大型台風、房総沿岸北上へ=東海・関東が暴風域、厳重警戒―広域で大雨高波・気象庁


大型台風、房総沿岸北上へ=東海・関東が暴風域、厳重警戒―広域で大雨高波・気象庁


時事通信 10月16日(水)6時26分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131016-00000018-jij-soci

 大型で強い台風26号は16日朝、伊豆諸島・新島の南南東海上を速度を上げて北上した。東海と関東甲信が暴風域、中国・四国の東側から東北が強風域にあり、気象庁は暴風や高波、大雨に厳重な警戒を呼び掛けている。
 26号は16日午前9時ごろまで房総半島沿岸付近を北東へ進み、同日午後に三陸沖で温帯低気圧に変わる見込み。東海や関東では通勤・通学時間帯に大荒れとなっており、交通機関の乱れに注意が必要。
 26号は16日午前5時、新島の南南東約60キロの海上を時速60キロで北東へ進んだ。中心気圧は955ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。中心の東側330キロ以内と西側280キロ以内が25メートル以上の暴風域、東側950キロ以内と西側600キロ以内が15メートル以上の強風域。
 伊豆大島では16日午前3時50分すぎまでの1時間雨量が122.5ミリ、同5時までの24時間雨量が794.0ミリに上り、ともに同地点の観測史上最多を更新した。
 16日午前5時までの1時間雨量は、東京都心でも45.0ミリ、横浜市と千葉市で43.0ミリの激しい雨となった。
 17日午前6時までの24時間予想雨量は東北200ミリ、中国と北陸、北海道150ミリ、関東100ミリ。
 16日未明の最大瞬間風速は、八丈島で44.7メートル、岡山県奈義町で36.7メートル、京都府舞鶴市で35.0メートルを記録した。
 海上は猛烈なしけで、16日の波の高さは伊豆諸島と関東12メートル、東海と東北10メートル、北海道8メートルと予想される。 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
385位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
161位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR