スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菅「奇兵隊内閣」は結局、国政の停滞と混乱をもたらした

>菅「奇兵隊内閣」は結局、国政の停滞と混乱をもたらした。
記事の内容は随分割り引いて見なければならない。
菅が退陣する都合は
1 参議院選挙に大敗した時点
2 尖閣問題の時点
3 献金問題が発覚した時点
4 6.2の不信任案否決の時点
読売に聞きたいのは貴社はどの時点で管首相が稀代の首相と
気付いたのか、と言う事である。
>国家主権への意識に乏しく、尖閣諸島や北方領土の問題で
中露につけ込まれた。
尖閣問題は日本国有事ではないのか、擁護する必要が
何処に有るんだろう。何故この時点で擁護の姿勢を取ったのか
疑問である。主権を侵されて首相にいる道理が分からない。
>政治家が責任を取らない。
>議論の記録を残さない。
>こうした民主党の未熟な政治文化が政権の混迷に拍車をかけた。
このような政治家を何故非難し、退陣を勧めなかったんだろう。
その不作為が管の増長慢を招き寄せたのではないだろうか。
貴社の意見が聞きたい物だ。
>菅首相が6月の退陣表明後、3か月近く「死に体」のまま
>居座ったことも、内政・外交の重要案件をすべて先送りする
>という政治空白を生んだ。その罪は重い。
政治空白は3.11以来退陣まで5ヶ月も続いた。
読売はその事を把握していたのではないのか。

出典
菅首相退陣へ 国政停滞を招いた野党的体質
(8月27日付・読売社説)
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20110826-OYT1T01187.htm?from=y10

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
541位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
240位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。