「60%台前半?」気になる投票率 「政党多く読めぬ」 大阪

【衆院選】
「60%台前半?」気になる投票率 「政党多く読めぬ」 大阪

2012.12.8 22:40 (1/2ページ)[衆院選] 産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/121208/waf12120822450026-n1.htm


大阪府庁に掲げられている投票を呼びかける懸垂幕
 16日に投開票される衆院選で、投票率について関心が高まっている。大阪府内の選挙区の投 票率をみると、民主党が圧勝した平成21年の前回は、平成に入って行われた7回で最も高い66・79%を記録。郵政解散した前々回の17年も65・37% で、関心は高かった。だが、それ以前の3回は50%台半ばが続いた。今回は昭和58年以来、29年ぶりの師走の衆院選という要素も加わるが、府内の政党関 係者からは「有権者の反応から(投票率は)60%台前半では」との見方も出ている。
 衆院選は戦後、24回行われてきた。府内の選挙区の投票率は昭和24年の72・87%が最も高かったが、その後は70%を超えていない。21年の68・76%が2番目に高く、前回は6番目。多くは50~60%台前半で推移している。
  近年では、橋本内閣時の平成8年に過去最低となる54・81%まで落ち込み、12年、15年もそれぞれ55・69%、54・92%と、3回続いて50%台 半ばが続いた。これらに続くワースト4、5位はいずれも12月に衆院選があった昭和44、58年となっており、師走の選挙という要素も投票動向に影響を与 えそうだ。
 また、今回の選挙は政党が乱立。候補者を選びにくいという声も出ているが、その半面、選択肢が広がったとの見方もある。
 府内の政党関係者の一人は「前回、前々回より低くなるのでは。ただ、有権者の反応から、50%台半ばとなったときよりは高く、60%台前半でないか」とみる。別の政党関係者は「今回は政党がたくさんあり、読みにくい」とも。
 府選管では、投票を呼びかけるため庁舎に懸垂幕を掲げたり、10日から投票日の16日まで大阪・梅田の百貨店前の電光掲示板に啓発画像を流したりするなど、投票率アップに懸命。担当者は「政権が決まる選挙。一人でも多くの人に投票に行ってほしい」としている。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
615位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
286位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR