静かだが情報革命は確実だ

米国の戦略変更は、2011年における重要な事項である。
昨年の10大ニュースでどの位置にあるか、それによって立ち位置が判明する物である。
近年のメデイアの没落に伴って、報道の意味が薄れた感は否めない。
権威の消失であるが、現状は如何ともし難い。情報革命は静かに深く大規模に進行している。
その事実から目を叛ける事は適うまい。2chが便所の落書きなら、糞紙にもならない役立たず、
と称されている。その未来図はネットに吸収されて、紙の上に印刷と言うのは廃れるのか、
紙の印刷物が形を変えて存続するのか判断する術は無い。
情報がURLを記せば済む。とか、記録媒体の変貌による物であろうかが、想像として
浮かぶ。共存する状態が続くか、住み分けになるか科学技術の進歩によって変革の状況は
変化してゆく。一言で言って、マスコミも変化しなければならない。
化石には過去の価値しかない。と言い切れる。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
519位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
233位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR