時代をちょっとだけ斬る!「日本側は故意に事件拡大」=レーダー照射で中国軍幹部


専守防衛と言う施策が時代錯誤で尖閣諸島防衛に何等役立たない事は
自明である。現場では政治の混迷を後にして命懸けの攻防が繰り広げられている。


時代をちょっとだけ斬る!

「日本側は故意に事件拡大」=レーダー照射で中国軍幹部
ミジンコ  - 2013/02/07 22:36
http://mijinco.blog.shinobi.jp/

【香港時事】6日の香港中国通信社電によると、中国海軍軍事学術研究所の李傑研究員(大佐)は中国海軍のフリゲート艦が海上自衛隊の護衛艦に火器管制レー ダーを照射したことについて「日本側は故意にこの事件を拡大しようとしている可能性がある」として、日本政府の対応を批判した。
 李研究員は、火器管制レーダーは武器を使うためというよりも相手を探知する目的で使用することが多いと主張。日本側は今回の事件を今後の中国との交渉の材料にするつもりではないかと語った。

ソース元: 時事ドットコム


大嘘だ。中国海軍の大佐が本気でこんな主張をしているとしたら中国軍は既に着火されたダイナマイトだ。火器管制レーダーを索敵に使うことは絶対に有り得な い。レーダーが相手に当たった瞬間に交戦開始となる。相手が自衛隊だからこそそうならなかったが他の国の軍隊に火器管制レーダーを照射した時点でどんな言 い訳も通じない。レーダー照射をされた側は回避行動と同時にレーダー照射元の迎撃を試みる。こんなことは軍事の常識だ。

もう何度も述べているが何度でも言おう。火器管制システムによるレーダー照射は攻撃だ。威嚇などと判断する軍隊は無い。レーダー照射をされた側が反撃して もそれは当然の権利だというのは古今東西の軍隊の共通認識だ。中国だけが別のルールを信じたいようだがそれは考えが甘い。レーダー照射された側は防衛のた めに迎撃する権利がある。当たり前の話だ。日本の自衛隊だけは専守防衛の超拡大解釈で攻撃されてもなお我慢するような世界史でも稀な攻撃しない軍事力であ るが、他のどの国を見てみても自国の艦船や航空機がロックオンされて撃沈・撃墜されるくらいならば先にその撃とうとしている敵を攻撃する。

こんな軍事の常識を中国軍では大佐すらも知らないふりをしている。卑怯なんてもんじゃない!この大佐をビルの屋上から吊り下げてロープをノコギリでギコギ コとひいてもロープが切れるまでは「攻撃ではないのだから我慢しろ!」と言ってみたいものだ。眉間に安全装置を解除した拳銃を押し当てて引き金に指を添え た状態でも「まだ撃っていないのだから攻撃ではない!大袈裟に捉えるな!」と言ってみたい。

レーダー照射とはそれ即ち死刑宣告のようなものなのだ。皆さんもご存知のようにミジンコもレーダー照射の恐怖に耐えながらも対策を講じている。そう何度か ブログで触れているジャマーやフレアといったロックオン後に追いかけてくるミサイルをかわすための装置だ。これが完璧に役立つかといえばそうでもないらし い。あくまでも上手くいくときもあるが通じないときもある程度。つまり場合によっては気休めにしかならない。それでもロックオンしてきたミサイルはほぼ確 実に当たるのでなにもしないよりかはマシということなのだ。しかもどう考えても攻撃する側のミサイルの数の方がフレアやチャフといった目標をそらせるため のダミーよりも多いはずだ。何度も撃たれたら先ず助からない。自衛隊の艦船やヘリはそういう恐怖に何度も晒されているということだ。そんなことをしでかし ている中国軍の大佐が開き直って日本を非難だと?ふざけるな!




民主党は中国に自衛隊が攻撃されていても公表していなかった

ミジンコ  - 2013/02/07 00:10
http://mijinco.blog.shinobi.jp/

レーダー照射を「威嚇」と称する報道が多々あるが軍事的にはっきり明言しておくべきことなのでこのブログではレーダー照射は「攻撃」と記述する。当たり前 のことだ。どこの軍に聞いても明らかなことだ。レーダー照射は威嚇の範疇を超えている。レーダー照射はそれ即ち攻撃である。このことを曖昧にボカして話す ことは今後の中国に対しても良い結果は招かない。中国外務省はこの中国軍による自衛隊へのレーダー照射を「報道で知った」と寝耳に水だったことを明かして いる。つまり中国軍部を中国共産党がコントロールできていないと白状したということだ。そんな暴走する中国軍部は軍としては未熟であり、レーダー照射につ いても甘ったれた考えが見え隠れする。相手が反撃してこないとタカをくくっているからこそのレーダー照射なのだ。レーダーを照射された側はたまらない。回 避行動を必死にしたところでレーダー照射後に放たれるミサイルや砲弾は的である自衛隊の艦船やヘリを外さない。自衛隊が助かるための最善策は中国軍が発射 する前に撃沈することだ。そんなことは誰も望んでいない結末だがレーダー照射とはその選択を自衛隊に迫ったのだ。

よくぞ自衛隊は堪えて迎撃しなかったものだ。撃つ勇気よりも撃たない勇気の方が難しい。そのことを中国の未熟な兵士たちは少しは学ぶべきだ。いつか中国が 戦闘状態にブルって発射ボタンを押してしまったときが中国崩壊の始まりだ。その方が中国共産党に抑圧された人民は助かるケースもあるのだろうが、自己の実 力は度外視してプライドだけは高い中国人民は敗戦というものに耐えられるだろうか?今の中国共産党と中国軍部とのチグハグ具合からして戦争開始から数日で 中国共産党は倒れることだろう。それを中国共産党は分かっているはずだ。

今のハイテク化された海の戦闘に追いついていない中国海軍の惨憺たる状況は予想に難くない。海上自衛隊と米海軍のハイテク兵器の実験場のような状況にな る。制空権は百戦しても百回が日米連合軍のものだ。海も同様だ。海上から海中まで中国海軍の艦艇で沈まない船があったら奇跡だ。世界で海上自衛隊と米海軍 だけが合わせ持つデータリンク・システムは大袈裟ではなく今のところ無敵状態だ。どうやってこの最強の矛と盾を合わせ持つ連合軍とカタチだけでもの戦闘を 継続できるものなのか、今もって最新鋭化への前途多難な道半ばの中国海軍では到底不可能な話なのだ。そういうことを無理に報道しろとは言わないが日本人は 戦争を望んでいるわけでもないのだから現実的な軍事力、すなわちハイテク化された戦争での「差」くらいは報道するべきだ。そんな現状に調子に乗る日本の” 自分はなにもしない自称保守派”がやっかいな存在だが現実は現実として中国がいかに無茶苦茶な挑発を日本にしているのかをあからさまにしていくことも ジャーナリストたちの使命だろう。

ましてや、この民主党の政権時代での隠蔽は許しがたい犯罪だ。

東シナ海での中国軍による自衛隊への射撃用レーダー照射が、野田政権が昨年9月に尖閣諸島(沖縄県石垣市)を国有化する前にもあったことがわかった。政府関係者が明らかにした。安倍政権が5日に公表した今年1月下旬の事案以前にも、同じ海域で複数回、照射があったとしている。

政府関係者によると、1月30日に中国軍艦が海上自衛隊護衛艦に火器管制用レーダーを照射したのは尖閣諸島の北西百数十キロの公海上。同月19日に海自ヘリコプターへの照射があったとみられるのも同じ海域。

防衛省は今回公表したケース以前にも周辺海域で複数回、自衛隊への中国軍のレーダー照射を把握。
今回の「数分間」(防衛省)より長く照射したケースもあるという。日本政府は「日中関係を悪化させる
懸念がある」(政府高官)とこれまで公表を避けてきたが、今回は立て続けにレーダー照射されたため、
安倍政権が事態を重く見て公表に踏み切った。

ソース元: 朝日新聞デジタル (←既に削除されています)


朝日新聞がこういう報道をするようになったとは驚いた。その位、もう民主党はかばい切れないほど酷いということなのだろうか?

民主党の海江田代表も細野幹事長も自民党がレーダー照射の件で「公表が遅い」と批判していた。実際には公表は遅れていない。レーダー照射の有無を分析、確 認するまでに時間がかかっただけのことで事実と判明してからは自民党政権は迅速に公表している。そもそも尖閣ビデオを隠蔽した民主党がなにを言うのか?と いう気もする。民主党議員たちは記憶力がないのだろうか?

そしてこの朝日新聞の記事だ。なんと驚くべきことに民主党政権は自衛隊が中国軍にレーダー照射をされていてもそれを隠蔽していたのだ。日中関係を悪化され る恐れだのなんだのと理由をつけてはいるが要は中国側に不利な情報を出したく無かったに過ぎない。これが当時の日本国の政府の判断なのだから笑えない。

こういった数々の民主党政権による隠蔽工作は今後は訴追されていくべきだ。スパイ防止法は絶対に必要であり、その法律の成立と同時に民主党への徹底した調査、然るべき逮捕、起訴が日本の国防に叶うことだ。

強い方が挑発行動を延々と繰り返しているのではない。弱い方が自分たちの弱さを知らないまま、もしくは知らされないままに強者への挑発行為を繰り返してい るのだ。このままでは中国軍部は本当に勝てると思い込んで戦争に突入してしまう。これでは眠れる獅子と思われていた中国が実際に起きて戦ってみたら弱かっ たという過去の歴史の繰り返しとなってしまう。今、戦争をやったところで中国には万に一つの勝ち目もないということを中国軍部が自覚しないことには戦争の 危機がいつまでも付きまとう。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
358位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
155位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR