「海自で思想調査や通話記録提出誓約の疑い」


自衛隊員が特別国家公務員として勤務するに当たっては、反社会的行動を取らない。
特定の宗教団体と密接な関係にない、犯罪で服役しその刑の執行が終えていることなどの要件を
最低限は満たす必要がある。先の民主党政権で、外国人献金で外国人か否かの確認が取れない
というが、本人の確認を取るのは献金を受ける以上当然過ぎる事で、応じられないなら献金してもらう
いわれは無いであろう。
まったく、反社会的活動をする団体の構成員には自衛隊員として武器に触れることは日本国民を
危険にさらす事になる。これを、公党である野党が、思想信条の自由を標榜する事は、不適切な
措置といわざるを得ない。仙石元官房長官が、「暴力装置」といった概念と同じ感想である。

>本人の同意を取ることなく記入する

何処の世界に、本人の同意を取れば、自衛隊がいかがわしい組織といって回る様なものである。

>思想・信条調査は許されていない

選別する事が、当たり前である。共産党は法案を自主提出せよ。
共産党が組織防衛の為に如何なる措置を取るものか、確認したく思う。

>防衛秘密などを扱える職員
それでなくても、情報漏れは自衛隊のみならず、日本国にとっても損失になる。
これまで、秘密情報に携わる職員に確認のための法律が出来ていなかった事が不審を感じる。

今後は、日本国籍の有無、血族に外国人がいないか、調査を必要とする。


<衆院特別委>「海自で思想調査や通話記録提出誓約の疑い」

毎日新聞 11月11日(月)21時10分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131111-00000090-mai-pol

 防衛省が防衛にかかわる秘密を取り扱う海上自衛隊員を選別する際、思想・信条調査をしたり、携帯電話の通話記録の提出などを誓約させたりしている疑いがあることが分かった。11日の衆院国家安全保障特別委員会で、赤嶺政賢氏(共産)が内部資料とみられる文書を示して指摘した。小野寺五典(いつのり)防衛相は「承知していない」と否定したが、事実なら憲法が保障する思想・信条の自由に抵触する可能性がある。

 赤嶺氏が示したのは海自の「適格性身上明細書記入要領」(2009年10月版)など。共産党本部に先週郵送されてきたといい、宗教や政治を含む所属団体のほか、友人や交際相手の氏名、住所、生年月日、職業、国籍--などを本人の同意を取ることなく記入するよう求めている。情報保全部署から求められた場合は携帯の通話記録を提出したり、事故発生時にはポリグラフ(うそ発見器)検査に協力したりする--などとした誓約書を提出することも求めている。

 防衛省は現在、全体の約27万人のうち、防衛秘密などを扱える職員や自衛官ら約6万人を「適格性確認制度」に基づいて選別しているが、法的根拠はない。衆院で審議中の特定秘密保護法案が成立すれば、防衛分野の特定秘密を扱う自衛官らを対象にした法に基づく「適性評価」制度ができるが、思想・信条調査は許されていない。【青島顕】


rby*****
| 34分前(2013/11/11 23:11)

必要なことだと思う。国防ですからね。武器を託して国民の前に出て守ってもらうんだよ。銃口を逆の方向に向けてきたり、国防の機密をばらされたら、日本は終わり。反日思想を持っている人やスパイとの会話をやっているかもしれない人は必ず混じる。目を光らせなくてどうする。

fx3*****
| 21分前(2013/11/11 23:23)

国家の安全保障を司る自衛隊、海保、警察その他に関しては、所属する人員の思想・信条によって、国家・国民の生命・安全に重大な影響を及ぼしかねない以上、思想調査等をすることは、仕方がないように感じる。

それに、「共産党本部に先週郵送されてきた」などというように、内部資料の流出経路如何によっては、防衛機密等が海外に漏れている可能性だってあるのだから。


yur*****
| 27分前(2013/11/11 23:19)

思想信条の自由?
この毎日新聞の記者は、憲法上の個人の自由がいかなる場合でも保証されていると本気で思ってるみたいですが、とんでもない無知ですね。
一般国民はもちろん、日本国憲法が保証する基本的人権その他の権利は、公共の福祉に反した場合は当然、制約されます。
自衛隊員は特別国家公務員であり国家の機密情報を取り扱う事から、職務全般が公共の福祉に該当しますので、思想信条の自由の制限には正当性が認められると考えられます。


ta7*****
| 26分前(2013/11/11 23:20)

>防衛にかかわる秘密を取り扱う海上自衛隊員を選別する際、思想・信条調査

ていうか、していないほうがおかしいんじゃねえの?
中華スパイとか朝鮮かぶれとかいたらどうするの?
機密ダダ漏れじゃない?

il*****
| 19分前(2013/11/11 23:28)

その審査が嫌、できない、というなら海自に入隊しなければいいだけのこと。
また、思想、国籍を明らかにしなければ、国の防衛など任せられないでしょ? 韓国人、中国人、北朝鮮人や、それから帰化した人間なんか自衛隊に入れたらどうなるかは、わかるでしょう。それに、思想を明らかにしないと、第二のスノーデンを作るだけ。 国防なんかできませんよ、そんなんじゃ。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そんな甘い文書一つですんできた事が、大間違いだと言いたい。
もっと重大な責任を負わされることを、自衛官全員に理解させ誓約させて当然。
個人のプライバシーは守れと言うくせに国家のプライバシーはどうでも良いのかw
国の存亡に関わる事を守秘させるなと言うのかw
自分の事は守るけど、自分を守ってくれる家は守らない。
共産党なんて結局は究極の利己主義者達の集団です。

「適格性身上明細書記入要領」

京都の歯科医師さん ようこそ

「適格性身上明細書記入要領」(2009年10月版)と言うと、
共産党赤嶺政賢議員が問題にしているのは、福田政権時代の産物といえます。
毎日新聞がこれに飛びついたのも、秘密保護法案に打撃を与える為と見えます。

赤嶺政賢議員の前歴には、狼少年としか、言い様がありません。
最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
385位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
161位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR