スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓米関係は日米関係の下、だが日本の軍備拡張を黙って見ている訳にはいかない―韓国紙

アメリカは朝鮮半島を中共に委ねようとしている。
アメリカ自身が朝鮮半島に軍事力を投下する状況になく、朴槿恵政権が中共よりに
変化している事から、駐韓米軍の撤退は当然と見られている。

集団的自衛権 で、パクは鼎の軽重を問うたが、虚しく拒絶された。

オバマ大統領は安倍晋三政権への信頼を強く示した。

日本国が習近平ごとき独裁者に従う何等の言われも無い事は明らかである。

韓国の似非民主主義は法を無視し、条約を無視し、国の根本を誤る。
韓国が日本を右傾化、軍国主義復活と評するのは、不当である。

中共の拡張路線は世界の平和の妨げになっている。
日本国は過去10数年間防衛予算を縮小し、戦意の無い事を表明してきた。

そして、中共も日本を右傾化、軍国主義復活と批判するに及んで、
自国の存立を決意した。中共は過去毎年10%以上の軍事拡張をしてきた。
日本国は0.8%の防衛予算増加である。
中共の批判は不当である。

韓国は勝手に空想的国家経営に勤しむが良かろう。
1000年属国に相相応しい姿である。
ベトナム訪問で、ライダイハンの謝罪が無かった事を、日本人はいぶかっている。



韓米関係は日米関係の下、だが日本の軍備拡張を黙って見ている訳にはいかない―韓国紙
XINHUA.JP 11月2日(土)8時8分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131102-00000001-xinhua-cn&pos=1

韓国の英字紙コリア・タイムスは、米国が日本の集団的自衛権行使を支持し、中国の台頭を抑え込もうとしているとした上で、韓国は手をこまねいて見ているわけにはいかないと指摘した。1日付で海外網が伝えた。

【その他の写真】

記事は、現状の米日韓関係の中で、韓米関係は日米関係の下に位置しており、韓国は外交における不利な立場から脱却するために、独立自主かつ将来を見据えた国家戦略をとらなければならないと強調した。

その上で、「米国が日本を地域や世界範囲で自らの軍事的役割を拡大させることを奨励することは、財政困難に陥っている米国にとって中国の台頭を抑え込むた めの唯一の選択肢。日本も中国が地域のリーダーになることを望んでおらず、日本の軍事化は米日双方にとってウィンウィンのプラン」と指摘。

「だが、韓国は違う。日本がいまだに侵略の歴史について謝罪も反省もしていない状況で、集団的自衛権の名のもとに軍備拡張を進めていることをただ黙って見 ているわけにはいかない。日本の政治家たちはかつての帝国主義時代を懐かしんでいるようだ。これに対し、韓国は常に敏感にその動向を注視しなければならな い」と指摘した。

(編集翻訳 小豆沢紀子)


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
541位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
240位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。