韓国が日本と距離を置く本当の理由とは?「日本の右傾化ではない」―露メディア

韓国が日本と距離を置く本当の理由とは?「日本の右傾化ではない」―露メディア

XINHUA.JP 10月29日(火)6時34分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131029-00000002-xinhua-cn

韓国が日本と距離を置く本当の理由とは?「日本の右傾化ではない」―露メディア

ロシア国営ラジオ局「ロシアの声」は25日、韓国が日本との距離を大きく開けるようになったのは、日本の軍国主義復興への警戒からではなく、自身が日本と中国による争いの前線地帯になりたくないからだと報じた。28日付で環球網が伝えた。

【その他の写真】

韓国の朴槿惠大統領はバリ島で開かれたAPECの場で、安倍晋三首相に対する冷淡な姿勢を崩さなかった。10月初めには訪韓したヘーゲル国防長官との会談で日本に対する批判を公然と行っている。その一方で、中国の習近平国家主席に対しては非常に礼儀正しい態度で接した。

表面上は、日韓関係冷え込みの原因は、日本の民族主義傾向の加速によるもののようにみえる。韓国メディアもそのように報じている。だが、韓国が日本との距離を保つようになった本当の原因は、実はそうではない。

周知のとおり、日中関係は釣魚島(日本名:尖閣諸島)問題により急速に悪化した。中国は、その核心的利益が侵害された場合は武力行使も辞さないと明言している。これを受け、日本は米国との盟友関係強化に躍起になっているが、これは同じく米国の盟友である韓国にとっては受け入れられない行動だ。

韓国は中国のこの地域における台頭を認めざるを得ない状況となっている。日本と違い、中国と海域争いも存在しない。韓国は自らが米中対立、中日対立の前線地帯になることを恐れた。

そして、韓国は“東洋の巨竜”との関係を損なうべきではないと判断した。米国と盟友関係にあるとはいえ、日本の在職首相が推進する強硬路線とは何の共通点も存在しないと見限ったのだ。そのため、中国の影響力が増すに従い、日韓関係はさらに冷え込み、「霜が降りる」ほどになることが予想される。

(編集翻訳 小豆沢紀子)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
519位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
233位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR