新春の政局は 内憂外患の野田政権

3.11の震災以来日本国民には辛い一年が過ぎ、新たな一年に思いを馳せる時期が来た。
野田政権の命脈が9月で尽きる事を念願としたい。


>消費税焦点、衆院解散も=内憂外患の野田政権-
>最初のヤマは3月・12年政局

2011/12/31-14:34 時事通信
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011123100088
 2012年の政局は、野田佳彦首 相が「不退転の決意」で提出を目指す消費増税関連法案をめぐり緊迫するのは確実だ。民主党内では既に、一部の増税反対派が集団離党するなど亀裂が表面化。 1月下旬召集の通常国会を勝負どころとする自民、公明両党は衆院解散を迫り、徹底対決の構えだ。内閣支持率の下落が続き求心力を低下させた首相にとって は、内憂外患の状況で、政権運営に行き詰まっての退陣や衆院解散・政権交代、政界再編もあり得る激動の年となりそうだ。

 ◇首相再選へ道険し

  首相の民主党代表としての任期は9月末まで。3月提出予定の消費増税法案を成立させ、再選に道筋を付けたい考えだ。年末の民主党内調整では自ら党の会議に 乗り込んで「今逃げたらこの国はどうなる」と訴え、消費税を14年4月に8%、15年10月に10%にする案への了承を取り付けた。
 しかし、再 選への道は険しい。法案化に当たっては野党との協議が必要となるが、「民主党はマニフェスト(政権公約)違反」と批判する自公両党が応じる見通しは立って いない。3月の段階で首相が強引に法案化を進めれば、民主党内では反対論が再燃するとみられ、執行部はさらに離党者が出ると懸念している。
 小沢一郎元代表に近い内山晃氏 ら離党届を出した9衆院議員が結成する新党や、鈴木宗男元衆院議員が旗揚げする「大地・真民主党」は、民主党の離党予備軍の受け皿を目指す。同党内には、 野党が内閣不信任決議案を提出した場合の同調を示唆する議員もおり、野党も巻き込んだ倒閣運動が再び繰り返される事態も否定できない。
◇2012年の主な政治日程
【1月】
 上旬  政府・与党が社会保障と税の一体改革素案を決定
 16日 民主党大会
 22日 自民党大会
 下旬  通常国会召集
【3月】
 月内  消費増税関連法案提出
 月末  2012年度予算案成立?
【6月】
 下旬  通常国会会期末
【9月】
 月末  野田佳彦首相の民主党代表任期切れ
 月末  谷垣禎一自民党総裁の任期切れ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
456位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
205位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR