日中もし戦わば、イスラエル・ウクライナ・パキスタンが中国を支援―中国メディア 配信日時:2013年11月25日 7時41分

日中開戦の行動は中共が取った。防空識別圏の設置は唐突感を拭えない。
中共は、挑発により、国の境界線を移動させようと企図している。

では、記事のイスラエル・ウクライナ・パキスタンが中国を支援するであろうか、
それには数通りの関門を経ねばならない。
最大の関門は、中共が、日本側に勝つ公算が強くなければ支援する可能性は格段に低くなり、
逆に反中共に回る可能性が高くなる。それと、各国に内在する要因を意識せずにいられない。
兵は凶器なりとしたのは、兵法家孫子である。
中共が積極的に戦争開始にはしれば、本当の味方は、朝鮮半島の2カ国と見た方が確実であろう。

中共自身が内政に弱点を所有して、開戦に踏み切るのは、早期の壊滅を招くだけである。

そもそも、対自衛隊だけでも、勝算は有り得ない。


日中もし戦わば、イスラエル・ウクライナ・パキスタンが中国を支援―中国メディア

配信日時:2013年11月25日 7時41分
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=78772&type=0

2013年11月19日、前瞻網は記事「安倍首相驚愕、日中がひとたび開戦すればこの3カ国がひそかに中国を助ける」を掲載した。

緊張高まる尖閣情勢だが、日中が開戦すればイスラエル、ウクライナ、パキスタンの3カ国が中国を支援することは間違いない。イスラエルの中国支援は今や公然の秘密。中国の兵器開発の多くは同国の支援を受けている。なぜイスラエルは中国を助けてくれるのか。それは第二次世界大戦中、中国が多くのユダヤ人を助けたからにほかならない。彼らは中国を命の恩人だと思っているのだ。

そして中国海軍最良の友人であるウクライナ。彼らの技術支援がなければ中国の空母開発は10年遅れていたことだろう。ウクライナは中国の巨大な投資、消費能力を必要としており、外交関係強化を望んでいる。

最後にパキスタン。中国とも近く、同じ利益を共有し、なにより感情を通じ合わせている。中国の政治指導者はかつて「山よりも高く海よりも深い」と両国のきずなを形容した。

イスラエル、ウクライナ、パキスタン、この3カ国の支援は安倍首相を驚愕させることだろう。日本を助けてくれるのは米国1カ国しかないのだから。しかもその米国とてどう動くかわからないと安倍首相は心配している。さてこのような情勢で開戦したならば、日本はどのような末路を迎えるのだろうか。(翻訳・編集/KT)

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
385位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
161位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR