ウイグル族2百人を拘束 差別捜査で負の連鎖も


天安門炎上事件は、中共のテロ撲滅キャンペーンに不信感を持つメデイアが増えた。
疑問は、テロと決め付ける事件のメンバー構成である。習近平の内政失敗に対する
批判行動と感じる。

すると、中共当局の拘束する人々は、テロ実行犯ではないと断定できる。





【天安門車炎上】
ウイグル族2百人を拘束 差別捜査で負の連鎖も
2013.11.6 17:48 [中国]
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131106/chn13110617500010-n1.htm

 中国政府は、北京市の天安門前の車両突入事件を受け「テロは計画段階で粉砕する」(郭声●(=王へんに昆)公安相)との号令の下、新疆ウイグル自治区や北京市などで6日までにウイグル族200人以上を大量に拘束した。

 6日の山西省での連続爆発と車両突入事件との関連は不明だが、治安当局が中央政府に不満を持つ人への取り締まりを強めるのは確実。ウイグル族をターゲットに、差別的な捜査が新たな憎しみを生む負の連鎖への懸念が出ている。

 自治区の状況を伝えるウェブサイト「ウイグルオンライン」などによると車両突入の実行犯グループの出身地とされる自治区のトルファン地区やイーニン市、事件の現場となった北京市などでウイグル族が大量に拘束された。いずれも「国家分裂を扇動」「違法な宗教活動に従事」などの理由とされるが、車両突入事件との関係は不明。(共同)


中国国民は“団結”を ウイグル族学者にくぎ 中国外務省副局長
2013.11.5 22:40 [中国]
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131105/chn13110522410010-n1.htm

中国外務省の洪磊副報道局長は5日の記者会見で、中国の公安関係者がウイグル族学者、イリハム・トフティ氏に海外メディアの取材を受けないよう脅迫した件に絡み、「中国の国民は、国家の団結と安定を守らなければいけない」と述べた。

 取材に応じることが「団結と安定」を乱す行為だとくぎを刺したかったようだ。脅迫したかどうかは言及しなかった。

 中国政府はこれまで、ウイグル族の権利擁護を訴えるイリハム氏をたびたび軟禁している。

 一方、洪氏は、ウイグル独立派のテロ組織「東トルキスタン・イスラム運動(ETIM)」について「中国政府や各国の努力で組織は深刻な打撃を受けたが、近年、影響力が回復している。主にネットでテロ思想を広めている」と述べた。(共同)






関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
615位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
286位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR