嘘つき民主党 歴史的な大敗 党分裂も影響

<衆院選>民主党 歴史的な大敗 党分裂も影響
毎日新聞 12月17日(月)0時32分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121217-00000015-mai-pol
 民主党は衆院選では、05年の郵政選挙で113議席だったのが過去最低の獲得議席だったが、今回はこれも下回る歴史的な大敗となる。09年衆院選マニフェストへの「うそつき」批判をぬぐえず、消費増税法をめぐる党分裂の影響も乗り越えられなかった。

 党内では後継代表候補として、野田首相の路線を引き継ぐ岡田克也副総理や、参院議員の輿石東幹事長に近く、9月の代表選でも出馬を検討した細野豪志政調 会長らの名前が挙がっている。細野氏は15日夜、フジテレビの番組で「今の党執行部の責任は免れない」と語った。また、輿石幹事長は記者会見で「この選挙 で陣頭指揮をとったのできちんと受け止める」と述べた。

 民主党は、衆院選で「民自対決」を演出し、2大政党の一角に踏みとどまることで、選挙後の存在感確保を目指した。

 だが、鳩山由紀夫元首相の米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題での迷走▽菅直人前首相の福島第1原発事故対応▽野田首相の消費増税--と、民 主党政権で積み重なった有権者の批判をはねのけることはできなかった。首相は「3年3カ月の政権運営で、政権交代を実現した時の国民の熱い期待に応えるこ とができなかった」と総括した。

 また、首相は今後の自民、公明両党との関係について「政策中心で、3党合意など約束したことはしっかり前に進めるような協力はある」と述べた。民主党は今後、第1党を維持している参院を足場に、社会保障改革などを安倍政権に迫って存在感を発揮したい考えだ。

 政局の節目で政権の足を引っ張った小沢グループが姿を消し、消費増税などで「純化路線」が進んだことで「結束は維持される」との見方もある。一方で、 「民主党に見切りを付け、参院選前に離党する参院議員が出かねない」(党幹部)との懸念も出ている。今後は、来年夏の参院選が民主党出直しの試金石とな る。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
627位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
281位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR