日本の集団的自衛権行使 韓国「半島では同意必要」

この記事は、変と言えば、本当に変な記事である。
朝鮮半島の有事など事例に沿う形での主権に関わる問題とは、またも問題な言葉である。
韓国政府の意図は、日本が半島情勢に関わって欲しくないと、アメリカ政府に言ったと言う事である。
しかし、韓国政府の目的とは異なって、韓国の維持現状はアメリカと日本に依存している。
最近、韓国政府首脳はおかしいとするブログを見た。行かれた政府首脳とは、実感できる事である。

アメリカ政府が集団的自衛権 行使を容認する姿勢は理解できる。
しかし、それを契機に、韓国政府がとやかく言う資格はそもそも存在しない。
これが、変な記事の感想である。

日本国が一番気になるのは難民問題と在留邦人の保護である。
北朝鮮が行動を起こす際には、露西亜か中共の承諾と支援が絶対条件である。
露西亜か中共が承認する事は考えるべき条件である。

韓国の自滅は朴槿恵大統領の反日政策で確定済みの事項と認識している。
韓国はアメリカの意向も日本国の意図も見限って中共に走ったのである。
中共が、経済的にも軍事的にも優勢と踏んだのである。
踏みつけられたのは、アメリカ国務省と国防総省であれば、何をかいわんや。

韓国が日本国を仮想敵国と想定し、半島有事の自衛隊出動を制御するとは、
日本人には、非礼すぎる。それと、第二次世界大戦でもアメリカ軍は友好軍の
助成を良しとはしなかった。単独で勝利の美酒に酔ったのである。
有事の際に自衛隊が正面を切ることは真に考えにくい事である。

竹島の領有を相談しに行ったのならば、噴飯ものである。
国家の存立が危うい時に、島の花歌でもあるまい。迷妄と決め付ける。


日本の集団的自衛権行使 韓国「半島では同意必要」
朝日新聞デジタル 10月28日(月)7時37分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131028-00000007-asahi-int
 【ソウル=中野晃】日本の集団的自衛権の行使容認に関し、韓国政府が、朝鮮半島の有事など「半島や韓国の主権が関わる問題では韓国の同意が必要だ」とする見解を米政府に伝えた。韓国政府高官が明らかにした。

 韓国大統領府の金章洙(キムジャンス)・国家安保室長らが23日から訪米し、ケリー国務長官やヘーゲル国防長官らと会談。韓国側は、日本の集団的自衛権 の行使に関し、「日本の国民が選択する問題」としながらも「拡大解釈され、半島や韓国の主権に関する問題まで及んではならない。その行使では韓国政府の意 見が反映されるべきだ」と指摘。日米防衛協力のための指針(ガイドライン)の見直しで十分考慮するよう求めたという。

 日本の集団的自衛権の行使に関し、韓国政府は「議論を透明に進めるべきだ」(尹炳世〈ユンビョンセ〉・外相)などと見守る姿勢を示していた。

 米国側が行使容認への取り組みを「歓迎」すると表明後、韓国国会などで政府の見解を明確にすべきだとの指摘が出ていた。韓国には「集団的自衛権行使を口実に自衛隊が半島に上陸するのでは」との懸念もある。
朝日新聞社
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
394位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
178位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR