スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

首相、法人税減税に前向き 日本企業「勝ち抜くため議論」

世の中は、消費税増税にアベノミクスの去就を危ぶむ声が大きい。

法人税の減税に消費税増税が充てられては、国民の理解は得られまい。
企業法人の利益が減少したのは、中共進出による打撃が大きいとの見方があれば、
さらに、経済紙も経済団体も先を争って進出したのであれば、企業の判断に任すべきであろう。

麻生太郎財務相は、「消費税を3%上げる一方で、法人税を下げるというのは世間で通るだろうか。
常識的には難しい」と述べたと言うが、当然、麻生太郎財務相への支持があがるであろう。

消費税増税法案は、何かと疑問の多い三党合意の結果であるから、当初から反対である。
デフレ脱却と原発再稼働は何かと議論が多い。これも前民主党政権の負の遺産の一つで
あろうか。野田前首相は、「女性宮家」創設で、天皇陛下を脅迫し、消費税では、国民を叩きのめし、
まったく、罪の多い事だ。野田が他の2人よりマシだって?  とんでもない。

民主党政権三代の首相は、日本政治史の暗黒面と考えるべきである。
民意を代表しないものに首相をやらせてはいけないと言う事である。
首相公選を謡う政党が、急に勢いをなくしたのも道理である。



首相、法人税減税に前向き 日本企業「勝ち抜くため議論」
配信元:
2013/09/17 23:29更新
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/684736/

この記事に関連するフォト・情報
記事本文
 安倍晋三首相は17日のテレビ朝日番組で、法人税減税について「(日本企業が世界で)勝ち抜いていく上で、今の法人税率でいいのかどうかきっちり議論していきたい」と述べた。
 法人税減税は、来年4月に予定する消費税率引き上げに伴う景気対策の一環として候補に上がっており、甘利明経済再生担当相は成長戦略に沿って企業の設備投資や賃金引き上げに対する法人税の減税措置の導入・拡充を検討している。
 首相は番組で「世界で最も企業が活動しやすい国にしていきたい」と語り、民間企業の活動を促すため法人税の引き下げを検討する考えを示した。
 ただ、法人税の実効税率引き下げには、麻生太郎副総理兼財務相が慎重な姿勢を示し、自民党税制調査会も慎重で、中長期的な経済対策の課題としている。


「世間で通るのか」と麻生財務相が重ねて難色 消費増税時の法人税下げ案に

配信元:
2013/09/17 14:48更新
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/economy/policy/684612/

この記事に関連するフォト・情報
記事本文
 麻生太郎財務相は17日の閣議後の記者会見で、法人税の実効税率の引き下げに関し「消費税を3%上げる一方で、法人税を下げるというのは世間で通るだろうか。常識的には難しい」と述べ、あらためて否定的な見解を示した。
 麻生氏は、減税を検討するには政府による税収見通しの動向を見極める必要があると強調。法人税の減税が「財政健全化目標の達成を著しく阻害することにもなりかねない」と指摘した。
 甘利明経済再生担当相は閣議後会見で、法人税減税に慎重な財務省と、安倍晋三首相の間で意見が異なったときに、どちらを優先するのかとの質問に対し「議論の余地はない。当然首相だ」と述べた。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
426位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
183位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。