古色蒼然たる朝日の「専守防衛」固執 杉浦正章 さん

永田町幹竹割り


2013-07-29 07:11  nice!(1)  杉浦正章 さん
http://thenagatachou.blog.so-net.ne.jp/
「海兵隊・敵基地」で社説が割れる

◎「海兵隊・敵基地」で社説が割れる
 古色蒼然たる朝日の「専守防衛」固執
 防衛大綱中間報告が唱えた「海兵隊機能の強化」と「敵基地攻 撃能力保持」をめぐり新聞の論調が割れた。読売、産経、日経が推進論なのに対して朝日は真っ向から反対、毎日は反対に近い慎重論だ。言うまでもなく大綱中 間報告は尖閣諸島奪取を目指す中国と、北朝鮮の核ミサイル開発を強く意識したものとなっており、年末の大綱閣議決定への先駆となるものである。新聞論調は 我が国周辺への状況認識の差が強く反映されているが、反対論急先鋒の朝日の社説はもっぱらよりどころを「国是としての専守防衛」に置いている。もはや「専 守防衛」で対処しきれない事態を無視し、冷戦時代の国防思想を盾に反対するしかないのだ。時代の状況を見て見ぬ振りをする時代錯誤が背景にある。
  中間報告は(1)自衛隊の海兵隊機能の強化(2)弾道ミサイルへの総合的対応能力の充実(3)高高度滞空型無人機の導入を掲げている。ミサイルへの総合的 対応能力が、間接的表現ながら敵基地攻撃能力の保持を指すことはあきらかだ。これに対してまず推進論をみると、その内容は一致して緊迫感を増す極東情勢へ の対応が不可欠であるとの観点から論じられている。読売は28日付の社説で「いずれも重要な課題であり着実に実施することが大切」と論じている。これに先 立つ6月25日の社説で「海兵隊的機能を自衛隊に持たせることが急務」と主張している。産経は中間報告を「評価したい」ともろ手を挙げて賛成、敵基地攻撃 能力保有についても大綱での明記を求めている。日経は「いくら自衛隊の能力を高めても、その内容が安全保障情勢の変化に合っていなければ、宝の持ち腐れに なりかねない」として専守防衛では国防が成り立たないことを指摘。「現実に見合った路線」と評価している。
 これに対して朝日は中国の新聞の社説 かと見間違うような論調を展開している。まず海兵隊機能について「海兵隊と言えば、世界を飛び回り、上陸作戦にあたる米軍を思い起こさせる。その表現ぶり には懸念がぬぐえない」とまるで自衛隊が米海兵隊と同様に世界中で参戦するかのような書きっぷりである。読んだ読者が「反対」に回るような巧みな「世論誘 導」を仕掛けている。その最大の間違いは海兵隊は中国が「陸戦隊」と呼ぶように名前こそ違うが、各国が保有している軍隊組織だ。イギリス、オランダ、イタ リアなど西欧諸国はもちろんベトナム、イスラエル、レバノンに至るまで保有しているのだ。韓国、台湾などの海兵隊は米海兵隊を模範としている。従って朝日 は現実をあえて無視しているか勉強不足なのであろう。
 社説はさらに続けて「高い攻撃力をもつ海兵隊と自衛隊は根本的に違う。日本には、戦後一貫 して維持してきた専守防衛という原則があるからだ。米軍に類した活動に踏み出すかのような誤った対外メッセージを発してはならない」と全面否定している。 一方「敵基地攻撃能力」を備えることについて、「そんな能力の保持に周辺国が疑念の目を向けることは避けられない」とやはり否定している。
 これ を見れば明らかなように、社説は冷戦時代から対野党対策もあって日本が後生大事に守ってきた「専守防衛」の思想に固執している。しかしこれは誤りだ。米ソ 対決の時代に想定された戦争に日本の出る幕はない。対ソ戦には米国を側面から支援するしかなかったのだ。だから米国は「矛(ほこ)」日本は「盾(たて)」 の思想が成り立ったのだ。翻って極東の現状を見れば、相手の一撃を甘受する「専守防衛」などと甘いことを言っていられないのが現状だ。北朝鮮は日本の都市 の名前を列挙して核ミサイルを撃ち込むと恫喝しており、気違いに刃物でいつ発作を起こすか分からないのだ。いったんミサイルが発射されれば10分間で東京 に到達する。核搭載可能な中距離ミサイル・ノドンは300基が配備を完了している。これでも敵基地を攻撃する能力を保持するなと言うのだろうか。もう3度 目の核兵器の洗礼は何が何でも防がねばならない。たとえ危機的状況下において先制攻撃をしてもだ。
 中国も公船が尖閣諸島の領海を侵犯し、艦船が 日本を一周して挑発し、航空機へのスクランブルが多発している。隙あらば、尖閣奪取の機会をうかがっているとしか思えない状況が続いている。これに備える ことが朝日の言うように「周辺国が疑念の目を向ける」のだろうか。自分の軍拡をさておいてである。悠長かつ意図的な机上の空論を展開しているとしか思えな い。逆に周辺国の軍拡と挑発に日本が「疑念の目」を向けて、防御の姿勢を取ることがそれほど朝日はいら立ち、憎いのだろうか。防衛力増強の最重要ポイント がその行使ではなく、敵に戦争を思いとどまらせる抑止にあることは言うまでもない。弱い脇腹を好戦的な国々にさらし続けることを奨励するまるで見当外れの 社説をなぜ展開しなければならないのだろうか。要するに朝日は失礼ながら「馬鹿の一つ覚え」なのであろう。「専守防衛」という仏壇の奥に眠っていた経典 を、今どき引きだして読み上げても、一触即発の極東情勢に対応できるはずがないではないか。反対するなら新たに理論武装して出直すべきであろう。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
385位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
161位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR