スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍政権とマスコミの300日戦争

2011/08/22 16:04

>静かなる細き声
http://seisai-kan.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/post_c36f.html
2007年9月15日 (土)
安倍政権とマスコミの300日戦争
陰暦 八月五日 【石清水八幡宮祭】
>安倍政権とマスコミの間で人知れず繰り広げられていた暗闘を簡単にまとめてみます。
(1)竹島一彦公正取引委員会委員長の再任
 
(2)不二家報道捏造問題
 TBSの番組「みのもんたの朝ズバッ!」が菓子メーカー不二家に関して事実に基づかない報道をしました。2007年1月23日のことです。
 これに対し、政権が直接命じたわけではありませんが、5月10日に放送倫理・番組向上機構(BPO)が設立され、5月23日の第一回会合から不二家報道捏造問題が主題となっています。政治家の答弁の捏造も取り上げられています。
 放送倫理・番組向上機構が安倍政権の肝煎りで設立されたことは明白です。
(3)消費者金融の取り締まり強化
 これは小泉政権時代から続いている政策ですが、安倍政権は消費者金融の取り締まりを強化しました。これによって、消費者金融のイメージはダウンし、テレビCMが激減しました。
 もしかしたらマスコミが安倍政権を必死でたたいた主因はこれかもしれません。
(4)NHKのチャンネル削減
  この中で肥大化して民業を圧迫し、受信料の吸い込み口になっているNHKのチャンネル削減と受信料の値下げが盛り込まれる予定です。創立以来拡大する一方であったNHKがついに縮小されようとしています。
 このように、安倍政権の隠れた方針が、近年暴走を強めていたマスコミの規制であったのは間違いないでしょう。
 熾烈な安倍政権叩きが始まったのは5月の末からで、これは放送倫理・番組向上機構の設立と竹島委員長の再任に歩を一にしています。参議院選挙を乗 り越えた安倍政権が取り組むのがマスコミ改革であることに気がついたマスコミは、何が何でも政権を潰すことを決意したのでしょう。
(抜粋引用終わり)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
541位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
240位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。