ウイグル独立派を重点捜査


天安門は燃えている。

ウイグルのテロとすれば、人権の無視が招いた事と、習近平を批判する。

ウイグルの独立乃至、自治権の拡大を尊重したい。

人民解放軍と公安警察は薄汚れた手を離せ。


ウイグル独立派を重点捜査=「自爆テロ」か、捜査協力で通知―天安門突入・炎上事件
時事通信 10月29日(火)14時32分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131029-00000081-jij-cn
 【北京時事】中国・北京市中心部の天安門で、車が歩道に突っ込んで炎上、5人が死亡し、日本人を含む38人が負傷した事件で、北京市公安局が、新疆ウイ グル自治区の独立派が関与した可能性があるとして重点的に捜査していることが29日分かった。公安当局は28日、市内の宿泊施設に対し、容疑者や違法車両 の具体的情報を示し、捜査協力を求める通知を出した。
 北京市公安局は28日夜、中国版ツイッター「微博」を通じ、関係部門が事件捜査を展開していると発表。「自爆テロ」(中国メディア関係者)との見方が浮上している。
 29日未明には「微博」で、北京市の治安管理総隊が28日、市内の宿泊施設に出した「違法車両の手掛かり内偵工作の即時展開に関する通知」のコピー画像 が出回った。通知は「28日にわが市で重大事件が発生した」と指摘。新疆ウイグル自治区に戸籍登録しているウイグル族とみられる男性2人を「容疑者」と特 定し、新疆ナンバーの小型四輪駆動車4台を「違法容疑車両」に指定、それぞれ実名と具体的なナンバーを挙げている。
 その上で通知は「疑わしい人物と車両が引き続き犯罪行為を起こすことを防止するため、10月1日以降の宿泊客や駐車車両を調べ、もし手掛かりを発見すれ ば、直ちに報告するよう求める」と呼び掛け、連絡先の名前と携帯電話番号なども記している。連絡先の治安管理総隊関係者は電話取材に「答えられない」と述 べた。
 突入・炎上した車に乗っていた人物が「旗のようなものを振っていた」との目撃情報もあり、少数民族が政治的要求を行うため、毛沢東の肖像画が掲げられ、共産党・政府の象徴である天安門に故意に突っ込んだとの見方も出ていた。 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
383位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
170位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR