめの構造についてこう続ける。
「現在の教育現場は、狭いところに子どもを閉じ込め、逃げられない環境の下で『みんなと仲良くしなさい』と強いる。これは極めて特殊な環境であっ て、『この状態で何が起こるか』と人体実験をしているようなもの。問題が起きてしまうことがおかしいのではなく、問題が起こらないことの方がおかしいんで す」
「いじめる生徒も、いじめを止めることができない教師も、全て普通の人間。普通の人間を『怪物』にしてしまうのが、今の学校の構造だ」
 内藤氏は2009年に発売した『いじめの構造』の中で、子どもを学校という名の「檻」に閉じ込めない新たな教育制度を提唱している。教育制度の“ソフト”ではなく、“ハード”自体が問題だと指摘する内藤氏の論調は、興味深いものであると同時に、やや過激にも聞こえる。
 だが少なくとも、「絆が大事」「子どもの声にもっと耳を傾けるべき」などという、もっともらしいその場しのぎの言葉よりも、確実に現状の打開を見据えている。
学校を叩くだけに終始する報道は
根本的な解決策を何も論じていない

 1つの例として挙げたいのが、2006年に「教育再生会議有識者委員」が作成した「いじめ問題への緊急提言」。 これには、「学校は、子どもに対し、いじめは反社会的な行為として絶対許されないことであり、かつ、いじめを見て見ぬふりをする者も加害者であることを徹 底して指導する」「学校は、問題を起こす子どもに対して、指導、懲戒の基準を明確にし、毅然とした対応をとる。~例えば、社会奉仕、個別指導、別教室での 教育など、規律を確保するため校内で全教員が一致した対応をとる~」などと書かれている。
 間違ったことは何も書かれていない。しかし、これらのことを何年経っても徹底できないのが、現在の教育制度ではないのか。
 マスコミの報道は、「すでに叩かれている学校と教育委員会をさらに叩くこと」と、「いじめ問題の専門家ではない有名人が、もっともらしいコメント を出すこと」に終始している。たまに専門家らしい識者が登場しても、専門家でなくても言えるような、どこからも批判を浴びない言葉しか口にしない。
 内藤氏は、今回の問題に関連して、ある権威ある放送局から出演依頼があった際のエピソードをこう話す。
「企画書を読むと、『悩みの相談ができないと、なぜ被害者は自殺してしまうのか?』という質問に、『受け止めてもらうことが大切だから』といった内 容で答えて欲しい、という依頼でした。私は、『いじめを相談しても、加害者にいじめをやめさせることができなければ何も改善せず、その結果自殺にまで至る こともある。相談できなければ自殺し、相談できれば自殺しないという質問の前提が間違っている。いじめを蔓延させる制度の問題が、子どもたちを救うために 最も重要』とメールを返しました。それっきり、放送局からの連絡は途絶え、番組には代わりに過去のいじめられ体験を情緒的に繰り返す芸能人が出演していま した」
 多くの視聴者を対象とするテレビが、誰にでもわかりやすい番組づくりを心がけていることは理解できる。テレビには時間的な制約があるため、伝えられることも限られているだろう。
 加害者・被害者共に未成年であり、「聖域」の教育現場で起きるいじめ問題に関する報道は、一歩間違えれば被害者を傷つけ、誤解を招くことにもなり かねない。報道側が取り扱いに慎重になり、「すでに叩かれているものを叩く」という非難されにくい報道に終始する気持ちもわからなくはない。内藤氏の提唱 する新たな教育制度も、著作を読まずに理解するのは難しく、短時間の放送では確かに紹介しづらいかもしれない。
「いじめ自殺」はいつまで続くのか?
全ての大人に突きつけられた重い課題

 しかし、表面的な言葉を並べるだけでは、いじめ問題の解決策は今後も見出せないままだろう。少なくとも、いじめ問題に関してありきたりの言説に終始しない識者がいることは、周知されるべきだ。
 マスコミが本当にいじめの解決に取り組む意志があるのであれば、大津市の校長と市教委を糾弾するのはほどほどにして、「現場ではどんな対策が講じられつつあるのか」を報じ、解決策を明確に語る識者を番組に登場させるべきだ。
 その解決策の賛否について議論が交わされてこそ、有意義な世論が醸成されるはずだ。少なくとも、加害生徒を私刑にかけるような騒ぎは避けられるべきだろう。
 いじめ自殺問題は、子どもから全ての大人に突きつけられた課題だ。10年後に同じことが繰り返されているならば、今の大人が、行なうべきことを行なわなかった証拠である。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
519位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
233位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR