言論による巨大テロ組織としての朝日新聞

酒井信彦の日本ナショナリズム


言論による巨大テロ組織としての朝日新聞

http://sakainobuhiko.com/2010/05/post-92.html
Posted by: 中の人
2010年5月 6日 02:22
時評
 いまから23年前の1987年5月3日、西宮市の朝日新聞阪神支局で、小尻知博という若い記者が何者かに殺された。この事件は犯人が不明のままで 解決していないが、朝日新聞は毎年必ずこの事件を回顧する報道を行っている。テロで殺された人間は、朝日の記者ばかりではないのだが、それらの事件を回顧 する報道が殆ど行われていないのは、実に奇妙である。いくら小尻記者は身内だと言っても、テロによる暴力を憎むのなら、他の事件も積極的に回顧すべきでは ないのか。
 1970年代には、マスコミ用語で言う「過激派」、警察用語では「極左暴力集団」による、テロ事件が多数あった。例えばその代表的なものが、 1974年8月30日に起きた、いわゆる「三菱重工爆破事件」である。丸の内の三菱重工本社の玄関前に置かれた、時限爆弾が爆発して、ちょうど昼休みで通 行していた人々が犠牲になった。死者8人、重軽傷者が385人だと言われる。怪我人の多くは、雨のように降り注いだ、窓ガラスの破片で傷ついた人々であっ た。現在は世界で爆弾テロ事件はいくらでも起きているが、この事件は日本で起きた最大のテロ事件と言えるだろう。後に判明した犯人は、「東アジア反日武装 戦線」という組織で、大道寺あや子と言う女性のテロリストも参加していた。 三菱重工が標的にされたのは、最大の軍需産業と目されたからであるが、三菱重 工と何の関係もない一般庶民が、無差別テロの対象となったのだ。その意味で、朝日新聞という限定的な対象に対するテロより、遥かに凶悪な事件と言わなけれ ばならない。しかし朝日新聞が、三菱重工爆破事件、より正確には「丸の内虐殺事件」と言うべき重大事件を、真面目に回顧してきた様子は、全く見られない。 しかも、そもそも大学紛争当時、左翼学生の応援団を務めていたのは、朝日新聞そのものであった。とくに週刊誌である『朝日ジャーナル』は、左翼学生の機関 紙の観があった。だから広い意味では、朝日新聞は左翼によるテロ事件の共犯者といえるだろう。 爆弾によるテロは、人間の肉体を傷つけ命を奪うものであっ て、悲惨といえば悲惨であり、その犯行は卑劣といえば卑劣なのだが、人間の生命にかかわるものだから、単純明快で分かりやすい。誤解を恐れずに言えば、爆 弾によるテロリストは、まだしも可愛らしいと言えるかもしれない。では爆弾テロリストより、さらに凶悪なテロリストとは何か。それは言論によるテロリスト である。言論によるテロは、人間の肉体ではなく精神を傷つけるので、見た目にははっきり分からない。 爆弾による女性テロリストの最高峰が大道寺あや子だ とすれば、言論による女性テロリストの最高峰は、なんと言っても慰安婦問題の松井やよりである。そして言論による男性テロリストの最高峰は、南京問題の本 多勝一である。もちろん両者ともに、朝日新聞の記者であるから、朝日新聞は間違いなく日本で最高の、と言うことは最悪の言論テロ組織であると言って間違い ない。朝日の言論テロによって、日本人の精神は傷つけられ、日本民族の誇りは奪われた。民族精神、大和魂が虐殺されたのである。日本の歴史上、これほど悪 逆非道な犯罪組織は、かつて存在しなかったと言ってよい。 しかしこの巨大犯罪が、犯罪として全く認識されていない。巨大報道テロ組織である朝日新聞は、 世間的には良質な報道機関として、のうのうと生き延びている。民族精神を再興して、日本人の民族精神を虐殺し続ける朝日新聞を打倒・撲滅できなければ、日 本の滅亡は免れない。民族は精神から滅ぶのであるから。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
469位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
220位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR