スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎日新聞のお粗末記事-陸自の戦闘服通勤に地元反発

蟷螂亭日記
http://blog.goo.ne.jp/touroutei/e/c57c1a0549214d24b1554e5efd2cf6bb
毎日新聞のお粗末記事-陸自の戦闘服通勤に地元反発
2013-02-11 01:32:26 | 日記
・毎日新聞の「陸自大津駐屯地:「戦闘服通勤やめて」 地元住民反発、市長に協力要請 /滋 賀」の記事を見て唖然としてしまった。まだこんな寝ぼけたような記事を書く記者がいて、その寝ぼけた記事を平気で掲載する怪しげな新聞があるなんて信じら れないという思いであった。こんなものを取り上げて論評するのもバカバカしいが、これが日本の新聞の現状であるならば捨てておく訳にもいかないと思い、筆 をとった。

・記事の内容はこうだ。まず前段で、今年1月から陸上自衛隊大津駐屯地では自衛隊員が迷彩服で通勤を始めたが、地元住民らが「戦争の象徴の服で日常生活に 不安を感じる」と反発しているとし、そして後段で、2月8日に地元学区の九条の会や新日本婦人の会を中心とする住民有志20人が「自衛隊の戦闘服通勤はや めての会」を結成して、大津市長に戦闘服通勤の中止を求めるよう文書で要請したという内容だ。

・誰もが一目見れば解るとおり、この記事には事実報道という観点から見ると幾つかの不適切な問題がある。

・まず、陸自の迷彩服通勤に反対しているのがどのような人々かはっきりしない点である。記事は、前段で「地元住民ら」と如何にも地元住民の多くが反対して いるかのような書き振りであり、後段の大津市長へ文書要請を行ったのは「地元学区の九条の会や新日本婦人の会を中心とする住民有志20人」とされ、多くの 地元住民のうちの有志20名が代表して文書要請を行ったような書き振りになっている。だがここには多くの誤魔化しがある。前段の「地元住民ら」の「ら」と いうのは地元住民以外の人間が含まれているということであり、その「地元住民ら」とは後段から察するに僅か20名ばかりの人々であり、それも地元であるの は地元学区の「九条の会」という組織であって、「住民有志20名」にどの程度の地元住民が含まれるかまったく解らないというのがほんとのところだろう。こ んな反対している人々がいるかいないか解らないような事象をさも地元住民が多く反対しているがごとく誇大に書き、読者に誤解を与えるような記事を書く記者 はジャーリストではなく、ペテン師に近いといってよいだろう。

・それに、ここで出てくる住民有志の中心となっている「九条の会」や「新日本婦人の会」というのは、日本共産党など左翼政党傘下の大衆的政治団体である。 この迷彩服反対運動も、彼らの政治主張である「護憲・再軍備反対」のキャンペーンの一環としてなされているものであり、決して地元住民の発想ではない。新 聞というのは本来不偏不党の立場に立って事実を報道すべきであるが、この報道は事実の正確な報道とはほど遠く、左翼政党のプロパガンダを代行しているよう な極めて偏ったものである。

・更に言わせてもらえば、どこの住民だか解らない連中が自衛隊員をつかまえて「戦争の象徴の服で日常生活に不安を感じる」と反発しているのは、一種の職業 差別であり、憲法に定める基本的人権の尊重や法の下の平等に違反してはいないかということである。普段あれほど護憲だ人権だと言っている連中が、自分たち の主義主張のためには基本的人権の尊重や法の下の平等などどうでもいいというのは語るにおちたというものであろう。彼らは自衛隊法そのものが憲法違反とい うかもしれぬが、それは単なる主張であって現行制度下で自衛隊が合憲なのは小学生でも知っている。自衛隊に反対なら反対で素直に言えばよいのであって、そ れを迷彩服にイチャモンをつけるような姑息な手段をもちいるなんて卑怯なマネをするな。恥をしれ!

・こうした職業差別の行為を放っておいて無神経な記事を書く記者の常識を疑うし、それを何のチェックも入れずに紙面に掲載する新聞社も新聞社である。まー 腐れ左翼の牙城となっている毎日新聞のことだから、事実報道に名を借りて左翼思想のプロパガンダをしているのだろうが、それにしても芸のないお粗末な記事 である。こんな新聞を購読している人間の顔をみたいものだ。

筑紫の国の片隅にて

陸自大津駐屯地「戦闘服通勤やめて」報道について

2013/02/10 19:50
 http://bigwing24.iza.ne.jp/blog/entry/2998590/
毎日新聞はついに「九条の会」の広報誌になりさがったようです。
「戦闘服通勤やめて」と題して、「九条の会」を中心とした少数市民による、自衛隊敵視行動を
さも当然のことのように報道しています。
ざっと調べてみましたが、京都新聞や中日新聞などはこの話題を取り上げていません。
人民朝日の地方版にも見当たりません。
この市民たちが言っていることは、明白な「職業差別」であり侮蔑的な発言です。
いざという時、地域住民と国民の命を守ってくれる自衛隊員に対して、いわれなき難癖をつけて
いるとしか思えません。感謝や敬意をはらうという気持ちを持ち合わせていないんでしょう。
そもそも迷彩服を「戦争の象徴の服」と捉える感覚がおかしいのであり、それを言うなら学生服
やセーラー服だって「戦争の象徴の服」になってしまいます。
海外の多くの国では、軍人は尊敬される職業であり、軍服や迷彩服で町中を普通に歩いています。
殆どの店や食堂では、愛国者ということで歓迎される存在です。
日本の一部の空想平和主義者や似非リベラリストたちは、自衛隊を目の敵にし、自衛隊員の人権
を認めようとはしません。日頃、「人権」だ「差別反対」などと主張しているくせに、自分たちが認め
たくないからという理由で、自衛隊員を差別し、人権を侵している自己矛盾をどう説明するのか。




自衛隊員は迷彩服で通勤するな!?・・・滋賀県大津市で「自衛隊の戦闘服通勤はやめての会」結成

http://ameblo.jp/novausagi0116/entry-11467141575.html



「戦闘服通勤やめて」? 情けない化石左翼とそれを報道するマスゴミ”

http://blogs.yahoo.co.jp/otokotachinoyamato1945/39787064.html


また大津!自衛隊の迷彩服通勤に「一部」住民「戦争の象徴、不安を感じる」と反発(激怒)【凸文例アリ】 
2013-02-10 11:42:34
http://blog.goo.ne.jp/fukudaikichi/e/3129e5aa1c35809d0cf553680a678e84


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
541位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
240位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。