攻防収束、消費増税法案成立へ3党合意

攻防収束、消費増税法案成立へ3党合意
配信元:2012/08/09 08:50更新
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/582572/

記事本文
 ≪瀬戸際の首相 苦肉の党首会談≫
 野田佳彦首相(55)は8月8日夜、自民党の谷垣禎一総裁(67)、公明党の山口那津男代表(60)と国会内で会談し、消費税増税を柱とする社会保障・税一体改革関連法案を成立させるとともに、「成立した暁には近いうちに信を問う」として、早期に衆院を解散することで合意した。関連法案をめぐる与野党の攻防は、3党首会談によって一転して収束を迎えつつある。
 首相は会談後、記者団に「日本のために局面を打開しなければならない。そういう中で真摯(しんし)に意見交換をした」と述べた。谷垣氏は記者会見で内閣不信任決議案や首相問責決議案について「当面は出さない」と明言した。
 会談に先立ち、首相は民主党両院議員総会で、一体改革法案の参院採決に応じる条件として自民党が求めていた解散時期の明示について「首相の専権事項として解散時期を明示することはどんな事情があってもできない。先例もないし、あってはならない」と強調。
 自公両党内から出ていた合意文書の作成についても「文書を交わしてお互いサインする話ではない。政局に絡む話を公党間で文書を作るのはふさわしくない」と拒否した。その上で「決めるべき時に先送りせず、決める政治を実現できるかの瀬戸際だ。3党合意を順守し一体改革法案の早期成立を図ることを確認したい」と語った。
 首相の発言を受け、自民党は8日夕に幹部会合を開き対応を協議。民主党が求めていた党首会談を受け入れることを決定した。会談は、まず民主と自民の2党で行った後、公明党の山口代表を交え3党で開催した。
 自民党の求める「解散時期の明示」をめぐっては、両院総会に先立ち、民主、自民、公明3党の国対委員長が国会内で会談。解散時期について「法案が成立した暁には、近い将来、国民の信を問う」とする首相の意向を伝えていた。
 これに対して、自民党の石原伸晃幹事長(55)は記者団に「『近い将来』がいつを指すのか漠然としている。納得できない」と述べていた。ところが、3党の党首会談で、谷垣氏はほぼ同様の表現にもかかわらず受け入れた。実際の会談内容はあきらかになっていないが、野田首相がより踏み込んだ表現を使った可能性がある。
 (SANKEI EXPRESS)
       ◇
 ≪輿石氏を押し切る…党内にしこり≫
 野田佳彦首相(55)は8月8日夜、社会保障・税一体改革関連法案の成立に向け、自民党の谷垣禎一総裁(67)との会談に踏み切り合意にこぎ着けた。民主党内には輿石東(こしいし・あずま)幹事長(76)を中心に党首会談には慎重論が強かったが、法案成立に「政治生命を懸ける」と明言している首相は自ら乗り出すことを決断した。政権崩壊の危機は乗り切ったが、輿石氏との間に生じたミゾは今後の党運営に影響を与えそうだ。
 ■「やりたきゃやれ」
 8日夜の党首会談には樽床伸二幹事長代行が同席。輿石氏の姿はなかった。
 8日午前9時に始まった自民党との大詰めの交渉も城島光力国対委員長が担った。城島氏は国会対策の責任者ではあるが、選挙など党運営は輿石氏の所管であり、異例の事態といえる。
 輿石氏本人は周囲に「やりたきゃやればいいんだ」と突き放すありさまで、自ら自民党との調整に乗りだそうとはしなかった。
 結局、首相が頼りとしたのは腹心の藤村修官房長官(62)と、自民党の大島理森副総裁(65)のパイプだった。
 大島氏は7日夜、自民党幹部会の会合中、「国民の生活が第一」など中小政党が内閣不信任決議案を提出したのを受けて、藤村氏の携帯電話に「官邸はどうするんだ」と早期の打開を図るよう催促、焦る藤村氏は「いろいろと努力しているのでちょっと待ってください」と答えた。
 藤村氏は財務省幹部も使って、一体改革法案の採決を含めた今後の国会スケジュールを練りながら打開策を模索した。
 谷垣氏が解散時期の確約を求めたことに対し、自民党内からも「確約を首相ができるのか。ちょっと頭がおかしくなっているんじゃないか」(森喜朗元首相)などと批判が相次いだことは、首相にとって追い風となった。
 ■「解散時期明示しない」
 首相は両院議員総会で党内を安心させるように「解散時期を明示することはどんな事情があってもできません」と言い切った。
 8日の党内の中間派やベテラン議員の会合では首相退陣論が相次いだが、この一言に会場からは「そうだ」「その通り」とのかけ声が出た。
 続いて挨拶した輿石氏はこう訴えた。
 「首相を信じていただきたい!」
 本音は違っても「組織人」としての輿石氏の精いっぱいの言葉だった。
 (SANKEI EXPRESS)
       ◇
 ≪9月21日に代表選≫
 民主党は8月8日の両院議員総会で、9月21日に臨時党大会を開き、党代表選を実施する日程を了承した。告示は9月10日。
 党規約・代表選挙規則が1月に改正されたことを受け、代表任期は現行の2年から原則3年へ延長。党員・サポーター票については衆院小選挙区ごとの「総取り」方式を見直し、都道府県ごとに得票数に応じて割り当てる。
 臨時党大会では国会議員による投票を行い、事前に郵便投票した地方議員、党員・サポーター票と合わせて開票し新代表を選出する。
 (SANKEI EXPRESS)

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
615位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
286位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR