スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在特会の街宣は「人種差別」=ヘイトスピーチと認める―賠償命令も・京都地裁

京都で左翼判事によるトンでも判決があった。
司法の左翼化は良く知られているが、高額な損害賠償には驚きである。
人種差別撤廃条約の一部は批准されていないと言うが、
この判決も先取りとすれば、違法な判決と言い得るであろう。
特異的な司法判断は、結局、司法の信頼を減退させるであろう。
京都地裁は、在日の為の司法判断を行ったと言い得る。


在特会の街宣は「人種差別」=ヘイトスピーチと認める―賠償命令も・京都地裁
時事通信社 2013年10月7日 13時14分
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20131007/Jiji_20131007X348.html

京都朝鮮第一初級学校(京都市南区)周辺での街宣活動で業務を妨害されたなどとして、学校を運営する京都朝鮮学園(同市右京区)が「在日特権を許さ ない市民の会(在特会)」と関係者9人を相手取り、半径200メートル以内の街宣禁止と計3000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が7日、京都地裁で あった。橋詰均裁判長は在特会の街宣は人種差別に当たるとし、同範囲内の街宣禁止と約1226万円の支払いを命じた。
 学校側は街宣をヘイトスピーチ(憎悪表現)と認定した上での賠償を請求。在特会側は街宣は表現の自由により保護されると主張していた。
  橋詰裁判長は、「在特会の一連の行動は在日朝鮮人に対する差別意識を訴える意図があり、人種差別撤廃条約に盛り込まれた『人種差別』に当たる」と、事実上 ヘイトスピーチだと認定。「違法性があり、人種差別行為に対する保護及び救済措置となるよう(賠償額は)高額とせざるを得ない」と述べた。
 原告側によると、ヘイトスピーチに対し、禁止や賠償の司法判断がされたのは初めて。
 判決によると、関係者らは2009年12月〜10年3月、同校周辺で3度にわたり「スパイの子ども」「朝鮮半島に帰れ」などと、拡声器で怒号を発するなどして授業を妨害。この様子を写した動画をインターネット上で公開したとされる。 



ヘイトスピーチ禁止判決「朝鮮学校の名誉毀損」
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20131007-OYT8T00914.htm

 朝鮮学校の周辺で3回にわたって街頭宣伝活動をし、民族差別などのヘイトスピーチ(憎悪表現)を繰り返して授業を妨害したなどとして、学校を運営 する京都朝鮮学園(京都市)が、市民団体「在日特権を許さない市民の会(在特会)」や同会メンバーら9人を相手取り、学校の半径200メートル以内での街 宣の差し止めと計3000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が7日、京都地裁であった。
 橋詰均裁判長は、同会などに街宣の差し止めと計約1200万円の支払いを命じた。
 橋詰裁判長は「街宣などは原告に対する名誉毀損(きそん)。在日朝鮮人に対する差別意識を世間に訴えるのが目的で、人種差別撤廃条約が禁じる人種差別に該当する」と述べた。
(2013年10月7日  読売新聞)

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
621位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
273位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。