民主党政府の弱体外交

民主党政府の弱体外交

民主党政府の弱体外交の上にこの事態がある。菅談話については、閣議決定を経たとはいえ、
国民の総意であるのか。政権の正当性は前政権を全面否定することではない。
良き点を踏襲し、改革しなければ正当性に疑問が付くであろう。
民主党内の小沢排斥も浅間山荘事件を彷彿させるものであった。
左翼政権の醜さを見せ付けられた。弱体外交に語弊があるなら、土下座外交と言い換えても良い。
この外交政策が、広く日本国民の怒りを呼んだのは、間違いない。朝鮮王室儀軌など韓国図書返還に
ついては、皇室財産に手をつけて略奪するかの様な行為に心ある国民は怒りを持った。
竹島領有権否定問題について、政府は国民に土下座をしたのか、謝って済む話ではない。
民主党土肥隆一衆院議員の去就のみで事を収めるのは、問題が有る。民主党全体の持つ問題であろう。
しかも、尖閣問題問題は未解決である。
政府の外交はすでに世界中の笑いものである。日本国民の意識は後悔から、憤激に変わった。


2ちゃんねる
【政治】野田政権、来春にもパンク?永田町に3月危機説
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1325286245
1 : ◆SCHearTCPU @胸のときめきφ ★:2011/12/31(土) 08:04:05.57 ID:???0 ?PLT(12556)
政府は30日、社会保障と税の一体改革の関係5閣僚会合を開き、消費税率を
2014年4月に8%、15年10月に10%と2段階で引き上げることを
柱とした一体改革大綱素案の「政府案」を決定した。

野田佳彦首相は同日夕、記者団に「先送りできない課題だ。党一丸となって実現に
まい進したい。野党に真摯(しんし)に協力を呼び掛ける」と述べ、来年1月の第1週に
政府、与党の社会保障改革本部で大綱素案を正式決定する考えを表明。3月末までに
消費税増税の関連法案を国会に提出する方針だ。

だが党内には“マニフェスト至上主義”の小沢一郎元代表や鳩山由紀夫元首相を中心に、
増税反対派議員の不満がくすぶっており、通常国会での法案提出へ党内了承を
取り付ける際、混乱するのは必至。党内融和を優先させて3月末までの提出を遅らせれば、
野田首相の求心力は低下の一途をたどり、「党内で“ポスト野田”探しが
顕在化してくる」(与党関係者)ことは必至の情勢。

永田町では、3月危機説が取りざたされている。

*+*+ Sponichi Annex +*+*
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/12/31/kiji/K20111231002343730.html
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
519位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
233位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR