日系企業に放火、破壊、略奪 中国各地で反日デモ暴徒化 

日系企業に放火、破壊、略奪 中国各地で反日デモ暴徒化 
J-CASTニュース 9月16日(日)12時52分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120916-00000001-jct-bus_all
 日本政府による尖閣諸島(沖縄県石垣市)の国有化に抗議する中国の反日デモは、一部が暴徒化し、トヨタ自動車やホンダの販売店やパナソニックの電子部品工場、総合スーパーのイオンなどの日系企業が相次ぎ襲われ、破壊や略奪行為を繰り広げた。

 反日デモは2012年9月15日、北京市の日本大使館前をはじめ中国の57都市以上に広がり1972年の日中国交正常化以来、最大級の規模となった。16日も午前9時20分(日本時間)から北京の日本大使館前ではデモが始まったほか、各地で抗議行動が行われる。

■トヨタ販売店で100台が燃やされる

 北京の日本大使館前では9月15日、2万人以上がデモに参加し、一部が館内に入ろうとして武装警察隊と衝突した。大使館前のデモは国有化以降5日連続 で、参加者は「釣魚島を守れ」「日本に宣戦布告しろ」などと叫びながら、大使館に向けてペットボトルや生卵などを投げつけた。

 一方、地方都市ではデモ隊が日系企業を襲い、破壊や略奪行為を繰り広げたが、「愛国無罪」のもと、黙認された。

 山東省青島市では、参加した2万~3万人のデモの一部が暴徒化し、約10社の日系企業が襲撃された。トヨタでは販売店が放火され、100台以上のクルマ が燃やされたり、パナソニックの工場では生産ラインなどが破壊されたりした。総合スーパーの「イオン」ではデモの参加者が「日本の店をたたけ!」、と叫び ながら石を投げ、1階部分のすべての窓ガラスが割られた。陳列棚などが倒されて、商品が踏みつけられたり持ち去られたりし、営業休止に追い込まれた。

 江蘇省蘇州市のパナソニックの工場では守衛室などが破壊された。湖南省長沙市では、パトカーを含め10台以上の日本車が破壊された。日本車に乗った中国 人男性は車をひっくり返され、「非国民め!」と叫ぶデモの参加者に殴打された。四川省成都市では複数のコンビニエンスストアでレジが破壊された。

 上海では邦人が襲われ負傷するケースが相次いだ。デモによる邦人の被害は今のところ報告されていないが、北京の日本大使館は引き続き邦人に外出などを控えるよう、注意を呼び掛けている。

■16日も北京や成都、深センなど33都市でデモ

 こうした大規模デモを中国政府は事実上「容認」した。日本政府による尖閣諸島の国有化に、中国が一丸となって反対していることをアピール。中国船の日本領海への侵入とともに、日本に圧力をかける狙いがある。

 しかし、在外公館保護などを規定したウィーン条約を無視した投石を警察が容認するのは行き過ぎだ。中国では満州事変の発端となった1931(昭6)年の 柳条湖事件から81年に当たる18日にもデモが呼び掛けられていて、それに向けてデモ隊の行動がさらにエスカレートして収拾がつかなくなる恐れがある。

 日本政府は9月15日、中国のデモの拡大を受けて、中国政府に抗議するとともに、在留邦人と日系企業の安全確保を要請。北京の日本大使館の堀之内秀久公使が、中国外務省の羅照輝アジア局長に電話で申し入れた。

 反日デモは16日も北京や四川省成都、広東省深センなど少なくとも33都市で呼び掛けられていて、朝から日本大使館前では再びデモが始まっている。

日系企業、情報収集急ぐ=イオンなど被害店舗・工場を休業―中国反日デモ

時事通信 9月16日(日)20時55分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120916-00000097-jij-int
 日本政府の沖縄県・尖閣諸島の国有化に抗議する反日デモが中国各地で続いた16日、中国に進出している日系企業は現地情報の収集を急ぐなど警戒を強め た。デモが行われた四川省成都では、三越伊勢丹ホールディングス(HD)が百貨店「成都伊勢丹」を臨時休業。セブン&アイ・ホールディングスがスーパー 「イトーヨーカ堂」5店とコンビニ「セブン―イレブン」40店の営業を取りやめた。
 三越伊勢丹HDは中国への社員の出張を当面取りやめることを社内通知し、イオンは不要不急の中国出張を見合わせることにした。
 イオンは15日のデモで店舗が破壊された山東省青島のスーパー「ジャスコ黄島店」の状況把握を進めたが、「再開時期の見極めに必要な専門家による現場確認がまだできない」(コーポレート・コミュニケーション部)ことなどから、17日も同店の休業を続ける。
 湖南省に展開するスーパー3店全てがデモの被害を受けた平和堂は、3店の営業を18日まで休止することを決定。被害状況は「従業員を避難させていて詳細 が分からない」(広報担当者)という。ファミリーマートは成都の7店舗のうち4店舗で棚を倒されたり、窓を割られたりする被害が15日にあったことを確 認。被害があった4店の営業を16日午後再開した。
 パナソニックはデモで建物などに被害が出た青島、蘇州の2カ所の電子部品製造拠点と、中国人従業員が騒ぎを起こした広東省珠海の工場の操業を18日まで 停止することを決定。他の電機、精密、自動車などメーカー各社も「アンテナを張って情報を集めている」(リコー)などと情勢を注視している。 




反日デモ2日連続、40都市で=深センで催涙ガス発射・拘束者も―8万人参加・中国
時事通信 9月16日(日)19時4分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120916-00000087-jij-int
 【北京、上海、広州時事】日本政府が沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)を国有化したことに抗議する中国の大規模な反日デモは16日も少なくとも全土40都市で行われた。8万人以上が参加したとみられる。
 広東省深センでは一部が暴徒化し、警官隊が放水し、催涙ガスを発射。拘束者が出たとの情報がある。四川省成都の反日デモは2万5000人規模に拡大し、現地のイトーヨーカ堂や伊勢丹は休業した。日中関係の一段の緊迫化は避けられない見通しだ。
 反日デモは、日系企業が放火された青島(山東省)など全国50都市以上で起きた15日に続き、2日連続で暴徒化した。
 16日には、広州(広東省)の日本総領事館が入居する高級ホテル「花園酒店」が1万人以上のデモ隊に包囲され、暴徒はホテル1階の窓ガラスを破り、数十人がホテル内に乱入した。
 前日に2万人のデモ隊が押し寄せた北京の日本大使館前では、公安当局はバリケードを強化したが、それでも16日午前から1万人以上が集まり、投石などを 続けた。公安当局や武装警察もこれを事実上容認し続けた。日本大使館前のデモ隊は15日、石やペットボトルを投げ続け、館内に乱入を試みたりするなどの過 激行為を約10時間も続けていた。 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

破壊は中国の恥
最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
469位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
220位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR