米国家安全保障局、日本も監視対象に…米紙報道




米国家安全保障局、日本も監視対象に…米紙報道

読売新聞 11月4日(月)20時26分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131104-00000539-yom-int

 【ワシントン=今井隆】米国家安全保障局(NSA)の盗聴疑惑に関連し、ニューヨーク・タイムズ紙(電子版)は2日、元中央情報局(CIA)職員エドワード・スノーデン容疑者から入手したとする内部文書を報じた。

 文書は、NSAが科学技術、外交、経済の3分野で日本を重点的な監視対象に指定していたとしている。日本政府は事実関係を照会した上で、対応策を慎重に検討するとみられる。

 同紙が報じた2007年の内部文書によると、NSAは「最も優先度の高い分野」として「テロ」「国土安全保障」「大量破壊兵器や化学・生物・放射性物質・核の計画と拡散」など16分野を指定。これとは別に、中国、北朝鮮、イラン、イラク、ロシア、ベネズエラの6か国を継続的に監視する国と定めている。

 日本が重点的な監視対象とされたのは、16分野のうち「新興の戦略的な科学技術」「外交政策」「経済的な安定・影響」の3分野。

最終更新:11月4日(月)20時26分

読売新聞



日本も情報監視対象=NSA、友好国をスパイ―米紙

時事通信 11月5日(火)0時49分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131105-00000004-jij-n_ame

 【ワシントン時事】米紙ニューヨーク・タイムズは4日までに、外国指導者らに対する盗聴が国際的な問題となっている米国家安全保障局(NSA)について、スパイ活動の監視対象に日本も含まれていると報じた。中央情報局(CIA)元職員スノーデン容疑者から入手した文書の内容として伝えた。
 同紙によれば、NSAは敵対国、友好国双方を日常的に情報監視しており、「経済的優位」を得る目的などで日本やブラジル、「外交的優位」に立つためフランスやドイツを監視対象リストに入れている。 

最終更新:11月5日(火)0時49分

時事通信




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
456位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
205位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR