スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尖閣周辺の日中消耗戦に打ち勝つ 堅固な日本に中国メディア困惑も

尖閣周辺の日中消耗戦に打ち勝つ 堅固な日本に中国メディア困惑も
配信元:2012/10/03 12:19更新
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/america/595999/
記事本文
 【湯浅博の世界読解】
 沖縄県・尖閣諸島の周辺海域は、いよいよ我慢比べの「消耗戦」に入った。中国や台湾の公船は、台風で海が荒れていない限り、一定のシナリオに基づいて連日のように姿を現す。数で相手がひるむのを誘う作戦だ。
 それを予感させたのは割合に早くて、7月9日付の中国共産党機関紙、人民日報系の国際情報紙「環球時報」だった。「日本が釣魚島(尖閣諸島の中国名)問題で中国と争っても、まったく勝ち目はない」という宣伝記事である。
 記事は中国の取るべき戦術を列記して、「互いに報復しあおうではないか」と日本に揺さぶりをかけた。(1)巡航による主権行為を日本より多く実施する(2)日本が1歩進めたら、中国は2歩進める(3)両岸4地(本土、台湾、香港、マカオ)による保釣(尖閣諸島を守る)活動を強化する(4)経済関係に悪影響を及ぼす-などの4項目を挙げた。
 この記事は、台湾の馬英九政権について「当局はあまり熱心ではないが、民意として馬政権に呼びかけさせる」と、台湾を巻き込んで政権を動かす策略だ。台湾の巡視船が尖閣周辺に現れるところを見ると、中国の魔の手が伸びていたか。台湾や香港も巻き込んで日本の巡視船を疲労困憊(こんぱい)にさせるシナリオは、周辺海域で忠実に実行されている。
これら東シナ海の消耗戦は、フィリピンやベトナムを相手に南シナ海でみせる威嚇戦略とはやや異なる。比越には、対艦弾道ミサイルを装備した中国海軍の軍艦をちらりと見せていた。弱者に力を誇示する古典的な「砲艦外交」である。
 海軍力のある日本に対しては逆に海洋警察力を駆使して、ともかく我慢比べに持ち込む。尖閣周辺には、国家海洋局海監総隊に所属する海洋監視船「海監」と、農業省の漁業監視船「漁政」が展開する。
 海洋警察力としてはほかに、違法行為を取り締まる海警部隊、事故防止や救難活動をする交通部海事局などがある。中国海軍はいまのところ、将官クラスが威嚇発言を請け負い、日本国民の動揺を誘う「心理戦」を実行している。
 これに対して日本は、海上保安庁の艦船約360隻のうち、40隻前後を尖閣周辺に動員してがんばっている。中国メディアの中には、日本が予想外に堅固であることに、困惑する様子さえうかがわれる。
  米海軍大学のトシ・ヨシハラ教授は9月12日の米下院外交委員会で、中国が海洋警察力を動員するのは、米海軍に手出しできない状況をつくるためであり、数 で日本に戦略的疲労をさせるためだと証言した。確かに、中国の海監や漁政による挑発では、小規模すぎて米軍が介入する余地がない。米国が「アジア回帰」を 策しても、このままだと日本など同盟国からの信頼がそがれかねないだろう。
 そこでヨシハラ教授は、南シナ海の沿岸各国には艦船の増強に対して自助努力を支援する。また、偶発戦争に備え、同盟国に対艦巡航ミサイル部隊など攻撃力の配備計画をつくるよう米政府に求めている。国によっては小規模の軍事力を提供する。
 中国は尖閣周辺での海洋消耗戦とともに、国際社会に対しては「日清戦争末期に中国から盗んだ」とウソをふりまく。虚偽を繰り返して国際社会に信じ込ませる「世論戦」である。
 日本は今後も消耗戦のストレスと付き合いながら、比越など東南アジアと緊密な連携が不可欠になる。日本外交にも時には問答無用のことがある。(東京特派員)



尖閣戦争、シミュレーションでは短期間で日本が勝利?
配信元:2012/09/29 16:26更新
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/books/breview/595048/

記事本文
【花田紀凱の週刊誌ウォッチング】(381)
 尖閣をめぐる日中関係はますます緊迫の度を増し、各誌、「日中もし戦わば」のシミュレーションを。
 『週刊文春』(10月4日号)「尖閣海戦『自衛隊極秘シミュレーション』」。
 『週刊新潮』(9月27日菊咲月増大号)「実戦未経験『海上自衛隊』VS旧式装備『中国海軍』の尖閣局地戦」。
 『週刊現代』(10/6)「尖閣沖で火ぶたが切られる そのとき、何が起きるのか」。
 『週刊朝日』(10/5増大号)「尖閣を制圧するのはどっちだ」。
 『アサヒ芸能』(10・4特大号)「日中『尖閣全面戦争』完全シミュレーション」。
 兵力を単純に比較すると--。
 総兵力、日本23万人、中国230万人。戦闘機、日本361機、中国1200機。艦艇、日本143隻、中国950隻(『現代』)。国防費も日本の4兆7000億円に対し、中国8兆7000億円(『アサ芸』)。
 数字で見る限り、圧倒的に日本が不利なようだが、性能、特に航空機の性能、技能の練度に於いて日本が勝り、〈短期間で日本が勝利するというのが、専門家の一致した見方〉(『現代』)。
 但し、と『文春』。
 〈そもそも防衛出動が発令されなければ自衛隊は先制攻撃ができない。「防衛出動が発動するまで少なくとも三日かかる(中略)防衛出動がかかる前に交戦となれば、海自は全滅です」(元海上自衛官・中村秀樹氏)〉
関連記事
反日暴動の報道は『週刊現代』圧勝
【主張】習氏の尖閣発言 長期戦に備え…
記事本文の続き 田母神俊雄氏(元航空幕僚長)はこう言う(『アサ芸』)。
 〈一国のリーダーが戦争を怖がってはいけません。戦争を怖がると戦争になります。戦っても国を守るという総理の覚悟が戦争を未然に抑止する〉
 『朝日』が尖閣問題で「新聞・テレビが言わないなら、本誌が言おう」と気張って「ことの発端は石原都知事にある!」と石原都知事を非難、●(=登におおざと)小平の「棚上げ論」を評価している。
 とんでもない。「棚上げ」論で日本の行動を抑止しておいて、尖閣の石油を掘ったり、上陸したりしているのは中国だろう。話が逆だ。
(『WiLL』編集長)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
431位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
195位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。