愛国を考えるブログ ついに解散決定!日本は暗黒の時代から救われるのだ!



愛国を考えるブログ
2012年11月15日
ついに解散決定!日本は暗黒の時代から救われるのだ!
http://sinnnoaikokuhosyu.seesaa.net/article/301829836.html

ついに日本が暗黒の時代から救われる時代が来たのだ!今日の国会で野田首相は「来年1月召集の通常国会で「一票の格差」是正と衆院議員定数削減が実現すれば解散をする」と明言したのだ。もちろん安倍晋三自民党総裁もOKをした。当然だろう、これで日本中が救われるからだ。

 思えば民主党政権になってから日本は恐ろしい事ばかりが起きてきた。在日による犯罪が激増し、純粋な日本人が痛めつけられるようになった。そして敵国のスパイが侵入して日本の領土を加速度的に奪っていったのだ。角田美代子による事件はまさにその典型と言っていい。

  そして忘れてはならないのが東日本大震災である。もし民主党政権でなかったら被害はもっと小さかった。だが、地震を利用して多くの犠牲者を出すように仕向 けたのである。民主党は無能のふりをしていたが、実はわざとだったのだ。そして三条中学校で起きた中韓人の略奪行動も民主党政府の黙認のもと行われたので ある。どさくさまぎれに卑劣な行為を行う民主党はまさに日本の敵である。

 とはいえ、解散は非常に喜ばしい。選挙まであと一か月。私もだいぶ忙しくなるだろう。民主党の大敗は間違いないが、それを期待するだけではだめだ。自ら民主党の大敗、そして自民党の勝利のために動かなくてはならない。そのために工作活動は重要になってくる。

  私は民主党議員に対していかに日本の敵対行為をしているかを選挙民に啓蒙していくつもりだ。外国人参政権に賛成している、韓国人と仲が良い、子供が学校で いじめをして自殺をさせた、家族が韓流ドラマにはまっているetc.事実かどうかはどうでもいい、選挙が終わってしまえばみんな忘れてしまう。それ以前に 愛国者ならば民主党を倒すためなのだから快く許してくれるはずだ。

 これは日本が独立を続けるか植民地になるかの天王山である。すぎやま こういち氏は「日本は日本軍と反日軍の内戦状態にある」といったが、その内戦を終わらせることができる大チャンスなのだ。そのためには民主党を再起不能ま で追い詰めなければならない。だからこそきれいごとでは済まない。法律スレスレのぎりぎりの戦いが求められる。

 もし民主党が勝てばこのようになるだろう。
・外国人参政権で特定の島などが乗っ取られる
・外国人参政権により、将来的には日本人の選挙権が剥奪される
・夫婦別姓制度で夫婦は違う姓にすることを義務付けられる
・特定アジア人に暴力を振るうと犯罪行為になる
・逆に特定アジア人の日本人への暴力が合法化される
・刑務所の特定アジア人は強制的に釈放される
・全ての教員が日教組に強制的に加入され反日教育を強制的に行わせられる
・ジェンダーフリー教育も義務化される
・日教組に逆らう生徒児童は「ジェンダーフリー教育を実践する」名目で性的暴行を加えられる。
・TBSが国営放送となり、毎日見ることが義務付けられる
・産経新聞に破防法が適用され、廃刊となる
・自民党や維新政党新風などの愛国政党は解散命令が下る
・在特会や日護会の愛国組織も解散させられる
・靖国神社も破壊され英霊は辱められる
・日の丸は強制的に破棄され、民主党の党旗に変えさせられる
・消費税増税分は特定アジアへの賠償金になる

  民主党がこの3年間で上記のことを行わなかったのは警戒されるといけないのであえてしなかったのだ。次の選挙で民主党が勝てば間違いなく実行してくるだろ う。いくら民主党の大敗が予想されたとしても勝つこともあり得るのだ。そう考えれば決して妄想ではないのだ。だからこそ工作活動が重要なのである。

 国民は民主党の悪政に嫌気がさしている。そのためならば民主党の候補を社会的に抹殺することは正義の愛国行為として容認されなければならないのは言うまでもないだろう。

 昨日女優の森光子が亡くなると いう大ニュースがあったが、解散と重ならなければ本日の新聞の一面は確実だったであろう(スポーツ新聞は間違いなく1面で決まりだろうが)。もっと早く解 散していればこんなことにならなかっただけに、民主党は本当に許せない。もし森光子が解散のニュースを聞けば勇気百倍となってまだまだ長生きできたと思う から本当に残念である。

 自民党は国民の期待はもちろんだが、靖国の英霊など亡くなった方の霊も期待している。何が何でも自民党を勝たせなければならない。太陽の党と連携をして日本にふさわしい政党を、日本人のための政党を勝たせようではないか!そして日本を救おうではないか!

  自民党が政権に戻ればすべてが解決できる。政権交代こそ最大の景気対策なのだ。この不況もすべては民主党が仕組んだもの。自民党が間違った政策を正してく れるだろう。そのためには安定した議席が求められる。もし定数削減で自民党が苦しくなるのならばそんな約束は反故にしてしまえばいい。そもそも民主党政権 自体が憲法に違反している。そんな約束は破ってもかまわないのだ。約束破りも愛国心の一環で許されなければならないのだ。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
615位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
286位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR